« 8J1Pの運用・予告 | トップページ | 南極が釣れた日 »

2010年5月11日 (火)

8J1P 和光市運用

8j1p  記念局の空きスケジュールと自分の休みが合ったので運用予定を入れていただき、和光市からQRVしました。天候は雨で、あまり良いとは言えませんが、せっかくの運用チャンスですので平日ではありますがたくさんの局をログインしたいと思い、3.5MHzまでのダイポールを上げました。ひざ上まで伸びた草をかき分けて設営したので、運用開始前にすでに腰から下がびしょぬれになってしまいました。

 8時半すぎから7MHz-CWで運用をスタートしましたが、思いのほか呼ばれるペースが伸びませんでした。一段落したところで7MHz-SSBに移りました。1時間ほどで15局ほどログイン。たくさん呼ばれているという感じにはなりません。スポット的に開けているところと交信できる感じでしょうか。逆にいえばゆっくり話ができるコンディションという感じではあります。ほかに空き周波数があるのにCQにかぶってぴったりの周波数で韓国局がCQを出し始め、その直後にそれをコールするJA3.周波数に優先権があるとは言えませんが、あの入感する信号強度を考えるとこちらの信号が聞こえないわけはないだろうに・・・。記念局のコールサインでもありますし、意地を張って電波を出し続けるのもどうかなぁと思い、ダイヤルを回して別の周波数で電波を出しましたが、いまいちモチベーションが上がらなくなってしまいました。ふと思いつき、周波数を7.155まで上げて静かなところでAMの電波を出してみました。1局だけでも交信できればいいかなぁという気持ちでしたが、20分ほどCQ空振りを続けて諦めました。

 一般的なお昼休みの時間帯は、7MHz-CWに出るつもりだったので10時半ぐらいからCWに戻ります。まあまあ交信はできたかもしれませんが、12時を回るとコンディションはかなり悪くなってしまった印象です。12時台に17局は7MHzとは思えないペースに感じます。途中、MACさんが陣中見舞いに来てくれてコーヒーを差し入れてくれました。感謝です。しかし、CQをメッセージキーヤーに打たせながら、他で話ができるほど呼ばれません hi ダイポールを張ってこのペースだと、リュックに荷物を入れたお手軽運用スタイルでは、かなり成果が出ないことになりそうな気もします。

 13時を回ってハイバンドの様子を見に行きました。どこのバンドが一番可能性があるか?21MHzより上は閑散としています。14MHzもいまいちということでしばらく18MHzの運用をやってみることにします。ハイバンドは開けなければCQ空振りは続きます。ポツリポツリと呼ばれるようならしばらくここにいようとのんびりモードで電波を出しました。もっとも、頻繁にバンドを変えなかったのは、バンドチェンジのために車の外に出るのが雨のせいでおっくうになっていたというところもあります。国内はスキップ気味のコンディションではありますが、UA3、UK8、OH2などから呼んでもらうことができました。アンテナをEU-OC方向に開けるように張った甲斐があったかもしれません。アンテナの方向としては真横ですがJTからもコールされました。

 夕方になってから7MHz-CWに戻りました。1時間20分で70局ほどログインできました。7MHz本来のコンディションになってきたかなぁという感じです。日が落ち切る前に3.5MHzにQSYしましたがちょっと早かったか?ゆっくりペースでログが進みました。もう少し7MHzにいればよかったかなぁという感じです。3.5では安定したコンディションになるだろうと思い居てRTTYにも出ましたが、20分ほどCQを出してコール無。平日ではあまり聞かれていないのかもしれませんね。再度CWで運用し、最後にRTTYの足跡を残すために帰宅したKAZUさんにメールで交信をお願いし1局ログイン。20時40分にCLしました。

 使用したリグですが、CWはK2を使い、SSB・RTTYはK3を使いました。K3はDSPで受信性能も良いと思いますが、パイルになった時のそれぞれの信号の分離はアナログ機のK2のほうが判別しやすいように思います。同じ5W出力でもK2のほうが消費電力も低いので長丁場の運用には向いている感じがします。

 記念局の運用で平日ではありますが266交信をログインすることができました。交信いただいた皆さんありがとうございました。記念局運用の楽しみはやはりたくさん集まってわいわいやりながら運用するところにあるかもしれませんが、また、うまくスケジュールが取れたら個人運用でも出たいと思います。6月末まであちこちで運用されていますので、機会がありましたrあまたよろしくお願いいたします。

 帰宅後はけっこう疲れたようで、ログの整理をしているうちに眠くなってブログの書き込みが遅くなってしまいました。雨で濡れてしまったアンテナ設備をメンテナンスするために近いうちに晴れた日に運用に行かなくては・・・ロープも洗って乾かしたいし、伸縮ポールも伸ばして水分を飛ばさないと・・・hihi

5/12記

|

« 8J1Pの運用・予告 | トップページ | 南極が釣れた日 »

コメント

最後にRTTYでのQSOありがとうございました。
過去ログを見てみると、8J*PでのRTTYは今回が1stでした。
TNXです。

お昼頃の7メガはSSB、CWもほとんど聞こえておりませんでした。
逆に17時過ぎには近場が開いて599。
不安定な空模様の感じを受けました。


投稿: JK1TCV/Kazu | 2010年5月12日 (水) 08時59分

Kazuさん こんにちは

RTTYの足跡を残すのに協力してくれてありがとうございます。

8J*PのRTTYは8J4Pがアクティビティが高いです。丹念にワッチしていると会えるかもしれませんね。

私は、8J1PとのRTTYはまだですが、8J4Pとの交信はできています。

もう2・3年前ですが、記念局運用にかかわっていて、CW・SSB・AMはみなさんやっているんですが、デジタルモードの運用が無かったので、最初にやってやろうと思って準備を始めた時に8J4Pに先を越されました hi その頃は運用のスキルが無かったので、なかなかうまくOPできなかったです。パワーが必要なRTTYと言われているのでQRPで運用することでどれだけの成果が残せるのか疑問ではありましたが、コンディションが開けていればある程度はできそうな感じです。今年中(6月末まで)にハイバンドでDXとのRTTY交信の足跡も残したいところです。

 あと、RTTYは連続キーダウンと同じ送信状態になるので、FT-817だとファイナルTRが心配ですね。呼んで交信するだけなら大丈夫かもしれませんが、あまり負担をかけ過ぎるのもリグに良くないかなと思い始めています。能力の30%ぐらいが安心という話も聞きますが、K3では5W出力で50%ぐらいになりますからまあ大丈夫だろうと思って使ってます。

 K2やK3のAMPの動作状態を考えると、10WでRTTYをやるのは危険なようです。100WアンプがOFFになっている10Wでは、10Wファイナルをフルパワーで使っていることになるようです。15Wまで出せば、100Wファイナルが動作しますので、能力の15%で働かせていることになり安心みたい。

 7MHzのコンディションは4月とは激変しているように思えました。昨日だけの特異なものなのかどうかはわかりませんが、アクティビティを上げて検証したいです。あまり頻繁に昨日のようなコンディションがあるようだと、リュックに設備を入れた軽量移動の頻度が下がってしまいます hi

 天気が良ければSATもやりたかったのですが、昨日は残念でした。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2010年5月12日 (水) 09時26分

長時間の運用お疲れ様でした。
丁度良いタイミングで訪問できたようですね。hi

投稿: JN1KWR | 2010年5月12日 (水) 17時51分

MACさん こんばんは

来訪ありがとうございました。
ちょうど良いタイミングでしたね。
7MHzでCQ出してても呼ばれないで会話ができるというのは喜んで良いのやら・・・ hi

今日はMACさんのhomeから交信いただきありがとうございました。Band NEWです hi
昨日ずぶぬれになったロープなどがきれいに乾きました。 hihi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2010年5月12日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8J1P 和光市運用:

« 8J1Pの運用・予告 | トップページ | 南極が釣れた日 »