« フィールドディ コンテスト | トップページ | 良いコンディション »

2015年8月 6日 (木)

JW2US

 7月の末、すでに1週間前のことではありますが、表記のJW2USと交信できました。Jw2us EUの離島・スバルバールとの交信ですが、良く出ているメインの島とは別のEU-063から出ているそうです。

 なぜあえてブログに書いたかといえば、交信を行なったのは、普段国内交信しかできていないhomeのLW+ATUで交信できたのでした。しかもリグはKX3の5W出力! 国内相手でもほぼ最後のほうでしか交信できなかったりする貧弱な設備です。こちらが受信信号を見失うほどの弱い入感だったのですが、物は試しにと言う感じでQSBの山でコールするとこちらのコールサインを半分ほどコピーできているようです。テンションが上がったのは言うまでもありません。再送に答えて「7K1CPT 5NN」と確認できました。こちらから「5NN TU」を送り受信に移ると、QRMもあって「R」をもらえたのか不安な感じもありました。正直にレポートを送れば229だったかなぁとログに書き残してありました。オンラインログで確認できるまで、心配なところもありましたが見事ヒットしました。早速QSLのリクエストをしたのは言うまでもありません hi

 自分のところでは、一瞬のピークに交信を成立できた感じがします。しばらく聞いていても相手の信号はそれ以上強くならなかったし・・・。逆に下がってしまうような感じでした。スバルバールは交信できているエンテティですが、この交信はちょっと感動でした。

 この日(7/29ですが)は他にR3RRC/0も交信出来ました。最初にコールサインの一部がレポートとともに返ってきたときは、コールサインの確認が出来ず、相手のログには交信記録が残ってしまっているかもしれないという不安を持ちながら、さらに信号が強くなったときにコールして交信しました。幸い、このバンドはオンラインログには1交信しか記録されていません。つまり最初の交信はNILだったようです。再度コールしておいてよかったという感じでした。

 釣竿に這わせたビニール線とATU、それにQRPの信号でもDXが出来てしまう。DXとQRPで交信するには最低でもダイポールかなという気持もありましたが、チャンスがあればどんな設備でも出来るという感じにも思えます。もちろん設備を良くる努力は必要ですし、相手の受信に依存する部分も大きいのですが・・・。感動でした。

|

« フィールドディ コンテスト | トップページ | 良いコンディション »

コメント

wkdおめでとうございます。
素晴らしいいです。

投稿: TCV/kazu | 2015年8月 6日 (木) 11時19分

Kazuさん こんにちは

ありがとうございます。
某所の設備を使うようになって、八木にハイパワーだと、聞こえていれば出来て当たり前なところもありますが、この設備で交信できたことは大きな喜びでした。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2015年8月 6日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/62028225

この記事へのトラックバック一覧です: JW2US:

« フィールドディ コンテスト | トップページ | 良いコンディション »