« FD賞状 ARI賞状 | トップページ | 出勤前に »

2014年2月16日 (日)

ARRL DX Contest CW

 土曜日は移動を断念してしまった。日曜は天気が良い。でも風がありました。とりあえず出かけてみよう。途中でガソリンを入手し、発電機を使えるようにした。和光市に行ってみると場所が空いていたので早速アンテナの設営。だがやはり風が強く伸縮ポールをフルアップできません。フルアップより3段下げた状態であきらめました。そして、発電機を回そうとすると、どうも冷えすぎているようで、エンジンが回ってくれません。始動ロープを引きすぎるとガソリンが供給されすぎてかぶってしまいそうな気がしたので、エンジンをかけるのをあきらめて車から電源をとることにしました。ちょうど寒いのでエアコンをかけておきたいという気持も出てしまい、発電機は動かさなくてもいいかなという気分になってしまいました。車から電源を取ると出力は出しても10W程度に抑えなくてはなりません。まあQRPだからいいかなと言う感じでした。

 9時半頃から21MHzでコンテストに参加。コンディションの流動的な28MHzからやるのが普通のような気もしましたが、前日にまったくログが進んでいないので、とりあえず少しでも多くの交信をログインしたいと思ってしまいました。コンディションはまあまあ良いような気もしました。CQから始めましたが、QRPのCQに呼んでくれるアメリカの局も結構います。呼びまわりに入る前に、SSBでYB8RW/P(OC-209)をGET。

 こちらのCQに対して呼んでくれる局はこちらの信号が聞こえているわけですが、呼びまわりに移ると微妙な感じで、そこそこ強く聞こえている局でないと、反応がまったく無いことやナンバーを取ってもらうのに苦労をかける場合もあります。

 呼びまわりをひととおり終えて、またSSBを聞きに行きましたが、シアトルのWB6Zが強力な信号で入感していました。自分が毎年参加している8J1ITUのOPをされていたことのある方でコールサインが頭の中にありましたので、ぜひ交信したかった。運よく拾ってもらえてそのお話なども交えて少しお話いただけました。このところ忙しいそうで、なかなかJAに戻ってくるタイミングが記念局の運用期間と合わないのだそうです。いつかかすみがうらでアイボールなんてできたらいいなぁと思いました。

 28MHzに移るのが遅すぎたかもしれません。ログの進みはちょっと少ない感じ。でもカナダの5エリアの局とはもしかしたら初交信かもしれません。たしか6か7のコールサインを持っている人ではなかったかな。もう一人コールサインが記憶の中にある局がいました。CAの局ですが、JAからリモートでCAのステーションをOPしていたのではなかったかな?OPが近くにいるのに信号はCAから飛んでくるのだから、不思議な交信だなぁと思ってしまいました。

 14MHzは21MHzほどの爆発力はありませんが安定して聞こえてくる感じかと思います。西海岸どまりかなと思うとFLやCT・NYが聞こえてきたりします。東海岸に開けているようです。

 合間にV6TのOC-132もGETすることが出来ました。

 風はやむ気配を見せてくれません。伸縮ポールはフルアップしていないと、風に揺らされて伸ばしていないところがロックピンをじわじわ押し込んでしまい、突然落ちてしまいます。風の中で3回も修復して元の高さに伸ばしましたが、4回目にはあきらめて撤収することにしました。安全第一です。これからハイバンドのEUがオープンしたり、NA方向はローバンドが開けてくる時間だというのに17時には撤収を決めてしまいました。自分としてはかなり早い撤収となってしまいました。まあ、こんなこともありますね。運用時間は約8時間ほどでした。コンテストの交信は150交信を少し超えたぐらいでした。明日の朝追い込むか?でも、寒いとなかなか出かける気力がわいてこないかもしれません。

|

« FD賞状 ARI賞状 | トップページ | 出勤前に »

コメント

お疲れ様でした。
それにしても、短時間で150QSO以上とはすばらしい成果ですね。

投稿: JK1TCV/Kazu | 2014年2月16日 (日) 23時49分

Kazuさん こんにちは

ありがとうございます。でも土曜日にQRVしていないので、あまりほめられたものでもないかもしれません。初日は競合する相手が多いので1交信にかかる時間は多くなりますね。2日目からQRVすると、見つけた相手はほとんどNEWなのにCQ連発している場合が多く、QRPでも短時間で交信できてしまいます。

7MHzと3.5MHzに出ていたとすると、200交信ぐらいで頭打ちになり伸び悩むようになりますね。これはARRLのように交信相手がW/VEに限定されるのでこれくらいだろうと思います。ワールドワイドのコンテストだと、2日目でも競合相手が多いので、1交信にかかる時間が多くなり、もっと伸び悩みます。

でも、それなりに楽しめたかなぁという気がしています。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2014年2月17日 (月) 04時30分

我が家からでは20mはほとんど聴こえなかったです。

投稿: JN1BBO | 2014年2月17日 (月) 07時59分

WB6Z/Furuya さん,
 数年前にシアトル郊外のEverettでアイボールしました。ボーイングの工場のある町です。以来、なかなかお空でチャンスがありません。

投稿: Masumi | 2014年2月17日 (月) 08時03分

JN1BBOさん こんにちは

日曜の午後は21MHzが落ちた後は14MHzしか開けていない時間帯がありました。タイミングが合わなかったかな? 7MHzの時間になる前に退散してしまいました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2014年2月17日 (月) 09時24分

Masumiさん こんにちは

そうですか、お会いしたことがあるのですね。昨日の信号はかなり強力な感じでした。SSBのほうはあまり聞かれないかな? IOTA探しもあったのでSSBのほうもワッチしていて、強力な信号にVFOが止まりました。活力を感じ、たいへんお元気そうな声でしたよ。

時期は違いますが、同じシャックで同じ局をOPした方です。いつかお会いすることが出来るんじゃないかと思います。無線のつながりの面白さを感じました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2014年2月17日 (月) 09時30分

2週続けて週末の天気が荒れましたね。
こちらは雪かきなどもあり、思うように参加時間を確保できませんでした。
それでも、未交信州狙いで東海岸局を呼びに回っていました。

投稿: ust | 2014年2月18日 (火) 21時39分

ustさん こんにちは

コンテストお疲れ様でした。東海岸も開けましたね。NEWが取れたのかな?
私は聞こえている局を片っ端から呼ぶ感じではありました。州のNEWはチェックしていませんが、初交信の局は多かった気がします。

東京は雪に弱いですね。雪道に慣れていない人が多いので、スタックしている車が道をふさいでいたり、もらい事故が心配なので無理に車には乗らないようにしています。スキーに通っていた時代もあるので、チェーンがあればなんとかなるかなと思いながらも、油断は大敵ですね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2014年2月19日 (水) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARRL DX Contest CW:

« FD賞状 ARI賞状 | トップページ | 出勤前に »