« ちょっとしたアイデア | トップページ | HS0ZBSのNEW QSL カード »

2008年6月24日 (火)

USB IF 4 CW

Usb_if_4_cw 2003年(だったかな?)ハムフェアで購入したキットのUSBアダプター。キットを組み立てたところで満足してしまいこんでいた。エレクトリックキーヤーを使っていても、手打ちで送信するからこそCWは面白いと思っていたことも利用の機会を遠ざけていた。

実は思い出したように引っ張り出して今回のオールアジア使ってみようと考え、リグに接続するケーブルも作り、準備してみた。IF 4 CWをPCに接続しZLOGを立ち上げ、パドルも接続しチェック。問題なさそうなので、PCの送信メモリーでCQを出し、必要な時はパドルの操作もできるだろうと考えていた。ところが一つだけチェックを忘れているところがあった。リグとの接続。コンテストの準備をしていて、IF 4 CWにパドルを接続し、リグにもつないで試しに送信してみると、符号がおかしい!家でのチェックは問題なかったのに・・・原因が分からずとりあえずリグとの接続ケーブルをはずしてみると問題なくサイドトーンが聞こえる。K2からFT-817に接続を変更しても、符号の乱れは変わらなかった。どうやら出力に負荷がかかるとうまく動作しない様子。仕方ないので、ログはZLOGを使うものの、パドルはいつものようにリグに直接接続してコンテストをスタートさせた。

この不具合。まだ原因を追及していないのだが、見つけることができるだろうか? 6m&downやIARUのコンテストも近づいているが、それまでに解決するか?間に合わなければ、またまたパドルはリグに直接接続することになる。

|

« ちょっとしたアイデア | トップページ | HS0ZBSのNEW QSL カード »

コメント

USBIF4CWのWebサイトに載っていますが、多分、IFのキーヤー機能とzlogのキーヤー機能がバッティングしているためです。
どちらかのキーヤー機能を止めて試してみてください。

投稿: Masumi | 2008年6月24日 (火) 09時57分

中出さん こんにちは

情報をありがとうございます。
サイトに行って確認してみたところ該当するような情報がありましたので、チェックしてみました。

ZLOGのパドル機能をOFFにすることで解決しそうです。(「しました。」かな?)

ZLOGのスピード可変ではメッセージのみ動かせるようになるみたいで、パドルのスピードを変えるためにUSB KEYERを立ち上げておかなければ使いにくいみたいです。でも、とりあえずはコントロールできるようなのでよかったです。

それにしても、リグに接続すると不具合が発生するというのはどんなメカニズムなんだろう?
プログラムに係ることだとほとんどわからなくなりそうです。

どうしてもうまくいかなかったら、IF 4 CWの出力とF88キーヤーの出力をパラ接続しようかなぁと考えていました。

投稿: 7K1CPT | 2008年6月24日 (火) 18時01分

こんにちは.いつもQSOありがとうございます.
zLogと古いほうのIF4CW(でいいんだっけかな)を使ってきましたが,他のUSB機器のとバッティングはなかなか辛いものがありました.
現在はDXコンテストはN1MMとJN2AMD局配布のWinKeyの組み合わせにしてます.USB-Serialアダプター,USBキーボード・マウスの併用なども問題なくできてます.
問題は国内コンテストです^^;ノートパソコンからUSB関係のドライバーをuninstallしてzLogを使っているのが現状です.なんとかならないでしょうかね^^;

投稿: JE1SGH | 2008年6月25日 (水) 07時48分

 どちらのキーヤー機能を止めるか悩ましいところですね。
 わたしは、手打ち用のメモリーキーヤーとIFの出力をパラにして、Rigに入力しています。
 ですからzlogのキーヤー機能を生かしています。

投稿: Masumi | 2008年6月25日 (水) 09時51分

稗田さん こんばんは

みなさんいろいろと壁に当たりながらも克服して運用を楽しんでいるんですね。交信に際してのPC導入は初心者の部類に入ると思いますので、アイデア情報などありましたらぜひよろしくお願いいたします。

USBドライバーをアンインストールする必要がある場合も出るのですね。とりあえず再度チェックしたところなんとかPC(ZLOG)とIF4CWにつないだパドルで使うことができそうです。USBポートは一つだけ使ってます。

実はいまだに通常の交信では紙ログ派です hi 安心しながら使えるのが一番の理由かもしれません。ハムログも信頼性があるとは思うのですが、メモ書きがしにくく(remarks欄はQSL印刷データのために埋まってしまっています)けっこう乱雑なログ記入となることがあります。でも、あちこちに書かれたメモを見返すとその時のことを思い出すときもありますね。

PCロギングで過去のデータを見られると話が広がる可能性もありますが、打ち込みの際に打つべきキーボードを探し回ることになるかもしれません hihi

投稿: 7K1CPT | 2008年6月25日 (水) 21時24分

中出さん こんばんは

外付けキーヤーをパラ接続して使っているんですね。うまくいかなかったときに最初に思いついたのがこの方法でしたが、移動に出かけている途中では対処ができなくて・・・

いろいろやってみて、一番作業をしやすい方法を見つけていきたいと思います。

WAVのレコーダーに「CQコンテスト」と録音して、ファイルをPCへ転送。ZLOGのF1ボタンで再生してみたところうまくいきました。もっとも再生出力をリグに送り込む形が完成していないので、実用はまだ先ですが、「できるようになりたい項目」がまたひとつ増えました。マイクと並行して使えるアダプターを作ろうかなと思ってます。やはりヘッドセットマイクの実用化が急務ですね。

投稿: 7K1CPT | 2008年6月25日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/41629913

この記事へのトラックバック一覧です: USB IF 4 CW:

« ちょっとしたアイデア | トップページ | HS0ZBSのNEW QSL カード »