« 日曜日の移動 | トップページ | 6mand down 賞状到着 »

2012年2月 8日 (水)

DP

 雑用と買い物を済ませた後、だいぶ遅くなってしまったが和光市の土手に来てみた。多少強化したトロンボーン式ダイポールのチェックが主目的でした。

Dp1  設営途中の状態。

Dp2  何を強化したかというと、給電部に近いところから、直径12-10-8mmのアルミパイプを接続して作っていましたが、14-12-10mmに変更しました。多少しなりが緩和されるかなぁという気もしますが、やはり3本つなぎでは垂れ下がりが気になります。ステーロープはあったほうがよい感じです。それと、板に取り付けるためのネジを3mmから4mmに変更しました。3mmのときに一本曲がってしまったので、ちょっと太くした感じです。給電部付近で重さや風のあおりで曲がってしまわないように、14mmアルミパイプの内側に12mmのアルミパイプを挿入しています。取り付けネジ2本の外側にもネジが見えますが、内側のアルミパイプがずれてしまわないように位置合わせで付けています。このネジは、運悪くネジを紛失してしまったときの予備にもなります。

Dp3  18MHzに合わせた状態での設営ではこんな感じです。風に対しては多少強くなった気もします。14MHz用に伸ばしたときにどれくらいしなるかは次回の設営まで待ちになります。(一度上げると下ろすのが大変なので・・・)

 SWRは1.1と良好でした。でもバンドが開けていない感じです。日没後T6KKを発見したのですが、RST-339~229.ダイポールを回してもSが上がってこず、逆にコンディションが落ちてしまったみたいで、結果を残すことができませんでした。

 下に張ったダイポールは3.5MHzまでを準備しました。各バンドを回ってみますがあまりコンディションが良くない感じです。14MHzではFW0NARが聞こえていてIOTAマラソンのカウントのために交信しました。14MHzのFWはCFM済みなので、あまり手間をとらせてもいけないなぁと50Wでコールしました。

 7MHzに降りてみると国内局も結構聞こえています。2エリアのQRP局の信号が強く入っていたので5Wでコールし交信しました。交信の後半で何やらQRMが出てきています。早めの交信終了となりましたが、その混信の相手を聞いてみるとZK2Cでした。UPを拾っているので向こうからはJAの信号が聞こえないのかもしれません。DXに優先権があるとは思わないのですが、UPでけっこう呼んでいる人もいて、その人たちはQRPのCQも充分聞こえているはずです。2エリア局がこのままCQを出していても呼んでもらえる可能性も低そうな気がして、余計なお世話だとは思いながらBKをかけてDXがかぶっていることを伝えました。気分を害したらすみません。でも、クリアな周波数も多いので、そちらでCQを出したほうが交信出来る確立が高くなると思いました。ZK2Cの信号はこの時ピークで539。Sメーターを振らせて聞こえていました。最初は聞こえていなかったことを考えると、コンディションの変わり際だったのかもしれませんね。

 実は8J1YMSの運用があることを聞いていました。せっかくなので交信したいなぁということもあり、おそらく出るであろう3.5MHzのアンテナを上げていたということもあります。日が落ちてから3.5MHzに注意を払っていましたが、なんとZK2Cがこのバンドでも聞こえています。パイルも無い感じでコールしました。気がついてくれたようで、頑張ってコピーしようとしてくれています。バンドNEWだったので、5Wでコールしていました。途中JH6の執拗な指定無視に対して、「KN KN」 の連発で私の信号を拾ってくれようとしてくれました。大変ありがたいことです。ほぼ、とれたであろうタイミングでレポートを送ってくれましたが、コールサインのところで一瞬ふわっと落ちたような感じで、絶対取れたというような確信は持てなかったのですが、たぶん大丈夫だと思います。オンラインログが上がったらチェックしてみたいと思います。3.5MHz-QRPでのNEWは久しぶりのような気がします。

 P3のバンドスコープのおかげで、新たに登場した信号は早めに発見できます。8J1YMSも比較的早めに見つかりました。しばらくはopの様子を聞いてみて、途切れそうになったら呼ぼうと思っていましたが、けっこう呼ばれ続けています。それでも毎回コールサインを送出して「周波数の中心にいるのはこちらです」という主張が感じ取れました。呼ぶ側にとってもわかりやすいと思います。いくら待ってもコールを打たない局も少なくありませんがそういう局でも交信したい相手が群がると制御が出来なくなりロングコールやタイミングの合っていない送信が増えてきて秩序を感じられなくなります。パイルアップが大きくなってきて8J1YMSが自分のコールを打ち出しているときにグワーンと呼ぶ局が固まった時に、YMSが送信し終わったところでこちらのコールを打ちだしたら、一発でコールサインが返ってきました。ガッツポーズでした。

 残念だった撃沈局もありました。7MHzで聞こえていたYS3CWはしばらくオンフレで交信していましたがその時点でもコールが重なり難しい状態でした。でも毎回コールサインを打ち出して呼ぶべきタイミングをしっかり教えてくれています。でも、それに関係なく呼ぶ局も後を絶たず、コピーし続けるにはちょっと大変な感じでした。そのうちUP-1を撮るようになりましたがパイルは大きくだんだん信号が弱くなってきてギブアップ。ピークでは瞬間的に579まで上がっていたので残念ではありました。 FW0NARが3.5MHzでも聞こえていました。ピックアップされるのはNAばかりです。コンディション的にNAのほうがよいのかもしれません。たまにUA0がピックアップされたりすることがあるので信号が強ければいけるかもしれないと思い、50Wにしてみましたが状況は変わらず。ギブアップとなりました。

 出発する前にSSNは27まで下がっていました。それでも、18MHzでは散発的にEUの信号も聞こえていました。交信済みの局ばかりだったのでコールはしませんでしたが、注意深くワッチしていればコンディションの悪い時期でも成果はあげられるような気もします。

2/9 気

|

« 日曜日の移動 | トップページ | 6mand down 賞状到着 »

コメント

RDP、FBですね。
ステーを張るとしなりも改善されて、良い感じです。

YMSのOPはKENサンだったのかな?
毎回コールをアナウンスしてくれると、
呼ぶタイミングもつかめて、呼び倒し防止にもなりますね。
見習いたいです。

3.5でNEWもおめでとうございます。
SSNも落ちているのでしょうが、ローバンドは関係ないかな?
帰国したら、私も狙ってみようと思います。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2012年2月 9日 (木) 11時52分

コールありがとうございました。強力でしたよ。タイミングもバッチリで流石です。呼出符号送出中に呼ばれているのは感じていました。こちらの送信タイミングが悪いのだろうと思いながら、良く聞かないといつまでも拾えないよと強気に頑張っていました。

RDP、今度見せてね。

投稿: UBL/Ken | 2012年2月 9日 (木) 19時36分

Kazuさん こんばんは

RDPは18MHzで多少不安定さが改善されたような気がします。14MHzに合わせたときにどれくらいしなるかを次回チェックしたいと思っています。

ZK2C、3.5MHz以外はオンラインログに乗ったのですが3.5MHzだけまだでした。コピーされなかったのかなぁ?大丈夫だと思ったんですけどね。交信した(と思った)後に短い時間でしたがS-6ぐらいまで上がった時がありました。あのタイミングだったら絶対大丈夫だったろうと思います。明日オンろいんログに乗ることを祈っています。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年2月 9日 (木) 20時03分

Kenさん こんばんは

記念局のopお疲れ様でした。情報をいただいていたので、発見して交信出来て良かったです。ATU利用の電波としてはけっこう強かったような気もします。

記念局がコールサインを打ちだすタイミングで送信がかぶっている局が多く、外から見ればその後にコールしているように聞こえていたかもしれません。(いわゆる抜け駆けコールかな?)でも、タイミングは合っていたと思います。

RDPは吉川に行くチャンスが合ったときに、また設営しますよ。根元を強化するために12mmのアルミパイプを使ってしまったので、今は2バンド分上げてクロスするスタイルは出来ません。でも、そのうち材料を仕入れて作り直すつもりでいます。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年2月 9日 (木) 20時10分

Yamaさん。こんにちは。
あの時は、当方、0.7W + Direct Conversionでした。なのでZK2Cは全く聞こえておりませんでした。AFの帯域が広いので、JAが沢山何かを呼んでいるなとは思っていたのですが、同じ周波数だったのですね。そんなわけでムチャクチャなQRMがあり、YamaさんのBKも何だかよくわからなくて失礼しました。
817に替えて聞いてみたのですが、それでも弱かったです。BKありがとう。

投稿: JF1ISC/2 | 2012年2月11日 (土) 13時25分

JF1ISCさん こんばんは

余計なお世話かな?とも思ったのですが、BKしてしまいました。
ダイレクトコンバージョンだったのですね。交信の途中から混信に気がつきはじめて、iscさんの送信途中でもコールサインがわかるような感じだったので、目立ってしまうかなぁと思いました。

受信機によっては、クリアなスポットが少なく感じていたかもしれませんね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年2月11日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DP:

« 日曜日の移動 | トップページ | 6mand down 賞状到着 »