« 今日の作業 | トップページ | 再免許申請 »

2008年9月14日 (日)

Mobile Vertical その後

Coil 前回のチェックでコイルの巻き数を確認した。その巻き数で防水加工をして再度確認のために駐車場でセットしてみる。

 思いがけず周波数が外れてしまっていた。

Data SWRのディップ点となる周波数は7.31MHzとなり、エレメントを延長する必要が出てしまった。原因は、コイルを切断せず、タップで確認したことで、あまりの部分が影響して周波数を低くしていたのかと思う。

 ワイヤー部分は釣り竿の長さが決まっているので、伸ばせない。となると、コイルの巻き数を多くしなければいけない。防水加工は勇み足だったようだ。とりあえず、切断したコイルのあまりで、1~2ターン多い巻き数のコイルを作ってやり直しをしてみようと思う。

 せっかく立てたので、K1を接続して7MHzを聞いてみる。K1はチューナーユニットを入れたので、一応チューニングを取って、聞こえてきた599BKのCQをコールしてみると、コールバックがあった。周りに建物が障害となる駐車場で2局と交信することができた。見晴らしの良い場所でコンディションが良い時に運用すれば、けっこう成果を期待できるのではないかと感じた。作りなおして中心周波数をぴたりと合わせたアンテナにするのが楽しみになってきた。

 3.5MHz用はまだコイルを切っていないので、少し多めにしておいて、カットしながらベストな状態に持っていくことにしよう。こちらのコイルは切り過ぎるとコイルの作成自体からやり直さなければならなくなる。7MHz用を先にチェックしてよかったかもしれない。

 今日は、午後から仕事なので、これで作業終了。新しいコイル作りは後日となる。

|

« 今日の作業 | トップページ | 再免許申請 »

コメント

なるほど。コイルの位置は下から1.2mで
したよね?それほど大きくもなく良いですね。
エレメントを短くして10MHz用にどうかな?

投稿: UBL/Ken | 2008年9月15日 (月) 04時59分

田中さん

コイルは直径57mmのものです。
10MHz用も作るかもしれませんが、エレメントをできるだけ長くとるために、コイルを巻き数の少ないものに変更すると思います。

異径ジョイントのところで取り外せるようにしていますので、コイルを変更して3.5MHzなどのバンドに対応する予定です。

投稿: 7K1CPT | 2008年9月15日 (月) 09時37分

こんにちは。
次々とNewのアンテナを作られていますね。HI

バーチカルはDXに有利ですので、
これから3.5メガのAF狙いにもってこいかと思います。HIHI

できあがったら、QSOのレポート楽しみにしていますね。

投稿: JK1TCV | 2008年9月15日 (月) 12時59分

栗原さん こんばんは

モービルアンテナの構想を後押ししたのは栗原さんの3.5MHzモービルから飛んできた信号が思いのほか強かったことが始まりでした。

効率のよいアンテナを作れると、運用のアクティビティも上がるかもしれませんね。 hi

投稿: 7K1CPT | 2008年9月15日 (月) 21時24分

山田さん
 結果報告に期待しています。
ところでメータが2個ついた測定器は
何ですか。クラニシのとは違うようですが・・・。

投稿: JA1BVA / JD1AHC 齊藤 | 2008年9月17日 (水) 08時03分

齊藤さん こんにちは

下準備を完了したら、また車に行ってチェックです。今度はカバーを完成させず最終的なコイルの巻き数を確定させてから固定するようにします hi

測定器は、MFJ-259Bで、アメリカ製ですが、クラニシと同じような測定ができます。

写真では、SWRの針が最低になったところで周波数を読み取っています。バーチカルの場合アンテナ固有のインピーダンスはGPと同じになるはずなので、本来は36Ωになるように持っていくのかもしれません。何らかの原因で54Ωになっているので、SWRが低く出ているのかもしれません。

投稿: 7K1CPT | 2008年9月18日 (木) 10時31分

MFJ-259B 了解しました。
機会を見つけて、実際に使ってみたいです。
現用のクラニシのものは、栗原さんのを使ってみて
大感激、即購入したのです。
みかぼの駐車場でした。HI。

本で読んだ知識では、GPで36Ωになるのは、完全導体アースの場合と書いてあったと記憶しています。ダイポールの半分ですね。
一般的にはこれより大きくなるのではないでしょうか。その分、ラジアルからも電波が少し出る?。
私の常用のCPTコイルもタップの設定だけで、
SWRを1.0にしていますが、ラジアルの状態や本数を変えると、タップの位置も変わります。

投稿: JA1BVA / JD1AHC 齊藤 | 2008年9月18日 (木) 17時38分

齊藤さん

アナライザーは、会えるチャンスがあったら持っていきますよ。

完全導体アースの場合よりすこし上がるんでしたっけ?それなら良い影響がでて、50Ωに近づいてくれていますね。期待できそうです。

投稿: 7K1CPT | 2008年9月18日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/42478405

この記事へのトラックバック一覧です: Mobile Vertical その後:

« 今日の作業 | トップページ | 再免許申請 »