« CQ誌4月号発売 | トップページ | RDXC »

2011年3月19日 (土)

今週の運用

 今日は戸田市に行きました。 地震の直後は遊んでる場合じゃないという空気もあったので、ブログの書き込みは自粛気味ではありましたが、細々とログは進めていました。4A4Aの運用もありましたので、入感しそうな時間に短時間運用したりしてました。オンラインログがUPされるのが楽しみではありました。

 数日QRVするたびに14MHzと28MHzの4A4Aは聞いていましたが、なかなか電波が届きませんでした。土曜日の今日は運用最終日だそうです。14MHz-CWでは交信出来たろうと思いますが、プリフィックスの頭がかぶってしまい、いまいち不安ではあります。28MHzは結局出来ずじまい。結果が来ていしまえば50Wでもいいから交信しておくべきだったと後悔することになるかもしれませんが、私なりに頑張った。抜けたところは次回の運用を楽しみに・・・というように自分に言い聞かせることにします。

 もともと今回の運用の前に7MHzと18MHzはDXCCにクレジットしてありました。今回はSSBのモードニューと10MHz・14MHz(多分OK)・21MHz・24MHzの4バンドをGET出来ました。

 土曜日の空模様ですが、7MHzの国内運用は自粛モードが感じられ、あまりにぎやかな感じはしませんでした。ところがDXの入感するハイバンドでは、パイルアップの大きいこと。誰も無線を自粛しているなんて信じられない感じもします。S21バングラディシュやVU4アマンダンなどは順番が回ってきそうにありませんでした。18MHzで見つけた9N7ネパールは、信号が上がってくるのをしばらく待っていましたが、そのうち少し下で運用が入感したらしい6Wのスプリットコールに9N7が巻き込まれて、とてもじゃないけど続けられないような感じになってしまいました。

 4A4A以外はこれといってNEWはありませんでしたが、ちょっとしたチャットができる交信もありました。午前中のNA方面は18MHz・21MHzともそこそこ開いているようです。50WぐらいでCQ出せば楽しい交信が出来るかもしれない感じがしました。春のコンディションでDXが楽しい季節になってきたかなぁという感じです。

 

|

« CQ誌4月号発売 | トップページ | RDXC »

コメント

はしゃぐ必要はないですが、普通に生活していることがよいのではないでしょうか。
こちらのTVCMは公共広告機構のものがワンパターンで流されて、嫌になります。
あの道徳的な内容は被災者への洗脳かと勘ぐりたくなります。

生きるか死ぬかというレベルから脱すれば、音楽やスポーツなどの楽しみが欲しくなります。
もちろん、電力の問題なども考えなければならないので、プロ野球の開催時期や場所なども検討されるべきでしょう。
しかし、そういう問題をクリアーした上で、被災者も楽しくなるようなものがぜひ欲しいです。

投稿: ust | 2011年3月20日 (日) 16時35分

本日も戸田橋の上からマストを発見しました。多分CPTさんだろうと思いつつ通過しました。

投稿: JR1UJX | 2011年3月20日 (日) 22時18分

Sugiさん こんにちは

災害、お見舞い申し上げます。
ご家族とも無事であったことがなによりうれしいですね。

地域によって差はあると思いますが、おちついてきたら心を和ませる何かが大切になるんだろうと思います。スポーツ観戦や趣味に時間がとれる余裕が早くできるといいですね。

家を失った人もいますし、まだまだ遊んでいる場合じゃないと言われるかもしれませんが、DX相手に一言二言会話が出来たりすると、気持ちが和むのではないかと思います。「被害の少ない人が勝手なこと言って」と言われそうですが、協力できること以外はなるべく普通に生活や趣味に時間を使いたいと思います。イベントの中止と連動して私の仕事もドタキャンが増えてます。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2011年3月21日 (月) 05時57分

JR1UJXさん こんにちは

戸田橋からは見えないと思いますが、あっちのほうは車で入りにくいところもあるかもしれません。笹目橋から見えたのであれば私でしょう・・・hi

日曜の分は、後で書こうと思います。月曜はこれから仕事に出かけて、帰宅は24時ごろになると思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2011年3月21日 (月) 06時01分

失礼しました。笹目橋からでした。

投稿: JR1UJX | 2011年3月21日 (月) 14時03分

こんばんは。
私も1週間ほど無線運用を自粛しましたが、過剰反応だったかなと思っております。非常通信周波数付近を空けておくなど、被災地の邪魔にならないようにすれば、運用することは全然問題ないと思います。

投稿: KEN/JA1KEB | 2011年3月21日 (月) 22時17分

Kenさん こんにちは

時間に余裕がある時は非常通信の周波数をワッチしておくのもいいと思います。普通の運用が自分の生活に活力を与える可能性があるのなら、多少なりとも交信で楽しみを得られるようにすることは悪くないと思いますよ。

HOMEで時間のある時はしょぼいワイヤーアンテナで7MHzや3.5MHzをワッチしていますが、中継に協力できるようなタイミングがやってこないので、マイクのPTTは押してませんね。一応100W局ではありますが、JA1RLの聞こえない信号はこちらでも聞こえないようです。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2011年3月22日 (火) 10時30分

こんばんは。

無線運用を自粛している間、時々非常通信の周波数をワッチしてました。アマチュア無線の非常通信とはどういうものなのかに興味があったので聞いていたのですが、色々な意味で興味深いものでした。

投稿: KEN/JA1KEB | 2011年3月22日 (火) 20時17分

KENさん こんばんは

関西と信越の震災のときはhomeにまったくアンテナが無い状態だったので、ほとんど非常通信は聞いていませんでした。今回は釣竿ワイヤーアンテナを上げていたこともあり、聞いていることも増えました。被災地からの弱い信号がコピー出来ないときにすぐに出てくる中継局の存在が、静かに聞いている人の多さを感じさせてくれます。

被災地の直接的な要望などの通信はおそらくV/UHFが活用されているのでしょうね。商用電源がだめになった時に、レピーターをバッテリーで復活させたりした話もあるようで、被災地近辺のハムの皆さんの活躍も多いようです。

homeから強い電波が出せるようなら、今以上に熱心に聞いていたかもしれないなぁと思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2011年3月23日 (水) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の運用:

« CQ誌4月号発売 | トップページ | RDXC »