« IARUコンテスト 参加できず。 | トップページ | ふじみ野市 »

2014年7月14日 (月)

QSLチェック終了

 6月末にJARLから届いたQSLのチェックが終了しました。半月かかるのは早いのか遅いのか? 初交信の方やバンドNEWのQSLなど、チェックしていて嬉しいものもありました。忘れてならないのはWAGAのラストをGETしたことでしょうか。そういえば申請書をまだ作っていなかった。早めに作らなければ・・・。

 IOTAのNEWは1枚だけでした。まあ、ビューロー利用ですからなかなか進まないのは仕方ないところですね。イギリスのワイト島と言うところでした。

 ハムログで受領のチェックをしたときに、疑問を感じたQSLやこちらから未発行のQSLを除外しておいて後でしっかり調べます。今回も交信していないのに届いたQSLがありました。同時刻に別のJA4との交信記録があり、そちらにはすでにQSLを発行していただいてCFMできています。また、注釈を書いて送り返さねばなりません。せっかちなんでしょうかね?自分のコールサインが打たれていないのにレポートを送られてもこちらのログに残っていないのだからQSLを出すことも出来ませんね。

|

« IARUコンテスト 参加できず。 | トップページ | ふじみ野市 »

コメント

似たような話ですが・・・

もう5年くらい前の話になりますが、
JD1AHCで父島からA1クラブのOAMに参加した時の顛末です。

帰宅して、キー局の交信報告を読むと、私との交信と思われる所にJN1AHCと書かれていました。
間違いではないか、と問い合わせると「間違いなくJN1AHCと交信した」との回答。
仕方なく、ログから消しました。

それから半年ほど経ってから、JD1AHC宛のPSE QSLがビューロー経由で送られて来ました。
間違いを認める一言でも書かれていれば、発行する気持ちがありましたが、何もないので
ゴミ箱行きとしました。

投稿: JA1BVA 齊藤 | 2014年7月14日 (月) 22時38分

齊藤さん こんにちは

残念な交信でしたね。ミスコピーすることはあるかと思います。甘いといわれるかもしれませんが、そのタイミングで交信したとお互いが思えれば、ミスコピーであってもQSLを送ることはあると思います。でも、メールの確認などで自分のミスコピーではないと言い切られては、後でQSLを送られても、NILとするでしょうね。相手が自分のミスコピーを認め、一言書いてくれれば、気持も変わったかもしれませんね。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2014年7月15日 (火) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/59984772

この記事へのトラックバック一覧です: QSLチェック終了:

« IARUコンテスト 参加できず。 | トップページ | ふじみ野市 »