« DXぺディションの追っかけ | トップページ | 土曜日 »

2013年11月 8日 (金)

IOTA-300

 JARLからの転送QSLをGETしました。と言いますか、先週には届いていたようですが、出張もあって、預かってもらっている隣家から引き取るのもおそくなってしまった感じです。

 受領チェックは、とりあえず枚数の少ないDX分だけチェックしてログに印をつけます。IOTAのNEWが3枚ほど入っていました。その交信データをIOTAのHPに行って追加しておきました。IOTA-300がちょうどCFMという形になりました。DXCCのバンドNEWも1枚入っていました。BUROも良い仕事をしてくれます。というかBUROの機能が良かったことにはならないかもしれませんね。

11/10 記

|

« DXぺディションの追っかけ | トップページ | 土曜日 »

コメント

NEWが入っていると、BUROに感謝する気持ちになります。

いろいろ案件があるようですが、BUROの機能だけは残ってほしいと思っています。

投稿: masa | 2013年11月10日 (日) 09時56分

masaさん こんにちは

なんらかの目標に対してのNEWを発見したりすると、やはりうれしい気持にはなりますね。もっとも、NEWであろうと無かろうとQSLを発酵するという作業を行ってくれた相手に対しては、どんなカードでも感謝の気持はあります。すべてのカードをダイレクトで請求したりすれば負担も大きくなりますし、相手もカードを送り受け取ることにあまり関心を持たなくなってしまうかもしれません。

気軽にカードを交換できる手段としてはBURO
は無くてはならないものであると思っています。来年、(終身会員/あえてこの表現をしますけど/に対して)QSLの転送費用が請求されることになります。それでも、この制度を利用していくことになるだろうと思っています。

転送費用の金額としては疑問も残りますけどね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2013年11月10日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IOTA-300:

« DXぺディションの追っかけ | トップページ | 土曜日 »