« LZ8E RTTY-QSL | トップページ | 和光市移動 »

2009年11月 4日 (水)

ひさびさのホームラン級QSO?

 しばらく仕事が続いて運用ができなかったのでフラストレーションがたまり始めていました。やっとお休みがきたのですが、車の点検の予約をしていたこともあり、コンディションの良いらしい午前中は出かけられません。疲れがたまっているせいか、朝も起きられず点検も30分遅刻してしまいました。目覚ましに気がつかなかったのは久しぶりです。

 点検を終わらせてお昼ごろに朝霞市に出かけました。ロータリーループの微調整もかなり良いところまで進んでいるので、ほとんどのバンドの中心周波数がバンド内に入ってきました。

Asaka  設営が終了してからアンテナチューナーを利用して受信ゲインを上げざっと各バンドをワッチして、その後バンドをチェンジしながらアンテナの調整具合を記録することにしました。真ん中の21MHzの記録を取って、バンド内をチューナー無でサーチしていたところ、ZK2DLをSSBで発見。受信信号は59と強力です。そろそろDXペディションも終わりに近くなって、呼ぶ局もまばらです。

 コールすると即座に拾ってもらい、56のレポートをもらいました。パイルアップでもないのでこちらがQRPであることなどを伝えてみると好感のもてる反応がありました。勢いに乗って「今日はRTTYの運用予定はあるかい?。平日だけど僕はお休みなんだ」と伝えると、「それでは1分後に21.085だ」と返事が返ってきました。あわててその周波数にQSYしてMMTTYを立上げRTTYのケーブルを接続します。まだ、アンテナの確認の途中だったことっもあり、完全にセットアップしていませんでした。K3の液晶パネルには私を呼ぶZL2DLの信号がプリントされています。焦って呼ぼうとしましたが、MMTTYのほうにはプリントされていません。接続を間違えたか?冷静に考えれば送信と受信のケーブルをつなぎ間違えていないか確認すればよいのですが、2度3度とこちらを呼ぶ信号を聞いてしまっては、冷静さを失ってしまいます。一番早く対応するために、パドル入力でRTTY信号を出すスタイルに変更しました。なんとかレポート交換ができて、ニウエの初RTTYが交信成立。いやーあわてました。実は21MHzもバンドニューであり、実においしい交信だったのです。

 アンテナの確認をしながら、ZK2が上下のバンドにQRVしないか、チェックを丹念にするようにしました。18MHzや24MHzもバンドの交信がなかったので、もし交信できてしまえばさらにおいしいし、RTTYのお礼も言いたいなぁなんて思っていました。そんな中で14MHzでTL0AのSSBを発見。あまり聞いたことがないプリフィックスで、Tから始まるからフランスの記念局かなぁなんて思っていました。信号は58~59で大変強力です。最初にコールしたときにピックアップされたJA局が56をもらっています。QRPでは難しいかな?と思いましたがその次にピックアップされました。レポートは58だそうで、さっきのJA局よりも良いレポートが返ってきました。ハムログに打ち込んでみるとエンテティが「中央アフリカ」と表示されました。え?アフリカ?しかもオールバンド未交信のエンテティです。いままで聞いたことがない中央アフリカ! これはホームラン級の交信かもしれません。もらったレポートがよかったので、調子に乗ってQRP-5Wにダイポールだと伝え、君の受信に感謝しますと伝えると「congraturetion」と返ってきました。短い時間ではありましたが、なんだか「59サンキュー」よりもはるかに充実感のある交信となりました。

 コンディションが期待できる夕方までポツリポツリとDXを拾ってすごしました。夕方になって期待しているP29NIやTX3Aも強力に聞こえましたが、パイルアップも大きく頑張ってみたもののギブアップとなりました。オールバンド未交信のEA6も聞こえたのですが、なかなか届かないようです。一週間の仕事疲れが出てきているようで、なんだか集中力が持続しません。自分としては早めに撤収することにしました。

 ZK2のバンド・モードニューもありがたかったし、TL0Aの中央アフリカで思わぬ珍局をGETでき、ログの進みは悪かったものの、大満足の運用となりました。

|

« LZ8E RTTY-QSL | トップページ | 和光市移動 »

コメント

おめでとうございます。
昨日は移動されていたのですね。
国内クラスタに出なかったので、気づかず。

それにしてもTLゲット、おめでとうございます。
アフリカ本土のSSBそれもQRPでのゲットは大変すばらしいです。
相手のアンテナもいいのでしょうし、
上手くタイミングを合わせてゲット出来る技量もすばらしいです。
うらやまし~。

ZK2も2モードで、ゲットされて、FBなお休みでしたね。HI

すっかり800メガの電源入れ忘れ。
SRI!

投稿: JK1TCV/Kazu | 2009年11月 5日 (木) 08時21分

栗原さん おはようございます。

ロングパスの季節は思いがけない強力な信号が聞ける時もあるようですね。逆にスキャッターなどでダブって聞こえるCW信号は、信号が強いのに解読不能な場合もあるみたいで、八木アンテナでバックサイドを落とせるシステムがほしいと感じる時もあります。

なんといっても、パイルになっていなかったのがよかったと思います。ビッグガンに囲まれたら順番は回ってこなかったでしょうね。

TX3AとP29がほしいところです。太刀打ちできませんでした。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年11月 5日 (木) 08時35分

TL0Aは大ヒットですね。
しかもSSBで。素晴らしいQRP記録だと思います。
確かTL0は8J1VLP/1かすみがうらでのCWでの交信記録があったと思います。巨大なアンテナとCWでしたから、山田さんのSSB交信は特筆物です。
OPはHANさんだったと思います。
TL0AのQSLが到着したら、UPして下さいね。


投稿: JA1BVA 齊藤 | 2009年11月 5日 (木) 11時02分

ZK2DLとのRTTY QSOを拝聴(拝見)していました。Congratulations !

投稿: ja1nlx | 2009年11月 5日 (木) 14時26分

齊藤さん こんばんは

かすみがうらで交信していたのですね。中央アフリカは初めて聞いた信号でした。強力な信号で耳を疑いましたよ。あまりに強かったので、コールした時はオセアニアのフランス領なのかと勘違いしてました。ロングパスのようですが、このようなチャンスに発見できるとうれしくなりますね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年11月 5日 (木) 21時55分

吉田さん こんばんは

聞かれていましたか? お恥ずかしいキーイングだったと思います。SSBのときに相手の了解度が高かったと思って、RTTYのリクエストをしたら、即座にQSYしてくれるとの返事でこちらが焦ってしまいました。まだRTTYのセッティングをしていなかったんですね。

テスト送信もしていない状態で、うまく飛んでくれなかったようで(多分接続を間違えていたんだろうと思います)、あわててパドルキーイングにしました。でもキーイングも焦っていたようで、ミスタッチが符号間違いを招いてかっこ悪かったなぁと思いました hi

もうすぐDXペディションに出発ですね。聞こえたら呼ばせていただきます。楽しんでください。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年11月 5日 (木) 21時59分

仕事の疲れが吹っ飛びますね。
読んでいてこちらもワクワクしました。

投稿: UBL/Ken | 2009年11月 6日 (金) 06時06分

田中さん おはようございます。

ありがとうございます。
DXは入感するタイミングが国内交信より少ないので、運よく珍しいところが聞こえ交信できると大きな喜びにつながりますね。

もちろん国内も楽しいですが、最近は7MHzでも日中はスキップ気味んお場合も多く、閑古鳥状態が感じられます。平日は多くの方が仕事をしていますからなかなか思うように交信できない場合もありますね。

国内とDXの両方を楽しみながら無線を続けていきたいと思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2009年11月 6日 (金) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/46678298

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさのホームラン級QSO?:

« LZ8E RTTY-QSL | トップページ | 和光市移動 »