« ブロックごとの製作 | トップページ | 8J1ITU »

2008年4月22日 (火)

修正されたQSL

1追記:あえて追記を最初に書きますが、GS/IRC無しで送り返したQSLは無事無修正のQSLとなって返ってきました。発送してくれた相手局には感謝です。結果的にCFMするために500円弱の経費がかかってしまったことになりますが、これはこれでありがたいと感じました。さっそく次回のDXCC申請に使うリストに入れました。最初に修正されたQSLを発行した相手局、でも新しいQSLを再発行してくれた相手局。ここはこのままコールサインを出さないままで完結しようと思います。5/20 

DXCCでモードニューになるQSO、喜んでSASEを送り、半月ぐらいでQSLが届いた。一般的には珍しくもないエンテティかもしれないが、QRP・しかもPHONEで交信できたときの喜びは大きかった。

よく聞こえる局、でも相手の受信事情が良くないせいか、気づいてもらえないことも多く、交信できたときはけっこううれしかった。

だが・・・、書き損じた日付が修正されてしまっている。DXCCには無効の処理。DXCCだけが無線のすべてではないことはわかっているのだがなんとも残念。送り返してみようかなぁと思う。qrz.comではダイレクトオンリーで2GSまたは4-IRCを要求しているのだが、相手のミスでもあるし、返信封筒だけ送ってみようと思う。相手の国の郵便事情はわからないが、4-IRCは高すぎる気がする。 はたしてQSLを送ってくれるだろうか?

|

« ブロックごとの製作 | トップページ | 8J1ITU »

コメント

ダメもとで先ずは申請されたら如何でしょう?
やっぱりダメなら再請求とか、、、

投稿: ja1nlx | 2008年4月22日 (火) 13時31分

それはお気の毒。
あの局かな?
それにしても、4IRCは高いですね。
まずは再請求してみては。。。

投稿: JK1TCV | 2008年4月22日 (火) 17時22分

私も、まずは申請されてみたらと、思います。
直してるのは、日にちだけですよね。
ググってみると、1IRCだけでCFMされてる方もいらっしゃいますね。
で、本人へは、まずE-MAILでやんわりと、文句を送ることをお勧めします。
それで、また1枚送ってくれればラッキーということで。
そんなのは気にせずに、DXCCDESKに送れと、言ってくるかも知れませんが。
まずは、メールで。


投稿: ja4mrl | 2008年4月22日 (火) 19時39分

みなさん コメントありがとうございます。

とりあえずQSLは返信してしまったので、返ってくるかどうかによって新しい交信相手を探すことになるかもしれないですね。(まあ、FBに聞こえれば誰でもコールすると思いますけどね。hi)

次の申請に使用できるQSLは、まだ50枚ほどしかないので、今年の申請は行わないかもしれません。個人的に年1回・120枚のクレジットが一応の目標にしていますが届かなかったら来年回しになります。(ルールではなく個人目標ですよ)

基本的に、DXCCは修正カードの受付は認めないようです。(フィールドチェッカーの采配はわかりませんけど・・・)これはDXCCがアワードという考えではなく、DXセンチュリークラブというランキングを競うクラブの決まりごとだからと思います。昔読んだ情報によると、「クラブは修正されたQSLの申請を認めないし、修正されたQSLを申請に使用する者もメンバーとしての資格を疑問視される・・・」遊びの中にも厳しいルールがあるから世界中にDXCCを目標にする局がたくさんいるし永く続けられるのだろうと思います。

もっとも、すべての局が完璧な申請をしているとは言えないかもしれませんけどね hi

厳しいわりにはRSTの書いていないQSLが認められたりしていますし(これはルールに抵触していないのでしょうね)、上がり(オーナーロール)が多くなってくると、規則を変更してNEWエンテティが生まれる可能性を作ったり、不思議に思うところもありますね。

投稿: 7K1CPT | 2008年4月24日 (木) 08時50分

QSLを返送したのですね。
一つの結論だと思います。

昔、同じことがありました。
勿論IRCは同封しませんでしたが、
遂に戻って来なかったことがあります。
同じカントリーとの交信はその後2年、かかりましたがHI。

17を27にですか? あるいは 7を27に
訂正でしょうか?

山田さんのログとは異なってもDXCCのルールからは
訂正してもらわない方が良いと思いますね。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2008年4月24日 (木) 17時54分

齊藤さん こんばんは

訂正は、17を27に書き換えてありましたね。日付が違うQSLであれば同じように返送していたかもしれません。BURO経由がOKならばBURO送りになっていたと思います。

そういえば、JARLから届いたQSLのなかにバンドニューが2枚ほど入っていました。これもなんだか嬉しい感じです。 hi

投稿: 7K1CPT | 2008年4月25日 (金) 00時59分

了解です。
山田さんの対応が正当だと思います。
この局が、訂正したQSLがDXCCルールに抵触することを知っているかどうか分らないですが、
別のQSLに記入し直す気配りが欲しかったですね。

特別記念局のQSLも一応4パーセントの
書き損じ分を想定していました。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2008年4月25日 (金) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/40957761

この記事へのトラックバック一覧です: 修正されたQSL:

« ブロックごとの製作 | トップページ | 8J1ITU »