« DDS VFO 到着 | トップページ | 年の瀬 »

2008年12月28日 (日)

homeのアンテナ その後

 アンテナチューナーを使用した延長コイルLWを設置してから、しばらく経つ。あまり良く聞こえないなぁなどと思っていたが、ワッチする時間帯が普通の人が寝静まった頃というのが一番の問題のようだ。

 10W出力でチューニングを行い、その後出力を5Wに下げて電波を出す。いまのところ7MHzで1局、3.5MHzで1局、1.9MHzで1局。S-5ぐらい振れている局からはコールが返ってくることがありそうという感じで、電波の飛びも良くないようだ(もっともQRP運用ではあるが・・・)

 最近のコンディションのようで、比較的遠い国内が交信しやすいように思う。もっとも1.9MHzはさいたま市だったが、トップバンドで未交信の区でもあり、飛び着いた。 hi

 1.9MHzのときはコールしている間にチューニングが外れてしまうことがあった。最低動作電力10Wのチューナーは常時10Wで電波を出すことが(場合によっては)必要なのかもしれない。SG-230であればチューニングをロックする手段もあるのだが、そのような動作ができないタイプだと、交信中にチューニングが外れてしまうのは問題点が大きそうな気がする。

 チューナーの整合具合は、1.9MHz~14MHzではチューニングが取れてくれた。18MHz~28MHzはチューニングが取れない場合が多い。延長コイルのおかげで、上側のエレメントだけ波長的に長くなっているせいかもしれない。ちなみにアンテナチューナーから上は3mすこしのエレメントにペットボトルの延長コイル。そして5m強のエレメントがつづく。アース側は10m・5m・2.5m・2.5mの4本をあちこちに向けて張ってある。

|

« DDS VFO 到着 | トップページ | 年の瀬 »

コメント

こんにちは。
情報TNXです。このチューナー興味があったの
ですが、QRP向きではないような感じなので
見送りました。移動用には2バンド構成のモノを
作る予定です。

投稿: UBL/Ken | 2008年12月29日 (月) 06時26分

田中さん こんにちは

このATUはチューニングロックがないと書きましたが国産のものにもついていないかもしれませんね。
使い方としてはチューニングをした後に出力を下げるという想定は、設計的にはやらないのかもしれません。

おそらく、エレメントの長さによって(バンドごとに)ロックが外れにくい長さがあるんだと思います。延長コイルを含めて実験を繰り返すつもりでいます。

QRPにこだわる時はT1がお勧めです。でも田中さんのK3だとMAXを超えてしまう場合もあるので、使用に注意が必要ですね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2008年12月29日 (月) 10時15分

私もオートチューナー SG-230だったか
使う機会があったのですが、その時の経験を。

オールバンドなんでも来いのループアンテナで
使いましたが、チューニングを取り、ワッチを続け
珍局のCQだ、それコール・・・という時
チューナーが動作開始することが何度もありました。
一番、多かったのが、ワッチ中に雨が降って、アンテナの状況が変化した時です。
それを知らずに電波を出すと、動作を開始するので、
コールを止めることになります。
このことがあって、SG-230などの購入意欲は
無くなっています。
20WまでならT1がベストだと思います。
あとは、自作です。

今、EDCで新チューナーを発表していますが、
これはどうなんだろう???

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2008年12月29日 (月) 15時38分

齊藤さん こんばんは

齊藤さんの経験は以前うかがったと思います。SG-230ですが、リモート・ロックのオブション機器がありますので、それを使用していればチューニングを取り直すことはなかったと思います。ただ、QRPだとSG-230でも最低使用入力以下での運用ですから、それなりの対処は必要ですね。

広告に出ている新チューナーは私の使っている物そのものですよ。チューニング動作状態などをレポートするつもりでいますが、まだフィールドで使った時のレポートだけしか出していないので、homeでセンターローディングのエレメントなどを実験しています。トップバンドでチューニングが外れないように、コイルうぇお2段にしてみようとか、アース側にも延長コイルを入れてみようとか考えています。気の遠くなるようなバリエーションが考えられますので、トータル的な結果報告はしばらくかかると思います。

T1も形としてはロックされているようなものですから、安心して運用できますね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2008年12月30日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/43556218

この記事へのトラックバック一覧です: homeのアンテナ その後:

« DDS VFO 到着 | トップページ | 年の瀬 »