« ARRL 10m Contest | トップページ | ARRL 10m Contest »

2012年12月10日 (月)

C6AVA VP5/W5CW ARRL-10m Contest

Wako  日曜日は仕事で終日無線が出来ませんでしたが、月曜日は午前中ぐらいは自由な時間が出来ました。運用を続けているC6AVAはNA-054から出ています。IOTA-ペディションの局はマルチバンドの運用を重視せず、開けているバンドで1局でも多くの局にNEW-IOTAをプレゼントする目的があるので、オープンしている時間帯に同じバンドに出てくる可能性が高いです。そのC6AVAを狙って夜明け前に出発しました。和光市の場所は土曜日にARRL-10mに参加した場所と同じところを確保できました。あたりが明るくなり始めたころに到着。設営をしている途中で太陽が地平線に見えてきました。この季節はやはり寒いです。伸縮ポールを持つと手が痛くなるほど。自分でもよくやるなぁという気分です。

 狙いをつけていた18MHzで2本の線がP3で見えます。バンドエッジはZP6でした。もう一つの線に周波数を合わせると、ビンゴです!C6AVAがノーパイルで聞こえています。(ノーパイルと言ってもパラパラ呼んで交信を続けています)Sは3ぐらいでしょうか。クラスターに上がらないうちに交信しなければ・・・。最初のコールはQRPで呼びましたが、QRZ?が返ってきました。コンディションがふらつき気味に感じたので、すぐに出力を50Wに上げてコール。一度符号の訂正がありましたが、しっかりと交信することが出来ました。IOTAが1-upとなりました。

 もう一つ狙っていたPJ5Jは21MHzで発見しましたがパイルアップが大きいうえに信号がちょっと弱い。S-2ぐらいからだんだん下がっていく感じがします。パイルには参加しましたが、抜けません。これは難しいかなぁと思っていたところ、少し下に信号が見え始めました。どこだろう?と周波数を合わせると、VP5/W5CWです。Sは5ぐらいの強い信号で入感していますがCQ空振り連発。これは呼ぶしかないという感じで、QRP/5Wでコールすると、うまく拾ってもらえました。QRPでのNEWでありバンドNEWでもあります。やったーという感じでした。その後も聞いていますが呼ぶ局もまばら・・・。そのうちあきらめたように信号が消えてしまいました。

 21MHzのPJ5Jがパイルでなくても届きそうもないほど落ちてきたところであきらめて18MHzに戻ってみると、先ほどのVP5がこちらでも聞こえます。あまりパイルにはなっていない感じで、こちらもQRPで拾ってもらうことが出来ました。クラスターに出なければ交信のチャンスは大きいです hi

 8時近くなって10mを聞きに行きました。CWで予想外にWの信号が聞こえています。コンテストログを立ち上げ、呼びまわり開始。Wは全く撮れていませんでしたから、どこと交信してもNEWマルチになります。やはりARRLのコンテストですからWと交信したいですよね。東海岸が多いですが、LA・CA・MT・AZ・BC・HI・WAとUSAのマルチを増やすことが出来ました。アメリカを飛び越してLU・PY・CEなどもログインすることが出来ました。でもオープンしている時間は短く、8時40分頃にはあれだけ聞こえていたW局がカスカスの弱さになってしまいました。最後の10分でCQを出し、JA-2局に呼んでもらってコンテストを終了。総数は85まで伸ばすことが出来、来た甲斐がありました。あとで考えたら、Wがオープンしている間にSSBを聞きに行くべきだった。同じマルチでもモードが違えば計上できる。3つでも4つでも取れていれば得点に大きく差がついてくる可能性がありました。ちょっと失敗だったかなぁ。

 コンテスとが終わって一段落し、のんびり各バンドを回ってから撤収しようと考えていました。28MHz-SSBではAH0BTが強力に聞こえました。元気です。交信のお礼のつもりで呼ぼうかと思ったのですが、コンテスト終了後にもかかわらず、Wからけっこう呼ばれています。しばらく聞いてから他のバンドを聞きに回りました。14MHzRTTYでパイルが見えましたが、ご本尊が全く聞こえてきません。そのパイルアップの少し上に信号が見え、どこだろうと周波数を微調整してみるとYN5ZOです。RTTYでは未交信のエンテティ。ちょっとQRPでは難しそうな感じなので50Wでコールし始めます。USAから呼ぶ局には何局も先を越されました。JAも2局先を越されましたが、なんとか交信することができました。

 3時間ほどの運用ではありましたが実りの多い運用となりました。日の出前に設営を始めるのはけっこうきついですが、時間に余裕のある時はまた出てこようと思いました。思わぬ拾いものがあるかもしれません。コンディションのオープンする時間が短い気がするのは冬型になってきている証拠かもしれませんね。夜中のローバンドを狙いたいところもありますが車中泊にはきつい季節になってきました。

|

« ARRL 10m Contest | トップページ | ARRL 10m Contest »

コメント

早朝移動、お疲れ様でした。
寒くてきつかったでしょうね。でも
成果があってVY FBでした。
今朝はNAが開けましたか。うまく
コンデションをつかめてFBでしたね。
雪のない関東地方でも移動運用は
ますます厳しくなりそうですね。
こちらはすでに冬眠モードですHi

投稿: ぶいてけ | 2012年12月10日 (月) 12時51分

早朝移動お疲れ様でした。
朝の気温は0℃でしたが、寒かったでしょうね。
それでもNEWをたくさん取れて、FBな移動運用になりましたね。

こちらも06時半頃ワッチしましたが、
10mでWが開けたのは08時過ぎだったんですね。
コンテスト休暇が必要だなぁ。

VP5、YNも欲しいところですよ。
Congです。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2012年12月10日 (月) 13時01分

ぶいてけさん こんにちは

設営時は寒いというよりは痛いという感じでしたね。
雪の中での移動運用や冬場の低山移動もやってましたけど、だんだん元気が無くなってくるかもしれません hi
今日は、最初の1時間ほど車のエンジンをかけてヒーターつけてしまいました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月10日 (月) 13時40分

Kazuさん こんにちは

6時半ですか、その時間にQRVするには5時起きです hi

10mでUSAがオープンしたのはどれくらいからだったんでしょうね。実際には8時頃にQSYしたらすでに強い局が並んでいました。30分ぐらいでもオープンに遭遇出来たので、得点は倍ぐらいになったんじゃないかと思います。1000を超えるナンバーを送るDX局もいましたから、36時間フル参加の人は素晴らしい成績かもしれませんね。

VP5はQRPの初交信でしたので、かなり嬉しい感じです。初めて聞いてから交信まで3年かかりました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月10日 (月) 13時45分

月曜の朝に開くとは、あぁ無情…。

投稿: JN1BBO | 2012年12月11日 (火) 07時45分

JN1BBOさん おはようございます。

日曜の朝はだめだったのでしょうか?そちらを聞いていないので、なんとも言えませんが・・・。

短い時間のオープンだったように思います。コンテストが終わる前に聞こえなくなってしまいましたからね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月11日 (火) 08時01分

今回もお呼びいただき、ありがとうございます。
いつもながら本当にQRPか?という強さでKH0に来ていました。
アンテナをしっかり上げているからでしょうね。

今回はKH0でも土日はオールアジアコンテスト状態でしたが、月曜朝にWが大爆発。
「KH0ってどこだ?ナンバーは名に送ればいいんだ? 59-001 Los Angeles morbil」
と送ってくる局が居たくらいで楽しかったですhi

今回はアルミ系アンテナ1本とお気軽なので、コンテスト終了後も少し遊んでいました。

投稿: 7L1FPU/AH0BT | 2012年12月11日 (火) 17時41分

7L1FPUさん こんばんは

こちらこそいつも交信いただきありがとうございます。

信号の強さを褒めていただいてありがとうございます。でも、スタート時のパイルアップは抜けませんでしたよ hi まあ、交信のチャンスはいくらでもあるだろうと思って他を回ってからパイルの少ないときに交信いただきました。

一応、呼んだときはRDPの向きを合わせてからコールしました。

コンテスト終了後に聞いていた時は、途切れずWから呼ばれていたので周波数を離れてしまいました。こちらではWの信号がほぼ聞こえなかった状態です。やはり設備とロケーションが良いのだろうなぁなんて思いながら聞いていました。

また、次回もよろしくお願いいたします。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月12日 (水) 00時07分

今回はコンディションが悪く、JAからみたらW本土は聞こえず、グアム・サイパンくらいしか聞こえていなかったのではないでしょうか。
そういう意味で、開始直後は皆様がAH0BTに集中していたのかと思います。
近年で稀にみるJAからの厚いパイルでしたから。

毎回お呼びいただき、ありがとうございます。
カードはいつものようにburoに送りますね。

投稿: 7L1FPU/AH0BT | 2012年12月12日 (水) 06時38分

7L1FPUさん おはようございます。

そうですね。期待はずれのコンディションでした。開始直後に聞こえていたのはAH0BTとNH2DXだけだったと思います。私は開始から43分間は国内コンテストでした。 hi

でも、終了間際のUSAオープンを捕まえることが出来たのは、それなりに面白かったです。QRPだとCQを出すより呼びまわっているほうが効率が良いことも少なくないです。弱い時は誰かと交信してシリアルナンバーを確認できてから呼ぶ場合も少なくないのではないかと思います。CQ空振りが続いても、1交信出来ると続くパターンが001形式のときには良くありますね。

QSLはこちらからもBUROにお送りします。またお会いしましょう。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月12日 (水) 08時00分

AH0BT ARRL10m の様子をYoutubeに載せました。
開始直後のJAからのパイルの様子がわかると思います。
私のblogにも貼り付けてあります。

今回はお気楽モードで参加したのがわかるビデオです。
最初の方にアジトが写っていて、ローバンドのアンテナもちょこっと写ってます(笑)

投稿: 7L1FPU | 2012年12月25日 (火) 22時39分

7L1FPUさん こんにちは

呼ばれる雰囲気がわかるビデオですね。毎回映像で紹介していただけるのは興味深い感じです。DXから呼ばれる立場で運用してみたいですね。パニックになるかも・・・hi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月27日 (木) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/56291430

この記事へのトラックバック一覧です: C6AVA VP5/W5CW ARRL-10m Contest:

« ARRL 10m Contest | トップページ | ARRL 10m Contest »