« ひさびさのホームラン級QSO? | トップページ | 吉川市 »

2009年11月 6日 (金)

和光市移動

Wako  日中は雑務があって、夕方になってから移動に出かけた。目的としていたのはP29NIの7MHz。80mができていながら40mができていないエンテティは意外とあるもので、変な感じだがP2も7MHzがぽっかり空いていた。ハイバンドは24MHzと28MHzが残っているが、その辺は相手の運用とコンディション次第なので難しいかもしれないなぁなんて考えていた。

 運用を始めた時はまだ7MHzのコンディションではないような気がして、14MHzをうろうろ。アンテナ方向はEU向けにしてあった。前日にクラスターにも乗っていたXV4Dの信号が強かったのでアンテナ方向を合わせてコールしてみたところ、あっさりと交信できた。平日の強みかもしれない。

 続いて18MHz。クロアチアとエストニアが続けて交信できたので、EU向けのコンディションが良いと感じ、CQも出してみた。ほどなくドイツから呼ばれる。QRPのCQに応答してきてくれるのは何ともありがたいという気がする。交信が終わると、続いてVK4TJが呼んできてくれた。初めての交信で1時間も交信した相手。印象に残る交信をした局はすぐに思い出せる。だが今回はちょっとコンディションが良くなかったようだ。こちらのほうが信号が弱いことは当然だが、こちらでさえ聞き取りにくいQSBもあり、相手はさらにきついんだろうなxあと思う。よくお付き合いしていただけた。申し訳ないので10Wまで出力を上げてみたが、あまり効果は無かったかもしれない。

 その後10MHzでP29CWと交信する。7MHzものぞいてみたがまだQRVは無いかな? 1時間ほどしてやっと7MHzで発見したP29NIをあわててコールしたところ、すぐに拾ってもらえた。今日の目的は達成できた。交信した直後にQRXと言って消えてしまった。ぎりぎり間に合ったというところかもしれない。ただ、しばらくして再度7MHzでCQを打ち始めた時は、さらに強い信号となって聞こえてきた。コンディションが良い時はこんな感じかもしれない。今日のアンテナ方向は南南西と北北東に向けた固定ダイポールなので、P2方向を狙うには約10度ほどずれている感じだったがとりあえず交信できてよかった。

 ワッチしている間にTX3AやXR0Yも強力に聞こえてきたが、パイルアップも大きいうえアンテナ方向も真横方向なので、さすがに届かない感じ。まだ1週間以上あるDXペディションなので、もう少しパイルアップが少なくなるころに交信できればいいなぁ。とりあえずこの2局を狙うには東西にアンテナの志向性が出る朝霞市の運用場所に出かけてみたいと思う。それにしてもアンテナ方向があっていないのに強力な信号であった。アンテナが向いていればできそうな感じではある。

 目的にしていたP2の7MHzが取れたので安心して帰路についた。今日の交信はDXのみ7局。ちょっと少ない気もするが、空きスロットを一つ埋めることができたので。まあまあ満足な移動だった。

|

« ひさびさのホームラン級QSO? | トップページ | 吉川市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/46713566

この記事へのトラックバック一覧です: 和光市移動:

« ひさびさのホームラン級QSO? | トップページ | 吉川市 »