« IOTAコンテストのカウント | トップページ | DDXCC »

2012年12月20日 (木)

木曜日

 出かけたついでに巣鴨によって、先日の西多摩郡移動までのQSLを預けてきました。積み上げで10cmぐらいあったかな。この先は来年になりますが、NYPで20交信をクリアしたら、ステッカーをもらいに行くついでにまた届けられると思います。

 JARLに行ったついでに、CQ出版に立ち寄り1月号を買ってきました。2013年の年間テーマは「アンテナ技術を学ぼう」だそうです。期待したいところですね。残念なところを発見してしまいました。ハム手帳に掲載されていた「欧文&和文モールス符号」ですが、数字のゼロを略す場合の表現として「ーーー」と書かれています。これは間違いですので、掲載してほしくないですね。訂正していただきたいところです。正しい0(ゼロ)の略体は「ー」です。これが掲載されていないのです。世界の共通語であるはずのCW符号ですが、正しくは無いがJAローカルで使う人が多い「ーーー」を正しいかのごとく掲載されるのは問題がありそうな気がします。DXコンテストなどでは、数年前までは「ーーー」を送ると「NR?」が返ってきたものですが、最近ではJAの間違いを認識してあえて聞きなおさないDX局も増えてきました。CWは言葉のように「時代とともに変わっていく」ものではないので、JAを代表する無線雑誌としては、こういう間違いを掲載していただきたくない気分です。

 一応休みのはずなのですが、ちょっと用事があり会社に立ち寄って、その後戸田市によりました。日没頃の設営ではありますがアンテナを張ってみました。ログインしたのはたった3局だけでしたが、まあ、こんなもんかなぁという感じです。7MHzでPA1CCが聞こえていたので呼んでみましたが50WにUPしても届かず。残念でした。もう秋のDXシーズンも終わるという感じでしょうか?21MHzのEUも弱く交信出来るほどでは無かった感じ。国後島移動のUA局と7MHzで交信してIOTAマラソンを1-point追加しました。

 あまり暇なので「Elecraft CC」のチェックをしていました。エレクラフトリグを使用した局との交信は80交信ほどありましたが、シリアルナンバーまで聞けたのは48局しかありません。なかなか進まないです。K2しかなかったときからカウントしているのにこんなもんです。Elecraftリグを使用している方は、ぜひシリアルナンバーの交換にご協力くださいね hi

|

« IOTAコンテストのカウント | トップページ | DDXCC »

コメント

お久しぶりです。

 ハム手帳の記載の間違いについては、私も速攻で指摘しました。
これについては、2010年8月に連盟へも指摘していますが、この時は、担当者から「数字のゼロの3長点送信は間違いである」との回答を得ていますので、これもあわせてCQ社へ指摘しました。

 法の規定と「悪しき習慣」の区別が出来ていないようです。

CQ誌には、ある程度の指導的役割を期待しています。

投稿: JA1BVA/JD1AHC 齊藤 | 2012年12月21日 (金) 12時34分

齊藤さん こんにちは

私も悪しき習慣だと思います。コンテストで順番待ちになっているときなど、JAからO(オー)を送って再送を促されていることを良く耳にしますね。

自分の感覚では、数字が来るべきところにO(オー)が入った時、その信号がノイズレベルに近い弱く遅いキーイングの場合だと5か8に聞き間違えてしまうことがあります。

5はO(オー)と長さが同じという理由かもしれません。8は長点が何とか取れてそのあとが聞き取れなかったときは、短点が欠落しているように感じてしまうのでしょう。

数字の略体は、聞き間違いの無いように考えて制定されたものでしょうから、あえてJAローカルな符号は普段から使わないほうが賢明だと思います。

CQ誌も唯一のメジャー誌なのですから、間違いは載せないほうが良いですね。なんで今年からこんなことになっちゃったんだろう?

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月21日 (金) 13時16分

調べてみたのですが、
手元にあるハム手帳の2011版から
(3長音)が書かれています。
と、いうことはそれ以前から書かれていたと思います。
この記述のあることが3長点が蔓延する原因になったかも知れないですね。

数字の略体符号は、情報が数字だけで構成される場合の送受信時間の短縮のために、作られた符号です。

投稿: JA1BVA/JD1AHC 齊藤 | 2012年12月21日 (金) 21時05分

齊藤さん こんばんは

そうでしたか、今まで記がついていなかったということですね。失礼しました。
電波法抄録には正しい略体が載っていたような気がしますが・・・。調べてみないといけないかな。

どちらにしても、良くない略体ですから使うべきではないと思いますね。

ゼロは、Tまたは略さない、しか使わないようにしています。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月21日 (金) 23時46分

もうDXは終わっちゃった感じですね。
もう少し太陽に頑張ってもらわないと。hi
0の略号は国内コンテストにCWで出るようになったときには既に長音3つが飛び交っていました。
よって、私が"T"だと知ったのはかなり最近です。

投稿: JM1EKM | 2012年12月22日 (土) 09時45分

私は縦振り電鍵を使っているとき長めのTを使うことがあります。略号を使う時は全部略すと聞いた事がありますが、ゼロや9だけの略しか聞いたことがないです。

投稿: UBL/Ken | 2012年12月22日 (土) 10時52分

JM1EKMさん こんばんは

そうですね。国内交信はJCCナンバーを打つために数字の送信が多いですが、オーはあふれているように思えますね。
海外とのコンテストナンバー交換のときは通常使われない(使われるべきではない)オーは再送要求の可能性を高めるので使わないほうが良いと思います。普段から使っていると癖で出てしまうこともあるので普段から使わないほうが賢明なのだろうと思います。

略さないほうが一発でとってもらえる確率があがるので良いのかもしれません。再送を要求されたらどんなに送信時間を短くしても意味が無いことになってしまいますね。

DXのコンディションは短時間ではありますが開けるときもありますよ。でも、オープンする時間が短いということはそれだけ頑張る気力が持たないことにもつながりますね。

これからの季節はローバンドかもしれませんね。寝不足になりそうです。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月22日 (土) 23時55分

UBL/Kenさん こんばんは

レポート交換の際に使われる9=Nぐらいしか普段は聞かないかもしれませんね。Tも001形式の最初のほうで使うぐらいであまり役に立つことは少ないのかもしれません。

数字ばかり送り続けることは通常の交信ではあまり無いので、あえて略体を使う必要もないのかもしれませんね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月22日 (土) 23時59分

日曜日に参加したRAEMコンテストで
ゼロの略体としてオーを使っている
UA局を耳にしました。世界中に蔓延
しているのでしょうか。

投稿: ぶいてけ | 2012年12月25日 (火) 09時45分

ぶいてけさん こんにちは

JAからオーばかり聞くので、それに慣れてしまっているのかもしれません。JAからのコールに対して送るナンバーはオーのほうが通りやすいという経験もあるのでしょうね。オーを使うJA局にTを使ったりすると、逆に「?」が返ってくる場合もあるかもしれません。数字の中にTが入ってくると短すぎて対応しきれない人もいるような気がしますね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2012年12月25日 (火) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/56359521

この記事へのトラックバック一覧です: 木曜日:

« IOTAコンテストのカウント | トップページ | DDXCC »