« 28MHz-DSB | トップページ | 新年おめでとうございます »

2007年12月26日 (水)

JD1AHCのQSL

Jd1ahc1

QSLカードは個人的なものでもあるのであまりUPしていなかったが、齊藤さんのJD1との交信は自分にとっても貴重なもので思い出深い交信となったので、記録がてらUPすることにした。

齊藤さんから届いたQSLカード。わざわざ小笠原の郵便局に行き、記念消印を押していただいている。なんでもポストに投函すると消印を押さずに本土に移動させ、東京で消印をするそうで、小笠原の消印は希望しないと押されないのだそうです。

齊藤さんが小笠原のシャックで住所を調べて送って頂いたのだが、置いてあった局名録が旧住所だったようで、到着せずに、齊藤さんの自宅に戻ることになった。その後、再送をしていただき手元に届いたQSLカード、このカードも長い旅をしてきたなぁと思う。電波だとあっという間なのにね。

手書きのQSLは他にも送られているところがあるようで、JK1TCV栗原さんnブログでも紹介されていた。

Jd1ahc2 こちらは今回の小笠原移動で発行される齊藤さんのQSL、SASEを発送するのに合わせてSWLのリポートも送っておいた。その返信のカード。貴重なSWLカードになった。

実は、Dに対してSWLカードを送るようになったのは、ここ1~2年ほどのことで、さらにBURO経由で請求しているのでほとんどCFMできていない。SWL/WACをCFMできたらASIAとしてこのカードを使わせてもらおうと思う。

SWLといえば、JF1RNR今井さんのDC-12Vで働く真空管受信機を作った時には、7MHz-CWの受信レポートに対する返信をたくさん頂いた。また、使ってみようかな・・・。

|

« 28MHz-DSB | トップページ | 新年おめでとうございます »

コメント

あ,良いなあ.

僕は小笠原との交信経験はありますが,手許にあるQSLのプリフィックスは8N1なんですよね.JD1のカードが来ないんです.

でも,また近いうちに齊藤さんが小笠原から固定局としてオンエアしてくれる事を待つことにします.それまでにリグとアンテナを用意しなければ.

今井さんの本を参考に,トップバンドの受信機がもうすぐ完成します.アンテナは全国集会で調整した垂直1/4波長のGPです.

投稿: JS1BVK/3 山田 | 2007年12月27日 (木) 01時15分

おおお!
いいなぁ、私も欲しい・・・

投稿: 7K4UBLたなか | 2007年12月27日 (木) 06時18分

cfmおめでとうございます。
なかなか貴重な小笠原の消印の様ですね。
別枠(カードフォルダ)で保管しています。

JD1AHCのQSLはなかなかシンプルですね。

SWLはやっと今年103エンティティー受信しました。
CQ誌のアワードをこれでもらおうと思っています。
では。

投稿: JK1TCV | 2007年12月27日 (木) 08時12分

7K1CPT山田さん   齊藤です。
おはようございます。
QSLの掲載をありがとうございます。

消印の12月11日は翌日の出港を前にして、アンテナ、リグを荷造りしてから、
民宿オーナーに郵便局まで車で送ってもらった日付です。途中で絵葉書を購入、郵便局の中でログを開いてデータを記入しました。HI。
JA1AA庄野さんへも1.8メガのQSLをお送りしました。
本土からのお客さんの「この消印でお願いします」の声がたくさん聞こえていました。

JS1BVK山田さん、次回にはぜひ、交信をお願いします。

7K4UBL田中さん JD1のQSLはビューローへお送りします。1873交信の内、ようやく350枚を書き終わりました。HI。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2007年12月27日 (木) 09時49分

みなさん こんばんは 山田です。

思いのほかたくさんのコメントが付き、恐縮です。ありがとうございます。

JS1BVK 山田さん
8N1OGAですね。コールサインに特別の思いがあれば別ですが、同じ小笠原からの信号ですし、間違いなく小笠原との交信だと思いますよ。交信した相手と特別な思いやお付き合いがあれば、QSLの価値感も変わってくるかもしれませんね。

8N1OGAのトップバンド運用は、アンテナを張りっぱなしにできず、運用する日の夕方に設営し翌日の明け方に撤収するということを繰り返していたようです。そんな大変な思いをして運用した8N1OGAのトップバンドも交信したかったのですが、1.9MHzばかりワッチしていて、私が探している同時刻に1.8MHzの運用を行っていたことを後で知り、がっくりきたことがありました。

JD1AHC齊藤さんは、またそのうち小笠原から運用するかもしれませんね。アンテナさえしっかり調整できていれば、充分交信可能なところだと思います。期待してください(齊藤さん、余計な事を言ってすみません)


田中さん
齊藤さんも書かれていますが、BURO経由でそれほど時間がかからずに受け取れると思います。齊藤さんのこだわりで手書きのQSLで届くと思います。


栗原さん
印刷ほやほやのQSLもけっこう味があると思います。楽しみですね。

SWL-DXのほうですが、栗原さんからアイデアを頂いたときから受信リストをつけ始めましたが、時すでに遅しといった感じで、100エンテティに届かなさそうです。CQ誌のアワードはDXCCやWAZのシール付きはあきらめムードです hi

齊藤さん
今回はいろいろとお世話になりました。私信でいただいたお話を一部書かせていただきますが、QSLを送るために郵便局へ行く話をしたところ、宿の方が快く車で送ってくれたこと、ハガキタイプのQSLが、おそらく齊藤さんと同じ便で竹芝桟橋に到着し、家の近所まで来ていながら送り先が見つからず鴻巣に到着したこと、そこから再度齊藤さんの手を煩わせて私のところに到着したQSLは、長い旅を経て交信記録以上の付加価値を感じさせる大切な宝物になりました。ありがとうございました。

住所などの末梢をしなくてもよいと言っていただきましたが、私の違っている住所が別の利用をされると困るかもしれないので、(誤配や返送につながる)末梢してみました。画像加工の練習という感じでもあります hi 住所などは局名録などにも公開しているので、ここであえて隠す必要はないかもしれませんね hi


投稿: 7K1CPT | 2007年12月27日 (木) 19時07分

7K1CPT 山田さん
こんばんは。

さすがぁ~です。
☆☆☆ おめでとうございます。☆☆☆

私も、欲しいなぁ~ 
本当に羨ましいです。

投稿: JG1UKW/QRP | 2007年12月27日 (木) 21時14分

宮嶋さん おはようございます。

ありがとうございます。
宮嶋さんは交信できましたか?
齊藤さんの交信局数はものすごい数でしたよ。
運用の様子はなんらかの形で読ませていただくことができると思います。それも楽しみですね。

投稿: 7K1CPT | 2007年12月28日 (金) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/17487978

この記事へのトラックバック一覧です: JD1AHCのQSL:

« 28MHz-DSB | トップページ | 新年おめでとうございます »