« CQ誌5月号 | トップページ | DXCC 到着 »

2012年4月19日 (木)

6mデルタループ再始動とDX

 伸縮ポールの最上部につけて使っていたデルタループですが、破損してからしばらく使っていませんでした。修復して再度利用できるようにしました。

Wako2  下側にあるのは21MHzのダイポール。そしてギボシ端子接続のダイポール。

Wako1  場所はいつもの(最近はここばかりです)和光市です。午後から移動してみました。ターゲットはもちろん9M0Lスプラトリーです。

 設営して直後にギボシの片側が根元で切れてしまいました。もう1セットのギボシダイポールに張り変えてしばらくたつと、また片側が根元で断線。こんなことは初めてです。なんだかいやな予感。でも、気を取り直して切れていないほうのエレメントを組み合わせて運用を再開しました。お昼の時間帯はどのバンドもDXは静かな感じです。6mはFT-817で常時ワッチ体制。HFハイバンドを中心にあちこち回りますが、あまりログは伸びず、10MHzで国内を呼んだりして過ごします。

 50.101にかすかに信号が聞こえてきました。アンテナをK3につなぎ換えワッチすると、コールサインが判明しました。9M0Lスプラトリーです。信号が上がってくるのを待ちました。これなら届くかもしれないと思ったときコールすると7K1・・・。ちょっとミスコールされているようですがサフィックスを2回繰り返してスタンバイ。今度はQSBでプリフィックスが欠けましたがサフィックスは訂正が通り、ほぼ間違いないと思えました。念願の6mスプラトリーをGETです。ちなみに出力はQRPにこだわらず50W出してしまいました。かすみがうらでも聞けなかった信号です。チャンスは逃したくない。QRPにこだわって失敗するよりはフルパワーで交信してしまえ!という感じでした。

 スプラトリーと交信しているときに、少し上のほうで信号が出ているようでした。交信を終えた後そちらの周波数に移ってみると9M6XROと言っています。信号は59.強力な信号で思わずコールしてしまいました。すぐにピックアップされマレーシアの初6mとなりました。出力は動かさずにコールしてしまったので、こちらも50Wでした。私の後にもう1局交信しましたが、そのあとは「この周波数はKH7が使っていたんだ、こちらはQRTします」と言って消えてしまいました。KH7は全く聞こえていませんでした。タイミングがよかったかな。ラッキーでした。

 残るターゲットはRTTYです。どこのバンドでも良いから1交信したいところ。28MHzで発見した時にMMTTYを立ち上げましたがどうも受信がおかしい。復調できない。こんなことは初めてです。K3のパドルキーイングでコールしますがなかなか届きません。どうもやりにくいので、MMVARIを立ち上げてRTTYモードにしてコール出来ることを確認しました。MMVARIでのRTTY交信は今までやったことがありませんでした。とりあえずなんとか飛んでいると確認できたとき、不注意にもスプリットが外れていて、DX側の周波数で電波を出していたことに全く気がついていませんでした。少しの時間ご迷惑をかけてしまったかな。普段はうっとおしいポリス局ですが、UPを打たれたおかげでスプリットになっていないことに気がつきましたお恥ずかしいかぎりです。呼び続けてはいたもののコンディションがよくなってきたと判断したのかSSBにQSYすると宣言して消えました。SSBは交信済みなので追いかけませんでした。

 その後18MHzでRTTYを発見しましたがEU指定になってしまいました。コンディションが続く限り待ってみよう。そのうちEU指定の文字が見えなくなりました。あれ?もう一度EUの文字が見えなかったので即座にコール。すぐに拾ってもらえました。でもその後またEU指定が再開。どうやらメッセージのボタンを間違えたのかもしれない。まあラッキーでした(こちらは5Wでの交信でした)。そのあとは28MHzでも再度RTTYが聞こえ始め、しばらく呼び続けてやっと交信することができました。2バンド交信出来れば間違いなくCFMできるでしょう。やっと肩の荷が下りた感じです。

 その後は交信できそうなDXを呼んでログを進めます。50MHzでVKのRTTY信号が入感していました。kのバンドでRTTYのDX交信は初めてでした。IOTA移動のVK8BIも18MHzでGET。YAMAさんとコールが帰ってきてびっくりしました。イギリスまでオープンしているようです。本国の他にGWウェールズの信号が聞こえました。オールバンドNEWのエンテティですがQRPでは難しそう。50Wでコールすると、相手が頑張って受信してくれました。相手の時間帯としては朝だと思います。朝食に呼ばれたのか?ショートでごめんというようなかんじで交信を終えQRTを宣言して消えてしまいました。リグから離れるつもりが呼ばれたので交信してくれたのかもしれません。だいぶ遅くまで楽しんでしまいました。21時半近くなり、F8AOFとの交信を最後に撤収を決めました。QRPでは難しそうな信号には躊躇なくQROしましたが半分以上50Wで交信していたようです。

 DXが沢山聞こえてくると毎日のようにQRVしたくなりますが、さすがにそういうわけにもいかないですね。でもチャンスがあれば短時間でも移動に出かけたいと感じてきました。コンディションがさらに良くなるのが楽しみです。

4/20記

|

« CQ誌5月号 | トップページ | DXCC 到着 »

コメント

6mで9M0Lゲット、CONGでした!
QRP/RTTYもFBでしたね。
私もRTTY狙ってみます。
多分、QRO/50WでしょうけどHi

投稿: ぶいてけ | 2012年4月20日 (金) 10時09分

ぶいてけさん こんばんは

コメントありがとうございます。
RTTYもぜひチャレンジしてみてください。距離的には十分可能な範囲だと思います。コンディy村の良い時間帯に運よく見つかることを祈ります。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年4月20日 (金) 19時56分

移動お疲れ様でした。
9M0L狙いで、今日1日RTTYをワッチしていましたが、
とうとうQRVが無かったみたいです。
残念。
そろそろ撤収にはいるみたいなので、
かなり厳しくなってきました。
QSOしたいです。。。。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2012年4月22日 (日) 00時22分

Kazuさん こんばんは

追っかけお疲れ様です。
アンテナがR7のみになるとEU指定やNA指定は無くなってくるかもしれませんね。近場にチャンスが残っているかもしれません。

clublogを見てきましたが、RTTYのopさんは2バンドとも7K4QOKさんでした。先発で離島するメンバーのなかにいなければ日曜にラストチャンスがあるかもしれませんね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年4月22日 (日) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/54514130

この記事へのトラックバック一覧です: 6mデルタループ再始動とDX:

« CQ誌5月号 | トップページ | DXCC 到着 »