« 買い物 | トップページ | 和光市  »

2012年1月23日 (月)

ピトケアンとフォークランド

 VP6TとHK0NAが始まりました。まだパイルアップは大きいと思いますが、信号の入感具合だけでも聞いておきたいと思いました。土日が仕事だったので週明けの月曜はお休み。朝から出かければよかったのですが、寒くて出かける気合が出てきません。朝の天気予報では夕方から雪になると・・・。でもなんだか日がさしてきて遅い出発でしたが出かけることにしました。

Wako  11時半頃に設営を完了しました。 アンテナの方向は南東狙い。VP6Tをメインに考えました。この時間だとDXの信号も期待できないかなぁという感じでしたが18MHzでTG9NXが聞こえています。そこそこ信号も強く感じたのですが届きません。アンテナの方向が若干ずれているのでうまく届かない野かもしれません。あきらめてダイヤルを回すと、SSBでHK0NAが強力な信号で聞こえています。JAを拾っているのですがナンバー指定しているようで、3エリアのみ。これでは呼べず、交信出来なかったときにSWLレポートを出せるよう記録を取って待ちます。丁寧に沢山のJAを取っているようでナンバー指定がなかなか進みません。9エリアになるころには信号が弱くなってきてしまいました。まあ、まだ始まったばかりなので期間中にチャンスはやってくるかもしれません。

 各バンドを巡回しますが28MHzでやっと聞こえるぐらいのT32LJがCQ連発。どうかな?とコールしてみると一発でコールが返ってきました。耳がよいとびっくりしました。その後はどのバンドも静かになってしまい、インターナショナルビーコンを聞いてみたりしてコンディションの把握をしましたが、ロシアのビーコン以外はほとんど聞こえてこず、7MHzに降りてみたものの、国内局もあまり聞こえず。SSBも散発的にしか聞こえてこないところを見ると、磁気嵐系の何かが起きているのかもしれないと思える静かさでした。

 あまりにも暇になってしまって、しばらく仕事の関係の記録を紙からPCに書き写す作業をしてしまいました。それほど暇だったのです。15時を過ぎると14MHzで少し信号が聞こえてくるようになりました。P3でバンドエッジになにやら信号が見えてきたので周波数を合わせてみるとTN2Tが聞こえます。オールバンドで未交信、さらに呼ぶ局もそれほど多くない様子で、コールを始めましたが、数分後に突然のドッグパイル。クラスターに上がったのかな?もう太刀打ち出来な様な状態になってしまいました。最初はCQ空振りさえ聞こえたのに残念でした。

 10MHzに降りてみてP3の表示がすごいことになっています。パイルの山が3つもあります。何事かと思える感じでしたが、一つはHK0NA、そしてTN2T、最後はVP6Tでした。P3でパイルアップのご本尊を探すのも容易です。そして、コールをしっかり打ってくれるDXペディションばかりだったのでありがたいです。それにしても3つともオールバンド未交信のDX。どこから手をつけようか迷ってしまいます。迷い過ぎるとどこも取れない可能性もあります。TN2TはRST-559.パイルが小さくなってもQRPでは届かない可能性もあると思い、アンテナが向いているVP6Tに絞ってコールを開始します。

 UP-1~2ぐらいを拾っているように見えます。上のほうにピックアップされる山が見えますが、正面突破はさすがに無理であろうと思い、比較的信号の少ないUP-1でコールを続けました。ピックアップされる周波数がじわじわ寄ってくる感じがしてそろそろ順番が回ってきたかなと思うと自分の送信している周波数で他の局がピックアップされまた離れてしまいます。ん~残念。あきらめずに呼び続けましたが、ものすごく強力な信号がUP-1付近に出てきてVP6Tを呼んでいるようです。VP6Tもその局をコールしてピックアップしたつもりが、コールを繰り返しているだけで反応が無い。VP6T側もこの信号があると他が聞こえないと判断したのか、今までUPしか打たなかったのに突如UP-2と打ち、上を拾い始めました。パイルアップの塊も上にシフトしますが、先ほどよりはバラけてきています。クリアに拾われたJA局の送信周波数に合わせてコールするとやっとピックアップしてもらえました。ずいぶんコールしたような気もしますがオールバンドNEWのピトケアンをGETできました。P3はかなり便利ですが、呼んでいる局を聞くためのサブ受信機があってこその交信だったかもしれません。

 さて、やっと次にいける。と思ったときに、コールしている最中にVP6Tの少し下で一本だけ見えている信号がありました。周波数を合わせ聞いてみると5N7Mナイジェリアの信号です。何度か交信している相手なので、バンドの重複が無いか確認した後にコールすると一発で拾ってもらえました。アフリカの信号がこれだけ強力だとTN2Tも期待できるかな? でも、先ほどよりは信号が弱くなっているようです。残念ながら交信には至りませんでした。

 HK0NAの周波数に合わせてみると、まだ信号は強い。パイルアップはさらに大きくなってきたようです。ご本尊の周波数とパイルアップの周波数をヘッドホンの左右で聞き分けていますが、一局の信号を拾ってその局に599と送ると、相手局がレポートを送るタイミングで一斉にコールが始まります。まるで、他局の交信を邪魔しているように聞こえます。珍局相手で交信したい気持ちはわかりますが焦りすぎでしょう。マナーが悪すぎます。せめて、ピックアップされた局がいたときは待ちましょうよ。わざわざ苦労して山に登ってJA・W6方面に開けた場所で運用してくれているHK0NAのチームがJA向けに運用するのが嫌にならないか心配です。HK0NAはほとんどコールせずあきらめました。後半で落ち着いてくるのを待ったほうが良いと思いました。

 発々の燃料が切れる頃の時間になってバッテリーに変え、発々を撤収します。天候が悪化した時にはすぐ撤収するつもりでしたがよく持ってくれました。7MHzに下がってみると、バンドエッジ付近でVP6Tが強力に聞こえていました。でもEU指定です。呼ぶわけにはいかない。でもJAも呼んでいます。迷惑だろうなぁ。おそらくEUをマスクしてしまう強力なJAの信号を仕方なくピックアップすると、そのあとは一斉に待機していたJAがコール。たぶん、さらにEUの信号が聞こえなくなっているんだろうなぁと思います。「VP6T EU」がむなしく響いているような気がします。

 7MHzの上のほうにもパイルアップがあり、ご本尊はHK0NAかな?と探してみましたが、予告されている周波数近辺にはゆっくりしたホレのCQが聞こえ、その裏にご本尊がいるのかどうかわかりません。ポリス局から「QSY!」攻撃を受けていないところを見ると、その周波数ではないのかもしれませんがうまく見つけられませんでした。

 他の周波数をワッチしようとバンドを変えてみます。14MHzまで上がったところで、SSBでVP8DNTを発見。ローカル局かと思えるような強力な信号で日本語が聞こえてきます。UP-3を拾っていててきぱき進めています。おそらく友人であろう局がコールすると手短に状況などを話しています。28MHzはWの壁でJAと出来ないですなんて話しています。これだけ強力なら出来る可能性は高いと思い、コールを続けました。「QRX-5分、ちょっとお待ちください」との声とともに周波数が静かになります。戻り際にチャンスがあるかも・・・じっと待ちました。運用を再開し始めてもやはり待っている人は多かったようですぐには交信出来ませんでした。でも頑張ってコールしているうちにピックアップしてもらえました。平日の強みかもしれません。QRPのSSBでフォークランドとQSO。声が震えました。

 やったーと思ったとたんフロントガラスに大粒の雨が落ちてきました。天気予報では夕方から雪になるという話でした。オールバンドNEWを2つもGET出来たので、満足して撤収にかかりました。18時前の撤収というのは自分的には早いほうだと思いますが、無理して脱出出来なくなっても困ります。発々のガソリン補給と灯油の買い出しもしたかったので、早めの撤収でもいいかなという感じです。帰宅して風呂に入り缶ビールで祝杯をあげる頃雨は雪に変わりました。取りこぼしたHK0NAとTN2Tは次のチャンスにGETしたいです。

1/24 記

|

« 買い物 | トップページ | 和光市  »

コメント

移動お疲れ様でした。
それにしても、VP6TとVP8DNT、
オールバンドNEWをゲット、おめでとうございます。

VP6もすごいですが、なんと言っても
SSBでVP8フォークランドとは、恐れ入りました。HI

あきらめないで呼び続けるのが、ゲット出来るコツですかね。
私は、取れないとQROしてしまいますので。。。

HK0NAの指定無視はまだ聞いていませんが、だいたい想像つきます。
JA嫌いになってしまわないように、
呼ぶJAはマナーを守って呼んでいただきたいですね。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2012年1月24日 (火) 13時41分

Kazuさん こんばんは

ありがとうございます。
強く入感している状態が続きましたので、呼び負けている間は5Wのままにしていたという感じです。飛んでいないから交信出来ないという状態ならたぶんQROしたと思いますよ。先日はC21HAの80mがそんな状態だったのでQROして交信しました。チャンスが続いていればQRPでも出来ると思えるときがあります。

DXペディション局も出始めはある程度指定無視される覚悟はあるかもしれませんね。P3を見ながら聞いていると周波数の状態が見えてしまうので、タイミングの全く合わないコールもけっこう目にしますね。

サブ受信機は入れておいてよかったと思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年1月24日 (火) 20時20分

早速のレアとの交信、おめでとうございます。
SSBでのVP8の価値の方が大きく感じます。
ビールの味は格別だったでしょう。
こちらは、アンテナ調整中。のんびりやります。

投稿: JA1BVA/JD1AHC 齊藤 | 2012年1月25日 (水) 12時10分

齊藤さん こんばんは

ありがとうございます。
ビールの味は格別でした hi

齊藤さんもVP6Tを捕まえられたようですね。おめでとうございます。
この勢いで楽しみましょう。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年1月25日 (水) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/53810404

この記事へのトラックバック一覧です: ピトケアンとフォークランド:

« 買い物 | トップページ | 和光市  »