« CW王座決定戦コンテスト | トップページ | 午前中のコンディション »

2009年11月12日 (木)

夕方からの移動

 XR0Y、TX3Aなど捕まえたいDXペディションもあるので、夕方から移動に出かけてみた。西側にアンテナを向けられる朝霞市の場所が確保できたので、3.5MHz~のダイポールをセットして各バンドを回ってみる。

 さっそくイースター島を7MHzで発見したものの、平日にもかかわらずパイルアップが大きい、信号強度はS-7ぐらいで充分交信可能と感じた。しばらくコールしてみたがなかなか順番が回ってきそうにない。途中他のDXの入感は無いかと周波数を離れることもあったが、結果的に3時間ぐらいチャレンジしたものの交信ならずという結果になった。この局(opによるかもしれないが)なかなか自局コールサインを送信してくれないので、呼び始めるまでに時間がかかってしまった。2~30分に1回ぐらいだったろうか? 一度周波数を離れて再度戻るときは、コールサインの送出を待たずに、ピックアップした時の送信内容のリズムでXR0Yと判断して呼び始めることにした。DXCCでオールバンド未交信のイースター島はなんとか交信したいところではあるが、夕方のチャレンジは自分としては今日が最後になるであろうと思われる。日中のハイバンドへのQRVに期待したいところである。

 途中何度かXR0Yの周波数を離れた時に、7MHzのバンドエッジでGW3YDXを発見。ウェールズも全バンド未交信で撮りたいところである。パイルアップも大きくなさそうで、チャンスとばかりにコールし始める。なかなかとってもらえない。2局、3局、先を越されていくが、QRPではいたしかたない。そのうち、コールサインの半分ぐらいに?がついて返ってきた。なんとか交信できそう。気合を入れて(送信ミスの無いように)コールしてみたが、コピーしてもらった符号とは全く違うコールサインがGW3YDXから送信される。え?あきらめられたか? その交信が終わった後に再度呼んでみるが、また違うコールサイン。送信している周波数を聞いてみると、いつの間にかドッグパイルになってしまっている。(あとでクラスターをチェックしてみると)パイルアップの無いうちに先を越して行った局がクラスターにUPしてしまったようだ。もう弱い信号を拾ってもらえるチャンスは無くなってしまったようだ。

 入感状況の予想に役立つクラスターではあるものの、ダイヤルを回して発見した局との交信もつぶされてしまうようなことがあると残念に思う。コールサインを半分コピーしてもらっているタイミングで強引にかっさらっていった局は、それより前からワッチしていた局だったのだろうか?それともワッチなどせずにクラスターの情報だけで呼び始めた局だろうか? どちらにしても悔しいギブアップだった。

 この日の交信はUA0ZAL(7MHz)と5W0NM(7MHz)それに国内2局。3.5MHzには早い時間だったろうか?それでもWとJAの交信する状況を聞いた感じでは、DXにもそこそこオープンしているような感じではあった。

|

« CW王座決定戦コンテスト | トップページ | 午前中のコンディション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕方からの移動:

« CW王座決定戦コンテスト | トップページ | 午前中のコンディション »