« VP6DXとARRL DX CW | トップページ | 今日も・・・ »

2008年2月21日 (木)

予想しなかった休日

 前日の夜に会社に戻ってみると、今日の仕事がドタキャンになっていて思いも寄らずお休みになってしまった。平日休みはDX QSOのチャンスとばかりに移動に出かけた。大きなDXペディションがあるとこういう行動が多くなってくる hi

 VP6DXの取りこぼしが埋まるといいなぁと思っていた。自宅にいる時にDXクラスタのUP状況から見て、未交信の21MHzと28MHzのチャンスは午前中だろう。10MHzと7MHzは夕方から夜にかけて。とりあえず早めに出て、朝霞市で設営を終了したのは8時半頃だった。まずはオープンする時間が少ないであろう28MHzでCW、SSBバンドとも丹念にワッチするがDXの信号は聞こえてこない。というか国内も聞こえないので、まったくオープンしていないような気がした。

 24MHzをちらっとワッチして21MHzに移る。CWでVP6DXを発見。交信出来てバンドをひとつ上乗せ。その後28MHzに戻り、すぐにCWでVP6DXを発見した。これで14MHzより上のバンドは全部こなせた。SSBでも発見したが、あまり強力な感じはせず交信に至らなかった。

 さあ、夕方まで何をしよう?一度撤収して帰宅しても良いのだが、せっかく来たことだし、他のDXも入感するかもしれない。頻繁にバンドを変えながら運用局を見つけるとコールし、ログを進めた。V63GM・TR・ZMなどミクロネシアからの運用が目立った。18MHzでRTTYの音を発見。急いでPCを立ち上げFT-817をセット。画面に映し出されたコールサインはE20、先日交信した相手のバンド違い。せっかくなのでコールしてみたが、気づいてくれない様子。「QRZ?」さえもなくコンディションはいまいちかな?と思った。なにげなくダイヤルを回すとそこから1KHzUPした所にVP6DXを見つけた。交信が成立して、なんと18MHzだけで3モード交信できてしまった。

 小笠原の境浦から運用しているJD1BLYも発見。境浦のシャックは8J1P/JD1やJD1AHCの運用が行われた場所。いつかは行ってみたいと思う。あまりにも信号が強力だったので、試しに出力を500mWに落してコール。交信できてしまった。

 お昼を過ぎてから14MHzでCQ。自動送信で10分ほどCQを出してみたがコールしてくれる相手もいないので、また呼びまわりを開始した。18MHzでS21XFを発見。バングラディッシュは前回のDXペディションでも交信することができず、オールバンドで未交信だった。眠気が襲ってきた頭が急にはっきりし始める。何度かコールしたが先を越される。やはりQRP向きのモードな様子。とうとう自分のコールサインが返ってきた。オールバンドのNEWとなるエンテティをGET。なんとラッキーなことか!。

 14時を過ぎて14MHz-CWでもVP6DXを発見。RTTYのみの交信だったのでこちらもチャレンジ。QSX-26に合わせてコールするとなんとかコールが返ってきた。これでCWは6バンド交信。未交信の10MHzを中心にワッチしてみるとV6やT32・JD1などを発見しログを進める。RTTYで発見したVP6DXは文字化けが多い弱さで信号をキャッチ。しばらくワッチしてみるがコールできる強さまであがらない。10MHzと7MHzのCWでもVP6DXを発見したが、EUに対するコンディションが良いみたいでピックアップされるコールサインを探して呼んでいる周波数を探してみるが、こちらにEUの信号が全く聞こえず、VP6DXがどこを聞いているのかまったくつかめない状況が続いた。

 日も落ちてきてしまった。未交信の7/10MHzでWKDできたら撤収しようと考えていたが、この時間までかかってしまったので、せっかくだから・・・と3.5MHzのエレメントを追加する。3.5MHzではV63TRが強力に入感している。この日4バンド目の交信となった3.5MHzで「たくさんのバンドでありがとう。すべての交信は5W/QRPでできたんだよ」と送信してみた。すると。「FB!」と返ってきた後に、1.8MHzにもQRVすると予告してくれた。こう言われてしまうと聞かないわけにはいかない。再度アンテナをおろして1.8MHzの追加エレメントを加えた。前日までのクラスターにはJD1BLYもUPされていたので、もしかしたら交信できるかもしれない・・・とちょっと期待していた。

 19時半を回って、思いがけず強力な信号のV63TRを発見した。K2のプリアンプを入れるとS-3ぐらいまで振れてくる。プリアンプを切ってもS-1~2の信号はトップバンドのDXからの信号とは思えないぐらい強力だった。2局ほど呼び負けるが、コールされていないタイミングでピックアップされた時はフルコールサインで返ってきた。思いがけずトップバンドDXのNEWを得ることができ、うれしい気持は頂点に達したような気分だった。その後、ワッチしていた信号はピークではS-5まで上がり、難しいトップバンドQRP DXでも、コンディション次第ではできるんだ!とあらためて思った。

 余韻がさめないうちに10MHzではVP6DXを発見することができた。QSXもコピーできて、交信することができた。これで7バンド!ここまでくると取りこぼしている7MHzがどうしてもほしくなる。7MHz-CWのVP6DXはチャイニーズドラゴンのノイズのうえからしっかりコピーできる強さで入感していたが、「UP!」だけでどこを聞いているのかわからず呼ぶに呼べない状況が続いている。CQを空振りしていることも増えてきたのに・・・。2回ほど突然信号がS-7ぐらいに上がってすぐ落ちてしまうことがあった。QSBというよりはアンテナを切り替えているように思えた。かの地でもチャイニーズドラゴンが強く、アジア方向が拾いにくい状況でEU方向ばかりを聞いていたのかもしれない。QRX-10と言い残して信号が聞こえなくなってしまった。

 最後に各バンドをまわって撤収することにした。3.5MHzでDL2JRM/BA1RBをWKDし、1.8MHzではW8JIがJAからパイルアップを受けていた。

Vp6dx1_2 栗原さんにHP画像の切り取り方を教えていただきました。オンラインログが更新されていたのでさっそくやってみました。

|

« VP6DXとARRL DX CW | トップページ | 今日も・・・ »

コメント

山田さん  JA1BVA 齊藤です。

本当にご苦労様です。
V63TRの情報をありがとうございました。
こちらの1.8メガはノイズで埋まってました。
プリアンプを入れると、耳が痛くなります。HI。
ATTを入れて、ようやくV6の信号が判読できる程度。
Sの上昇を待って、これなら応答が確認できるというところでコールしましたが、駄目でした。
私の1.8メガの最遠DXはJD1です。HI。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2008年2月22日 (金) 15時16分

齊藤さん こんばんは

電話では失礼しました。あの信号の強さならかなりの確率で交信できるのではないかと思いましたので・・・、お騒がせしました。

齊藤さんが耳が良い!と言っていたJD1BLYは残念ながら1.8MHzでは会えませんでした。タイミングが悪かったかもしれません。でも10/18/21MHzの3バンドでお会いできました。

投稿: 7K1CPT | 2008年2月22日 (金) 23時50分

山田さん、今晩は。
がんばりましたね。
7バンドでQSOですか。
10メガもQSOできると良いですね。
あと2日。
今日の夜は、10、7でCQ連発していましたが、
コンディションが良くなく、とどきませんでした。
でも、3.5メガで、T32OUと、KH6/AA4Vと
QSOできました。

土日とハイバンドのSSBと28メガを狙って見たいと思います。

バングラディシュはQSOしていたのかなと思っていましたが、1STでしたか。
私も前回のペディに惜しくもQSOできなかったので、何とかQSOしたいと思います。

そろそろ、DXCCが届く頃なんです。
ARRLのWEBでは発送済みなんですが。
待ち遠しいです。

では。

投稿: jk1tcv | 2008年2月23日 (土) 00時03分

栗原さん こんにちは

VP6DXの追っかけも予想以上に夢中になってしまいました。 hi あとは7MHzをWKDできれば大満足です。

3.5MHzのT32OUは3512でこの日も聞こえていました。ちょっと信号が弱いなぁと思って、上がるのを待っていたところ、JAのJCCサービスがオンフレで始まってしまい、T32OUは消えてしまいました。ちょっと残念でした。でも、各バンドにアクティビティが高いですね。

DXCC、待ち遠しいですね。クレジットスリップを受け取ると、空いているエンテティを埋めたくなってきますよ hi

投稿: 7K1CPT | 2008年2月23日 (土) 08時05分

凄い実績ですね。
何と言っても80mが光ります。

投稿: ja1nlx | 2008年2月23日 (土) 15時46分

吉田さん こんにちは

なんだか夢中になって追っかけました hi
80mは意外と楽でしたよ。40mよりもはるかに強い信号でびっくりしました。
バンドによってコンディションにむらがあるようです。7MHzができなかったのが残念です。

自分の記憶に残るように長々と書いてしまいました。

投稿: 7K1CPT | 2008年2月23日 (土) 20時00分

JD1BLYは撤収を開始しました。
まずはEMEの11エレ4スタックアンテナと
そのために新設したルーフの撤去が大きな仕事だと
言っています。
ルーフタワーは残置しておいて欲しいのだが。
EMEの成果は117局との118交信とのことです。
2mの500W波、運用中15Aのブレーカが落ちたと・・。HI。
今18:30現在、1.8で運用しています。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2008年2月26日 (火) 18時31分

yamaさん、先程はありがとうございました。
最初呼ばれたときに、あまりにも信号が強くて、7K1CPTとログに入れたらyamaさんと表示されたものの、信じられないぐらいの強さでした。
ホントにS9オーバーで、まさか今日はQROかなどと思いながら。
歩みはのろいものの、着実にコンディションは回復してるようですね。
途中 new orner と打った所は、後で調べたら、ownerと打つべきでした。
QSO中は、英文をひねり出すのと、縦振りを打つほうに一生懸命で、後で落ち着いて考えてみると、細かい所は和文にすればよかったと、後悔しきりです。
またお願いします。


投稿: JA4MRL | 2008年2月26日 (火) 18時49分

齊藤さん こんばんは

26日も移動してしまいました。JD1BLYは5バンドで交信していただきました。3.5MHzと18MHzの2つは500mWでの交信です。齊藤さんが言うように耳の良い局でした。1.8MHzも500mWでチャレンジすればよかったです。 hi

さすがにEMEまではできませんでした。500Wでは15Aのブレーカーも落ちるかもしれませんね hi
EMEでのJD1は各局に貴重なNEWをプレゼントできたようですね。衛星はやったのかな?

投稿: 7K1CPT | 2008年2月27日 (水) 00時21分

JA4MRL/MASAさん こんばんは

先ほどはありがとうございました。当日のページにちょっと書いてしまいました。和文にすると、たぶん私のほうが言葉が少なくなるでしょう・・・hi また、次回もよろしくお願いします。

投稿: 7K1CPT | 2008年2月27日 (水) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/40214735

この記事へのトラックバック一覧です: 予想しなかった休日:

« VP6DXとARRL DX CW | トップページ | 今日も・・・ »