« CQ誌5月号 | トップページ | 太陽電池パネル »

2009年4月23日 (木)

和光市移動

 今日はお休みでしたので、午前中は工作。午後になって移動に出かけました。遅い出発なので近場での運用です。

Wakocity11最初に7MHz-CWでQRPpの運用。7交信できました。みなさん耳が良いです。

拡大された周波数に移ってQRP-SSBで6交信。平日なのでSSBでもCQを出すことができました。バンドが広くなったのはありがたいです。

7107でCWも運用。16交信。N6TI/noriさんからもコールいただき、アメリカまで飛んでいることを実感しました。

交信いただいたみなさん。ありがとうございました。

|

« CQ誌5月号 | トップページ | 太陽電池パネル »

コメント

山田さん
交信ありがとうございました。
ワッチを開始したら、いきなり山田さんのCQが
飛び込んできました。
いつもより格段に小さいので、300mWだと
直感しました。

それから、信号の音色が自局でのキャリブレと同じに聴こえます。
同じトランジスタ、同じ回路と部品だと、こうなるのですね。納得です。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2009年4月24日 (金) 10時19分

齊藤さん こんばんは

静かなバンドで交信すればQRPp同士でも出来るもんですね。

私が参加し始めたころの7003のOAMでは、こんな交信が多かったような気がします。
そういえば、昔はQRPといえば入力1Wでしたので、出力換算すると500mW強ぐらいが上限だったかもしれませんね。

今でいうところのQRPp電波が飛び交っていた?

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年4月24日 (金) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和光市移動:

« CQ誌5月号 | トップページ | 太陽電池パネル »