« K4M ログサーチ | トップページ | DXCC クレジットスリップ到着 »

2009年10月25日 (日)

WW-PH 他

 今週も日曜にお休みをとることができた。WW-PHをはじめとしてコンテストが多くあったので、移動しないわけにはいかない hi 

 東西方向に指向性が出せる場所ということで朝霞水門に行ってみたのだが、すでに先客があった。せっかくなのでちょっと御挨拶がてら近寄ってみたところ、今まで何度も交信していただいている方だったが、お会いするのは初めてだった。東京コンテスト参加のために朝5時から来ているとのこと。コンテスト開始後にのこのこ出かけている私が間に合うわけがありません hi

 場所を変えて戸田市に行ったところアンテナを上げている人はいなかったので、設営を開始しました。

Toda1  トップに6mのデルタループを乗せて、ダイポールアンテナは後から追加するのが面倒なので3.5MHzのエレメントをつけたして設営した。最初はWW-PHの参加からスタートした。14MHz~28MHzを行ったり来たり、聞こえる局を片っ端から呼んでみる。そこそこ楽しめた。

 このまま東京コンテストに不参加となりそうなので、最後の一時間だけはやっておこうと11時を過ぎてCWの運用を開始。何を思ったか28MHzシングルで運用を始める。CQ空振りも多かったが少ない時間なのでまあいいか、という感じ。予想通りあまり交信数は進まず8交信で終了となった。

 12時になって6mで栗原さんと交信開始。金山へ上っているそうで、低山とは言いながらよく飛んできていた。しばらくしてガラガラの6mバンドなのに、QRMが出てきた。1KHz上で運用を始めていたようだ。空いているのにかぶらなくてもいいのに・・・

 午後からはまたWW-PHに参加。先ほど28MHzで聞こえていて逃したZK2が14MHzでも聞こえてきた。でもいくら呼んでも反応が感じられない。アンテナの方向が悪いのだから・・・と片側のエレメントを曲げて90度動かしてみた。

Toda2  多少ZK2の信号は上がったような気もするがまだ反応がない。モードNEWのZK2を逃がしてなるものか・・・とアンテナの変更を考え、6mデルタループをはずして14Mhz UPをロータリーダイポールに変更した。

Toda3 8の字特性とは言いながらも、指向性をZK2に向けると受信信号が一気に上昇した。S2~3ぐらいは、UPしたように感じた。ZK2を呼んでみると一発で反応があった。

 これでコールすると一発でコールが返ってきた。一発で交信できるとは思ってもみませんでした。やはりダイポールであっても指向性は大事です。

  ロータリーダイポールを設置したおかげで交信可能エリアが格段に広がりました。固定のダイポールの真横向けをロータリーダイポールでカバーできます。EUにも指向性を向けられるようになったことで、28/21MHzでは思いのほか拾ってもらえるようになりました。SSBのモードNEWもけっこう増えたような気がします。(未交信が多いのは、いままであまり熱心にやっていなかったせいもある?)

 ところが夕方近くなって14MHzを聞いてみると、S-9で入感するEUの局をいくら呼んでも返事がありません。どの局に合わせてもCQの連発。ほかのJA局を拾うのにも苦労している様子が感じられます。相手側のお空の状態が良くないのか? 混信が多いのかな?それにしても まったくログが進まなくなってしまいました。ダイポールでの限界を感じると、やはり指向性の鋭い八木を使ってみたくなりますね。

 ちょっと間が持てなくなってしまったので、Let's A1に参加することにしました。少し前に、後からやってきた方が7MHzをやりたいとの事だったので、Let's A1コンテストの7MHzは捨ててしまいました。先のZK2ねらいのために50MHzのアンテナもm撤去しています。シングルバンドのカテゴリーがあるわけではありませんが、結局3.5MHzだけでコンテストに参加しました。HK-704で久しぶりの縦振を楽しみました。多少打鍵が乱れるのは御愛嬌と思ってください。まあ、普段から縦を使っているわけではないのでね・・・やっぱりCWはなんだか楽しい感じがします。中にはエレキーじゃないの?と思えるような符号を送ってくる方も数名いらっしゃいました。このコンテストはクロスチェックでおかしいQSOは減点されたりしますから、最終のスコアがどのようになるか? 一応50交信は超えましたが・・・

 この後もう一度WW-PHの様子をのぞきに行きました。14MHzでは相変わらず強いのに反応がない局ばかり、21MHzはコンディションが落ちてしまったようです。あきらめて撤収を開始しました。

 これぐらいのコンディションがWW-CWで展開されれば結構楽しめると思います。一ヶ月後のコンディションはどうなるだろう?楽しみです。

|

« K4M ログサーチ | トップページ | DXCC クレジットスリップ到着 »

コメント

6mではQSOありがとうございました。
180m位の山ですが、飛びはそこそこです。
QRPどおしなら、伊勢原の大山とQSOできたこともあります。

でもQRPだとQRMを受けやすいかもしれませんね。

ZK2とモードnewゲットおめでとうございます。
ワイヤーDPとロータリーDPの組み合わせでどちらの方向でもOKなのは、FBです。

国内コンテストは結局不参加でした。
最近はあまりコンテストに出る気力が失せてきました。。。。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2009年10月26日 (月) 17時35分

1st EBありがとうございました!
コンテスト中なのでそっけない対応になってしまい申し訳ございませんでした。
あのあと繋がらなかったので残念でしたが10mだったんですね。
WWは私もなぜか、今回はトラブルのおかけで2時間だけでしたがQRPでの参加となりました。

投稿: JQF | 2009年10月26日 (月) 23時54分

栗原さん こんばんは

ロータリーダイポールを使い始めて、ダイポールアンテナの8の字指向性を強く感じるようになりました。やはり横方向はそれなりに弱くなりますので、目的局の方向に強く輻射されるように合わせて使いたいですね。 ダイポールを十字に張れることができると、交信可能方向が一気に広がったような気がします。

それにしても、運用の最中にポールを縮めてアンテナを変えるとは思ってもいませんでした。でもそれが交信という結果に結びついたので、「やった!」という気持ちは大きかったですね。

このところ山から遠ざかっています。6mの山岳移動もやりたいと思いながら、大きなDXペディションがあると、どうしてもそちらのほうに気持ちが動いてしまいます hihi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年10月27日 (火) 01時28分

JQFさん こんばんは

運用中にお邪魔しました。あまり邪魔をしてはいけないなぁと思いながらも、車をのぞきこんで、引っ張り出してしまいました。

移動場所でアンテナをみると、けっこう交信したことのある方が多いので、声をかけてしまいます hi

戸田市で設営をしてから、WWをやっているうちに11時になってしまって、1時間だけの参加なら日頃力を入れていないバンドで出てみようと思ってしまいました。7MHzのほうが交信局数をこなせるのは分かっていたんですが、先週の千葉もそんな感じで出てしまったので、今回はちょっと趣を変えてみようと・・・

WWの21MHzで信号を聞きましたよ。でも国内同士は得点にならないから声はかけにくかったです。21MHzは時間によってはzone14、15までできましたから、短い時間でも楽しめたのではないかと思います。

また、お会いできましたらゆっくりお話でもお願いします。もちろんお空でも! ありがとうございました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年10月27日 (火) 01時38分

DXを楽しまれたようですね。

時間的にすれ違いだったようで。
3.5MHzもCQ空振り、暗くなった
ので撤収、帰宅しました。

投稿: UBL/Ken | 2009年10月27日 (火) 06時24分

田中さん おはようございます。

なかなか引き取りに行くスケジュールを作らなくてすみません。WWは短時間でも出たいと思っていましたから、一日チャンスができたのでそちらを優先しました。

A1コンテスト用に上げた50MHzのアンテナをコンテスト参加前におろしてしまったり、7MHzを横で運用する人に譲ってしまったりしては、力の入れようがバレバレですね hi

CWしか興味のない人にはこの日程は大正解とも言えますが、いろいろなモードをやりながらもCWが好きという場合には悩ましい日程でもあります。なにしろ世界規模の大きなイベントですからね。

QRPでもDXが楽しめるタイミングを見つけておおいに楽しみました。

私の場合は、暗くなってきたので、そろそろという感じでA1の運用を開始しました。完璧なすれ違いですね hi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年10月27日 (火) 08時15分

車に積みっぱなしで錆びると不味いので
黄色くしましたよhihi

投稿: UBL/Ken | 2009年10月27日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/46584523

この記事へのトラックバック一覧です: WW-PH 他:

« K4M ログサーチ | トップページ | DXCC クレジットスリップ到着 »