« 道の駅 上州おにし | トップページ | VX-8 アップグレード »

2010年5月29日 (土)

WPX-CW

 土曜日はお休みになりました。WPX-CWが開催されるので、やはりコンテスト参加という行動になります。ただ、前日の帰宅が遅かったこともあり、ちょっと朝出かける気力が弱かった。翌日の予定もはっきりしていないので、何時まで運用するか決めていませんでしたので近場の和光市に出かけましたが、想定していた設備を構築するつもりの場所は車が止まっており、ちょっと場所を変えてアンテナの設営に取り掛かりました。

Wako  自分としては欲しかったDXをいくつも交信できているところでもありますし、相性が良い場所だと思っています。(単にロケが良いだけかもしれませんね) ダイポールの方向的にはOC-EU向けになると思います。右側に見えるのは10mの釣竿ですが、18MHz用のバーチカルダイポールを取り付けてあります。これはみかぼでずぶぬれになったので、掃除と乾燥を兼ねて設営したもので、バンドチェンジの際に思わぬ広いmのができるといいなぁという感じで設営しました。

 WPXの運用開始は11時半ごろとなりました。14MHzで始めましたがあまりぱっとしない感じですぐに21MHzへQSY。お昼前後の時間帯だと近場が主軸になります。DXの入感が期待できる夕方までは忍耐でログを進めることになります。たまにCQを出してみますが、多少は飛んでくれそうな気もしますが、初日の早い時間から弱い信号に執着するような局もいませんし、そこそこの信号強度で入感するであろう国内のエリアもDXコンテストとあって呼んでくれる局もいません。JAだけでもプリフィックスの宝庫ですからマルチを伸ばせるはずなのですが、全体の参加者が得点を伸ばそうという気持ちにはなっていないでしょうから、これも無理があるようです。

 日が伸びてきたのであまり暗くはなっていませんが、夕方になるとスポット的に入感するDXも聞こえてきます。21MHzでは信号が弱いので一時諦めていたTC7がQSBのふらつきの山で拾ってもらうことができました。トルコは今までめぐりあわせが悪くなかなか交信できませんでしたが、オールバンドNEWを捕まえることができました。これだけで今回参加した甲斐があるというものです hi

 同じころにやはり21MHzで3V8BBの信号も聞こえました。国内がスキップ気味であるにもかかわらずパイルアップの大きさが感じ取れます。これだけ呼んでいてはチャンスはやってこないかなぁ?JAの強力な信号でも反応が鈍いようなので無理して呼ばすしばらく聞いていました。でも結局チャンスは巡ってきませんでした。 八木を使えば多少は頑張る気持になったかなぁ? そのためには八木を作らなければいけません。結局WPXには間に合いませんでした。

 最近では夜になってハイバンドのオープンもあるようなので、ちょっと期待して待っていましたが、結局期待したほどの好コンディションでもなく、23時に気力が切れたと同時に撤収を開始しました。

Wpx 一応想定していた初日の目標としては100マルチ・200交信ぐらいでした。マルチは102となりなんとか達成しましたが、交信数は161局で目標を大きく下回りました。初日の目標と言いながらも、日曜日は出勤時間を聞いて運用しないことを決めましたし、月曜の朝も同じ場所に移動する気力はないだろうと思いますので、おそらく現状が最終結果となると思います。

Vert_dipole  こちらはコンテストとは関係ないですが、18MHzバーチカルダイポール。中間から斜めに下りているのは同軸ケーブルです。せっかく設営したので交信の成果を残したいところでした。一応BT4EXPOと9M6RHMの2局をログインすることができました。QRPで交信できているのですからまあまあいい感じかな?ダイポールと比較すると同じような信号強度で入感するDXもあり、ちょっと弱く感じるDXもあります。逆にバーチカルダイポールのほうが強いなぁと感じたことが正直なところあまりありません。こちらの送信信号としてはどちらが有利なんだろうと考えてしまうところもありますが、水平面に対しては無指向性でもありますし、輻射角度が低いほうが有利な相手・複数回の電離層反射に対しては良い結果が得られるのかもしれません。コンディション次第というところはHFの性格でもありますし、定量的な良し悪しがなかなか感じられませんね。 まあ、ギボシを抜き差ししないでバンドチェンジがリグのほうだけでできると言うメリットはあります hi

5/30 記

|

« 道の駅 上州おにし | トップページ | VX-8 アップグレード »

コメント

FBなコンテスト成果ですね。
限られた運用時間の中で、すばらしい集中力だと思います。

こちらニューねらいだけで参加しました。
昨夜は7024でHK1Nを579で受信。
聞こえなくなるまで、応答なし、
かなりのJA局が交信できたと思います。

投稿: JA1BVA 齊藤 正昭 | 2010年5月30日 (日) 11時28分

161交信とはさすがですね。今日は伝播が良くないようで、あまり聞こえてきません。こんなことなら何か他のことをやればよかったなあ、なんて思ってます。hi

投稿: KEN/JA1KEB | 2010年5月30日 (日) 17時59分

齊藤さん こんばんは

最初の予定ではNA-AS方面向けに固定ダイポール、EU-OC向けにロータリーダイポールという設置を考えていたんですが、場所取りに失敗してEU-OC向の一本に絞ってしまいました。また、3.5MHzを捨ててしまっています。

そんなわけでNA方面がかなり厳しく、齊藤さんが579で受信したHK1も全く気付いていませんでした。

オールバンドニューは時間をかけてでもとりたいところですね。でもコンテスト開始からある程度時間がたっているのに、拾われた局が一桁台のナンバーばかり送っているのを聞くと、がっかりします。コンテストなんだから、得点をあげるための交信もすこしサービスしてくれればいいのに・・・と思ってしまいます。パイルを作っている各局の信号は私にとっては充分過ぎるくらい強力なものが多いです hi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2010年5月30日 (日) 22時00分

KENさん こんばんは

磁気嵐ですか?昨日から兆候は会ったのかもしれませんね。QSBも多く感じられ、交信までに時間のかかる場合も多々ありました。よく聞こえていても相手に届かないのはこちらがQRPであることも要因の一つかもしれませんが、それだけ長く楽しめると思うようにしてうまくいかないことも楽しみの一つとして受け取るようにして、気長に構えています hi でもコンディションがオープンしてほしいですね。

たまにはハイパワーでがんがんやってみるのもいいかもしれませんね hi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2010年5月30日 (日) 22時05分

お疲れ様でした。
160QSOはすごいですね。
フルに参加したら300QSOは行くでしょうね。
(私は体力が持ちません。HI)

国内同士で得点になりますが、
あえて国内とは数局しかQSOしませんでした。
呼ぶのに気が引けてしまいます。
得点を伸ばすには国内QSOが必須ですね。

土曜の夕方は7メガが良かったです。
北米、カリブ、南米が良く聞こえていました。
オールバンドnewも出来tので私的には良かったデス。
その代わり、14,21のEUはほとんど聞こえず。

昨晩はサッカーの試合を見てしまい、
ワッチできず。

EUが開いていたようです。残念。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2010年5月31日 (月) 13時05分

Kazuさん こんばんは

やはり指向性をあわせられるアンテナが欲しいところですね。北米方面はあまり撮れなかった気がします。

コンテストですから、ある程度スコアメイクを気にして参加しているので、JAも躊躇なくコールします。以前は無視されることもありましたが、とりあえずナンバー交換してくれる局が増えたような気がします。でも、何回QSLを出しても返信されない局もいるので、ハムログに移し替えるときにQSL発行しないように印をつけています。カードだけが無線ではないので、ポイントアップのために交信させてもらってますよ。

Kazuさんに聞かれていると珍局からコールバックがあるような気もします。TC7はhappyでしたよ hi

日曜はEUが良かったのですね。残念ながら、やはり土曜日で終了でした。これからログ提出の準備をします。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2010年5月31日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/48493352

この記事へのトラックバック一覧です: WPX-CW:

« 道の駅 上州おにし | トップページ | VX-8 アップグレード »