« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

さいたま市西区移動(WW-RTTY 2日目)

 前日に目標を達成したので、日曜日は秩父の山に行こうと思っていました。でも、160mチャレンジを頑張りすぎたか、ちょっとゆっくり起きてしまいました。山に行くには遅い時間になっています。リュックに入れたハンディ機を出して、平地移動に切り替えです。運用場所はまず最初に前日と同じ場所を目標にします。(他の車両の駐車などで)アンテナが張れない状態だったらRTTYコンテストはあきらめて、別の運用を楽しむということを考えていましたが、運よく昨日の場所が空いていてくれました。

Loop この日は八木を上げずに6mのデルタループを設置します。赤城山からのKazuさんの記念局運用の情報を聞いていたので、山同士の交信を考えていたのですが、平地移動となってしまってもとりあえず交信だけはしておきたいところでした。設営を行なって6mを聞くと強力に聞こえます。他のバンドに移動する少し前になんとか間に合ったような感じでした。雨もやんだようだと言っていました。山間部の天候はいまいちなようです。

 交信が終わると、そのまま6mをワッチします。山から出ている局の会話を聞きながらコールするタイミングを待ち。数局ログに残せました。常陸太田市の良い運用場所の情報をいただきました。西多摩郡日の出町の移動局は天候がいまいちなので山頂ではなく、駐車場からのQRVと言っていました。秩父方面の山も、雲がかかっていて山並みが見えません。おそらく秩父方面に移動をしたら寒さで早めのCLとなっていたかもしれません。

 その後、RTTYコンテストに再参加です。21MHzのコンディションは昨日よりも良い感じかもしれません。28MHzでもすこし交信することが出来ました。今回はいつものQRPではなく、50W出力で参加しています。交信成立している局の信号のデコード状態を見ていると、なんとなく文字化けする頻度が高くなっているような気がしました。QRPで交信できた信号は強さのバランスを考えれば、相手の信号のほうがはるかに強い場合が多いので、デコードもしっかりと出来ているのかもしれません。50Wほど出すと、相手の送信のときに最初に来る私のコールサインの7K1CPTがUK1CPTになることが多くありました。ナンバーの前後に一回ずつ相手のコールサインをつけることで、正しくコピーされていることを相手に知らせるための良い送信になっているような気がしました。感じたことはメモしておいて、自分のマクロ作成の際のヒントにしたい感じです。

 DX目的のコンテスト参加の局が多いのは当然と言う気もしますが、国内との交信でもポイントになります。積極的に交信したいところですがDXのコンディションが開けているときに国内から呼んでもなかなか相手にされない場合があります。もしかしたら国内コンディションがスキップ気味で届いていないのかもしれませんが・・・。2日目の夕方は7MHzでけっこう国内局でログが進みます。DXもできる相手とは交信し尽くしてきているのかもしれません。自分もそんな感じです。日没近くに7MHzでCQを出すと、国内交信で今まで感じられなかったほどログの進み具合が早くなります。オペレーションの練習にはもってこいの時間帯で大切なチャンスです。国内だけでなく、NA方面の耳の良い局も呼んできたりします。注意が必要ですね。なんどがRITを戻し忘れて「復調しきれないなぁ」なんて思って自分のミスに顔を赤くしてしまったところもあります。まあ、全体の参加者数からみればたいした交信数ではありませんが、立て続けに呼んでいただき、よい練習になりました。(反省点も多々あり)

 呼びまわりをしているときに、ちょっとカーソルの動きがおかしいなぁと思ったらPCがうまく動作しなくなってしまいました。特に送信中にカーソルが飛んだりします。回り込みと思えますが、なぜ突然出てくるのか?どうすればクリアできるのか?まだ解決の糸口がつかめていません。ローバンドのほうが出やすいのだろうか? 昨日は7MHzの運用がほとんどありませんでしたから・・・。でも7MHzにQRVし始めてからしばらくは不具合が無かったのが不思議です。さいしょから同じように不具合が出てくれれば対処の方法を探しやすいような気がします。

 不具合が出てRTTYの周波数を離れ、ちらっとQRV情報を見てみるとE6GGが160mに出ているようです。このままチャレンジしないで帰るのも後悔しそうなので、昨日と同じようにエレメントを追加してワッチしてみます。聞こえません。まったく聞こえません。信号のかけらさえ拾うことが出来ません。スプリットの周波数ではコールする信号もありましたが、やはり聞こえていないような気がしました。1時間ぐらい聞いていて、レポートを送る局が2局ぐらい確認できたのですが、それでもご本尊がいることを認識できることはありませんでした。コンディションが上がってくる期待があまり持てず、明日の仕事のこともあり撤収することを決めました。

 日中のRTTYコンテストの合間に、CWでCQを出していて24MHzで4Kアゼルバイジャンから呼ばれました。18MHzでもCQを出していてEUから数局コールがありました。お互いのレポートはあまりよくなく、コンディションの上昇もいまいちかなという感じがしていました。でも、これから良くなってくれる気体は出来るかもしれません。秋のDXシーズンというとロングパスの季節ではありますが、ダイポールでは信号が2重に聞こえたり、八木を使うとどちらを狙って良いのかわからず、回すのも大変で、苦手なシーズンではあります。でも、交信のチャンスに出会えるといいなぁと言う感じがします。

9/28 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

さいたま市桜区移動(WW-RTTY Contest 初日)

 RTTYのコンテストは久しぶりの参加です。さいたま市西区の荒川土手に行きました。

Yagi 開催時間には間に合わず、お昼ごろに設営完了です。このところハイバンドがいまいちな気がして、八木アンテナのバンド選択を14MHzにしてみました。運用を始めてみると、八木を上げた14MHzよりもダイポールでQRVしている21MHzのほうがログが進みます。選択を間違えたかなぁという感じがしました。28MHzは閑散としていてログが進みませんでした。

 土曜日の交信数は105交信となりました。コンテスト参加の目的のひとつにDX局との交信数を伸ばしてJARLのQSOパーティの90交信をクリアしたいいうことがありました。前日までに27交信してあり、当面の目標は63交信でしたが、夕方になる前にクリアして、その後もログを伸ばし105交信まで進みました。ひと安心といったところです。

 回り込みによると思われるPCのコントロール不能の症状は感じられませんでした。一応RTTY発生・デコード用のPCとログ入力用のPCの2台使用としてやってみました。ログの入力は手打ちによる入力ですのでちょっと面倒ではありますが、カーソルが動かないなどの不具合は交信に直接影響を与えますので、安全策を選択した感じです。結局症状が出なかったので、原因の追究も出来ずじまいと言う感じでした。

 夕方の連絡で日曜日の安いが画定しました。目標を達成できたので、RTTYのコンテストは今日で終わらせて、日曜は山に行こうと考えていました。(結果的には朝寝坊で同じ場所でコンテストの続きをすることになりましたが・・・)コンテストを離れてCWでの入感状態を確認していると、7MHzでパイルアップが聞こえます。Stanの運用しているT2です。7MHzは未交信ですのでパイルに参加。なかなかとってもらえません。そのうち160mにQSYすると宣言がありました。宣言の後に呼ぶべきではなかったかもしれませんが、「交信してくれー」という気持で、このとき初めて/QRP付きでコールし、気づいてもらって交信できました。

 その後は、160mの運用というアナウンスを聞いたのでこのまま帰るわけいもいきません。十字に張った2本のダイポールのうち、太平洋方面に面の向くほうのエレメントに追加のエレメントを取り付けて160mにQRVできるよううに準備します。アナウンスのあった周波数を聞くと聞こえませんが、呼ぶ局はいるようです。まわりをワッチして500Hz上にご本尊を確認しました。信号は浮き沈みがあってちょっと難しいか? それでも可能性がありそうな気がして、出力を50Wに設定して呼び始めます。

 160mは紳士的な運用が残っているバンドといわれていますが最近はそうでもないかもしれません。コールサインの一部を返されても該当しない局がコールを重ね交信を妨げます。これが効率を著しく落としていることに気がつかないのかなぁと思ってしまいます。我先にという気持が出過ぎると、DX側のログが進まなくなってバンドを離れてしまいます。そんなことにならないようにしたいものです。時間を置いてコールが返ってきたJA7の局は拾われても返事をしません。DX側の信号が聞こえていないのにコールしているということか? 聞こえなければ呼ばないという基本的なところが無いような気がします。聞こえなければ聞こえている局の交信の可能性を妨害してはいけないのです。

 7MHzでT2GCの信号を見つけてから2時間。途中アンテナの追加もありましたが、160mの信号を見つけてから1時間以上かかりましたが、なんとか交信できました。(と思います)かなり久しぶりの1-upとなりました。20時に撤収開始と思っていましたが、22時になってしまいました。でも、160mのWKDは嬉しいところでした。撤収を開始し、帰宅したのは24時となってしまいました。

9/28 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

SOTA Entry

 シルバーウィークに運用した2山のデータをSOTAデータベースに入力してみました。まだ、エントリーされている方が少ないので、こんな順位になっています。

Sota_log2 交信いただいた方はチェイサーとしてポイントが出るのだろうと思います。今月のCQ誌に情報が出ていました。興味のある方はご覧ください。

 山をおりてから交信した6mの分は山頂ではないのでupしておりません。6mで山からQRVすることもあると思います。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

愛・地球博コンテスト

 シルバーウィークの最終日は仕事がありましたが、夕方からの出勤なので、日中というかお昼ごろまで無線をやるために朝霞市に移動しました。

Asaka この場所を選んだ理由は帰宅しやすいという以外はありませんでしたが、うまく場所が取れてよかったです。

 愛・地球博コンテストは前夜から開催されていて、23日だけの参加では冷やかし参加となってしまいますが、それでも7時過ぎから参加し始めました。7MHzより上のダイポールと50MHzのデルタループを使っての運用です。最初は14MHzで運用を開始しますが、開けているようでもあまり局数が聞こえず、すぐに7MHzに移りました。スキップ気味のコンディションで近場があまり聞こえず、かといって遠くが交信できてもマルチが伸びずという感じでした。ただ、ずっと7MHzに居座っていると時間を追って少しずつ手前のコンディションが開けてくる感じもありました。

 伸び悩むようになってから21MHzにQSY。あまり期待していなかったのですが、岡山と兵庫の耳の良い局に拾っていただけました。28MHzは近場を数局といった感じです。50MHzでも意外と聞こえました。聞こえたといっても数局ではありますが、全く期待していなかったので、出てみるもんだなぁと言う感じです。6mは、休日なので平地から聞く感じがどんなぁろう?というつもりでアンテナを上げてみたんですが、コンテスト以外の交信も含めてあげておいてよかったという感じでした。

2015_ai_rate2015_ai_point 交信レートとポイントはこんな感じになりました。夜の部があればもっとがんばったかな?まあ。部門はありませんがQRPでの参加なので、自分的には満足でした。

 コンテストに参加しながらも、交信出来そうな他の局も聞いていました。8N13ARDF/1が各バンドにサービスしてくれました。opが友人だったので、見つけるとすぐにコールです。3バンド2モードで交信いただきました。ありがとうございました。 8J190Y/1も各バンドで頑張っているようです。前日に1200MHzでコールいただいたお礼にコールします。(もっともopは違うかもしれませんが・・・)アクティビティが高い記念局ですのでコールも伸び悩みというようなお話だったので、運用場所やバンドモードが変れば呼んでも良いかなと言う感じでしたが、コールが少ないのでやっと取ってもらえたという感じだったかもしれません。7MHz・24MHz・28MHzと3バンドをログインできました。

 あまり頑張りすぎて、仕事中に眠くなると困るので、13時ぐらいには撤収して帰宅しました。前日の三頭山で交信相手が暑いと言っていたことが良くわかる感じでした。車の窓を開け放ち、それでも熱いのでTシャツ一枚になっていました。良い天気はありがたい感じです。天気に恵まれたシルバーウィークと言う感じだったと思います。交信いただいたみなさん、ありがとうございました。

9/24 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

西多摩郡檜原村 三頭山

 おとといに続いて山移動です。奥多摩に行きました。中央高速は渋滞があるかもしれないと思いましたが、まあ想定の範囲内だったかな。ただし、都民の森の開く時間(奥多摩周遊道路のゲートが開く時間)を間違えました。ここにくるときはいつももっと遅い季節だったようです。9時開門と思っていたら8時から開いていたようで、到着すると満車の看板とともに入場待ちの車が並んでいます。こんなところで待っている時間はもったいないので、風張峠の駐車場に向かいます。こちらは空いていました。準備をして尾根に上ります。

Kazahari 尾根道まで登ると案内柱が新しい感じがします。以前は無かったと思います。ずいぶんひさしぶりにここからスタートしますが、整備されているのでしょうね。尾根道を歩いていると、山道を走る方と数人すれ違いました。インストラクターらしい方もいました。最近のはやりでしょうか?私にはそんな体力はありません hi

Sayaguti_3 鞘口峠到着。本当は都民の森に車を止めてこの下から登ってくるつもりでした。風張峠からの尾根道は比較的平坦ですが、ここからは登りばかりが続きます。

Miharashi 途中で見晴らし小屋というのに到着しました。前2回の登山では見たことが無かった。新しく出来たのだろうか?Miharashi2 通り過ぎた先の案内看板。もしかしたら過去は点線の登山道を選択していたのかもしれません。分岐と合流を繰り返す山道なので案内看板は気をつけて見るようにします。

Mitousann お昼少し前に三角点のある西峰に到着。東峰は巻き道でパスしました。この巻き道も初めて通りました。日が差したのは写真を撮ったこのタイミングだけで、3分程度でした。カメラを準備していたときには日陰だったのです。

 山頂の広場は人でいっぱいです。どこで無線が出来るかなぁとうろうろしていて、そろそろ出発かなと思える母子がいたので、そのベンチが空くのを待って場所確保しました。ラッキーです。ベンチの集まっているところからぽつんと離れた場所で無線をやるにはもってこいだった気がします。おなかが空いてしまったので、先に食事をとり、今日は1200MHzからスタート。

Hentenna_2 と思ったら、全く声がかかりません。バンドも静かです。以前はc601の100mWでも立て続けにコールがあったのですが・・・。たまたま聞いている人が少なかったのかなぁ。交信できない時間が続くと不安になり、430MHzにQSY。ほどなくコールがかかりました。さすが430です。SOTAのプログラムをJAでまとめている方にもお会いできました。この方が以前ケニアからQRVされているときに2バンド交信していただいた相手です。CWばかりでしたが、PHONEはもしかしたら初めてだったかも。DX交信、コンテスト、山登りといろいろな方面で活躍しています。今日も静岡の山に行った下山の途中にワッチしていて、わざわざ信号の強くなるところに戻って声をかけていただいたそうです。ありがたいことです。

 21局交信したところで再度1200MHzにチャレンジ。1局呼んでいただいた後はCQ空振りが続きました。そしてやっと声がかかったと思ったら、8J190Y/1でした。記念局から呼ばれるとは・・・ちょっとビックリしましたがopの方は以前交信したことのある方でした。過去に交信できなかったのですが、その方がチュニジアから運用するときに探したことがありました。ML(niftyのフォーラムだったかな?)で情報があり、移動して待機していたことを思い出しました。

 交信は楽しかったのですが、気温も上がらず寒さに耐えられなくなってきました。伊豆ヶ岳で準備していた薄い上着もそのときには使わなかったので置いてきてしまいました。山頂エリアに人が多く、リュックに入れてあったTシャツに着替えるのも躊躇する感じで、湿った服のままだったのが悪かったかもしれません。運用2時間半で終了としました。

 下山の道は登りより気を使います。降りるときのほうが危ないと思います。鞘口峠まではひたすら下り、そこからの登り返しがこの時間帯にはきつく感じます。そこを過ぎればだいぶ楽になりました。駐車場に戻ったのは16時15分。まだ帰宅するには早いかなぁということで、浅間尾根駐車場に移動して6mのアンテナを立てました。

Sengenone 1eleデルタループですが空に溶け込んで見えない写真になってしまいました。リグは車載しているものではなくKX3を準備しました。9月いっぱいはゲートクローズが19時だそうで、それまで運用を行ないました。飛びの良いところに来たときには時間の許す限りV/UHFを楽しむという感じです。バンドをワッチすると誰も出ていない感じがしますが、それでも程なくコールがかかりました。3局目からは重なってコールされるようになりました。時間ぎりぎりまで交信が続きました。

 奥多摩周遊道路のゲートの閉まる時間に余裕を持って下り、数馬の湯に立寄ると、入湯受付の締切まで2分だったようです。こちらもぎりぎりセーフでした。登山客の利用もまばらになり空いている温泉でのんびりした後は帰路に着きます。ここまで遅くなると中央高速も渋滞無しで帰宅することが出来ました。交信いただいた皆さん、ありがとうございました。私的には飛び石連休なので翌日は仕事ですが、夕方出勤なのでのんびり出来るという感じです。

9/23 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

XPOコンテスト

シルバーウィークの真っ最中ですが、仕事がありました。でも、せっかくコンテストがありますので、homeから交信できるだけがんばってみました。自宅から使い物になるのは7MHzぐらいではありますが、6時台には6エリアが聞こえるぐらいで中距離・近距離ともスキップ気味です。しばらく時間が経つと少し交信できるエリアが広がりましたが、それでも、なかなかログが進みません。

 9時ごろに仕事のためCLしましたが、交信数30ぐらいで終了してしまいました。いつもの冷やかし程度ではありましたが、まあ出来たほうかなぁという気もします。仕事が無ければ移動してダイポールを張ればもうすこし聞こえそうな気もしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

Scannavian Activity Contest CW

JARLのQSOパーティ、DX90の足しにしたいと、コンテスト参加を考えて、かすみがうらのリモートにアクセスしましたが、コンディションが上がらず、結局5交信で終了してしまいました。数年前にはQRPにダイポールでもけっこう交信でき楽しめたのですが、コンディションが上がらないと八木に100Wでもログが伸びませんでした。残りの日数を考えるとどこまで伸びるか不安な感じがします。あと10日ほどですが多少でもログを進めたいと思います。

伊豆ヶ岳に移動に行った後にワッチしたので、もしかしたらもっと早い時間は開けていたのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆ヶ岳

 シルバーウィークの中のお休みの一日。久しぶりの山歩きは伊豆ヶ岳を選びました。住居の近接利用駅である西武線の沿線ではありますが、乗り継ぎがあまりよくない感じです。飯能駅で32分も待たされてしまいました。乗り継ぎの良い急行に乗るためには途中駅で何度か乗り換えなくてはならず、朝早く出発した割には時間がかかり難しいところではあります。

Kanban 正丸駅には案内看板があります。今回で4回目ですが前回は10年以上前でした。もっとも最初に来たのは小学校か中学校の遠足でしたが・・・。普段は正丸峠を通過するコースですが、今回は伊豆が岳のクサリ場の手前に直登する道を選びました。

Iriguti 舗装道路から山道に入ります。工事中の看板があり不安になりましたが、先に入っていった人がいたので行ってみることにしました。先週まで雨が多かったので足元がゆるいところもありましたが、もともと日のささない山道なので、あまり変らないかもしれません。途中、踏み跡が見えない場所もありましたがロープもありなんとか迷わず進みました。

Kusariba 山頂の手前には男坂と女坂があり、男坂はクサリ場といわれる岩登りがあります。前回は伸縮ポールなどを持っていたので女坂を選びましたが、今回は設備を全てリュックに入れてあるのでクサリ場にチャレンジです。写真は撮ったのですがわかりにくいので割愛します。

Izugatake 山頂に到着したら写真が優先。でも、太陽の方向があまりよくないので、無線の後に取り直しました。

Hentenna 運用に使用した430ヘンテナ。実際は標識の無いところで運用しました。記憶の中では下界を見下ろせるベンチもあったのですが、山頂広場の周りは木立が成長し、景色は見えにくくなっています。ここまでの行程で景色の良いところはあまりありませんでした。2箇所ぐらいだったかな。クサリ場のところで取った写真を貼り付けます。Kesiki いいお天気でした。

 運用はハンディ機で行ないました最初はVX-8の1W出力でバッテリーのもち具合を気にしながらの運用。どれくらい持つのかチェックしたいところもありました。しばらくして金山移動のKazuさんと交信。ちょっと信号が弱いそうで出力を5Wに上げたらそれまでフル表示だったバッテリーが一気に落ちました。電源の落ちた無線機に向かってすこししゃべっていたようです。おはずかしい。単3電池ボックスに付け替えましたが、こちらも5Wでは持たないようです。尻切れ気味に交信が終わりました。失敗の経験は次回の運用に役立たせるということでご勘弁です。

 無線機をDJ-G7に変えて運用を再開します。後半は5W運用にするつもりだったのですが、やっぱり1Wで運用することにしました。コールが途切れたところで、1200MHzにQSY。アンテナも1200用のヘンテナに付け替えます。相手が送信していただいている間にアンテナを回すと、かなりSの振れが変ります。興味深いところです。

 14時を過ぎて遅い昼食を取りました。すでににぎやかだった山頂エリアには誰もいません。通過する人がたまにいるくらいです。15時まで運用するつもりだったのですが、満足感があったので早めに終了し下山することにしました。森の中は暗くなるのが早いことも考えました。14時30分下山開始。登りに使った道は滑りそうだったので、帰りは正丸峠経由で下山しました。

Eki 16時20分、正丸駅に到着。すでに蛍光灯がついています。電車の本数が少ないのでここでも25分待ち。都心では5分待てば次の電車が来てくれるので、そんなリズムに慣れてしまうと長く感じます。帰宅は18時20分となりました。

 2バンドで40交信をログに残せました。交信いただいたみなさんありがとうございました。今月のCQ誌に情報が出ていますが、IOTAの山岳移動版SOTAに有効な山から運用しました。交信していただいた方はチェイサー(山岳移動局と交信する側)としてもカウントできるようです。近日中にデータをupしようと思います。

9/21 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

シルバーウィーク

 巷では5連休なんていう話も聞きますが、休みの日は逆に仕事になることが多いです。そして今回も、一日おきに仕事がある飛び石連休になってしまいました。ぜんぜん嬉しくありません。

 今日は初日の仕事があり、先ほど帰宅しました。出発前に7MHzを聞いていて、未交信の町村2つをGETしてからの出社で、ちょっとは慰められたかな?という感じでした。

 JARLの90年QSOパーティは先日の移動で、90交信は完成しました。90PXは85まで進み今朝2つ追加できたので、残り3プリフィックスとなりました。一番難しそうな90DXに関しては、まだ20しかできていなくて、残り10日で出来るのだろうかと不安になっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

DXCCクレジットスリップ到着

 ハムフェアで申請していたDXCCの結果が郵送されてきました。

Dxcc1 MIXで275まで進みました。ARRL会員なのですこし安いかな? JARLのフィールドチェックの金額が追加されません。申請だけだと8ドル。クレジットスリップの代金が8ドル。30mもアワード申請できたのですが今回は見送りました。

 申請に使ったQSLでNGが出たのは3枚でした。2枚は自分がDupeでリストに入れてしまったものでした。JTの6mは以前にNGだったと聞いていたのですが、もしかしたらOKになっているかもしれないと思いリストに入れましたが、やはりNGでした。

Dxcc2 ここまで来ると伸びはゆっくりになりますね。300までどれくらいかかるだろう? 

9/16 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

坂戸市移動

 鎌北湖を出発する時間になり、まだ帰宅には早いかなぁという感じでした。鎌北湖から山のほうに進めば黒山展望台のほうに行くこともできますが、携帯電話が通じなくなるのも困るので帰る方向に進んで、途中の高麗川沿いで運用できる場所を探してみるということにしました。行きの道の途中で運動公園という看板があったので運用できるかな?なんて考えていました。

Sakado 左の奥のほうが運動公園で、手前は駐車スペースのようです。写真に太陽が入ってしまったのでちょっと暗い写真になってしまいました。アンテナを設営して7MHzで運用を開始しました。

 みなさん、仕事を終えられる時間帯か? 国内コンディションも良くなってくる時間でもありそうで、けっこう呼んでいただけました。前の2箇所に比べると、山に挟まれているわけでもないので飛びも良いのかもしれません。ダイポールも10mhに上げましたので、その違いもあるかな? 

 日が落ちる頃になって、せっかく来たので出来るだけ交信してみようと思い、7MHzの後に3.5MHzのエレメントを追加して2バンド目の運用を行ってみました。3.5MHzのQRVは久しぶりではあります。最初にバンドを回ってみて、DXからも呼ばれている大きなパイルアップを発見しました。パイルアップの元を探してみると、エクアドルのようです。Sも7つぐらい振ってきて交信の可能性が高そうな感じです。でもパイルアップも相当大きい。自分のDXCCチェックリストを確認してみると、エクアドルの80mはQROでは交信出来ていました。QRPでチャレンジする状態でもなさそうなので、今回はパス。国内を2局呼んでからCQを出し始めました。

 80mでも沢山の方から呼んでいただけました。たまにしかこない場所ではなるべく沢山交信しておきたい気持もありましたが、車の止め位置の関係もあり160mはエレメントがうまく張れません。2バンドの運用で20時過ぎに終了して帰路につきました。坂戸市では思ったよりも沢山の交信が記録できました。150交信ぐらい。やはりアンテナを良い条件で設営できると飛びも違うのだろうと思います。今回は湖沼の2箇所を目的としていたので、坂戸市はたまたま立寄った感じでしたが、その場所が一番交信が多かったという結果になりました。交信いただいた皆さんありがとうございました。蚊の攻撃がちょっときつかったです hi

 1ヶ月以上運用出来なかったこともあり、2日間で無線の運用に没頭してしまいました。シルバーウィークも3日ほど仕事の予定があるので、遠出の難しい感じではありますが、隙間を使ってまた運用したいと思います。

9/16 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘンテナのチェック

 鎌北湖は山の空気が気持ちよくて、運用が終わった後でもちょっとのんびりしようかなという感じでした。せっかく5mhのポールを上げたので、先日加工を終わらせた6mのヘンテナのチェックをしてみました。

Hentenna1 

Hentenna2 VNWAでチェックしてみると、SWR最低点が50.750ぐらいになっていました。(AM仕様? hi) SWR-1.6はちょっと高めかな?という気もしますが、75Ωの同軸ケーブルを使ったので、それのせいかもしれません。もうすこしSWR最低点を下のほうに持っていきたい感じです。おそらく使いどころである50.200あたりでもSWR-2.0ぐらいなので使えないことも無いかなという感じではあります。

 6m-SSBによく出ていた頃はこのアンテナを良く使っていました。自分が最初に作った自作アンテナでしたが、75Ωの同軸ケーブルがあまっていたことと当時もてなかった測定器も手に入れたことで、久しぶりに再現してみようと思い作ってみました。アンテナの状態がよく見えてくるともっと目的周波数に合うように調整したいという欲が出てきますね hi

9/16 記




| | コメント (0) | トラックバック (0)

入間郡毛呂山町・鎌北湖

 みのわだ湖を出発して30分もかからず次の場所に到着です。

Kamakita1 左に行くと第1駐車場、右に行くと第2駐車場です。とりあえず、回れるだけ回ってみようと左に向かいました。突き当たりまで進んで今度は右の置くへ。第2駐車場に向かいました。

Kamakita2 なんとなくのどかな感じです。

Kamakita3 第2駐車場から眺めた鎌北湖。そして駐車場にアンテナを展開しました。

Kamakita4 先ほどMBL-Vがあまり交信できない原因か? せっかくなんで、5mhのダイポールを設営しました。先ほどとは違ってまあまあ呼んでいただけました。30局ぐらいかな。ギボシ接続のダイポールなので10MHzも可能なのですが前日のコンディションを考えると7MHz以外は使い物にならないだろうという判断で7MHzのみで終了しました。交信いただいたみなさん、ありがとうございました。

 山に挟まれたロケーションです。伝播的にきつい相手もあるかと思います。ノイズレベルすれすれで符号が欠落するような信号が聞こえてくることもあります。そんなときは目一杯AFを上げて、なんとかコピーしようと努力しますが、そんなときに限ってオンフレでチューニングする信号が出てきたりします。もうヘッドホンを投げつけたくなるような気分でした。オンフレでチューニングを取ったり電波が出ていることを確認することは、想像以上に迷惑なことです。ちょっとVFOをずらしてチェックすることをぜひ実践していただきたいと思います。

 鎌北湖は観光で来る人のほかにも釣りに来る人も多いみたいですね。予想よりも多い人手に感じました。

 出発する前にちょっと思い出して、アンテナのチェックを行ないました。

9/16 追記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入間郡毛呂山町・みのわだ湖移動

 平日ではありますが、今日もお休みになったので移動に出かけました。ターゲットは湖沼アワードのリストにあるみのわだ沼(湖)にしてみました。近くにある鎌北湖と両方出てみようかと思って出発しました。(結果的には帰り道の坂戸市にも立寄りましたが・・・)

Minowada1 最初のターゲット・みのわだ湖に到着しました。とりあえず手前の駐車場に車を止めて、下見がてら歩いてみます。

Minowada2 釣りとホテル利用者以外はご遠慮くださいと書いてあります。つりは遊魚料をとって楽しませるところ、つまり釣堀なんですね。でも今日はお休みらしく、釣りをしている人はいませんでした。入るなとは書いてありますが車では入らず、歩きだけなので、ちょっと失礼してみます。

Minowada3 一応、写真だけは撮りました。そして駐車場に帰ります。

Minowada4 奥の屋根の向こう側が湖ですので、できるだけ一応近いところで運用という規約には合致しているかなと思います。
ダイポールアンテナを張れるような雰囲気でもなかったので、久しぶりにMBL-Vを持ち出していました。時間帯も悪かったのかもしれませんが、50分13交信でギブアップとなりました。車の前側が公園なので、徒歩移動セットを持ってきてそちらで運用すればよかったかもしれません。今回はバッテリーを持ってこなかったので、こんな感じになりました。平日でもある程度はログが進むかなぁと思っていましたが予想外に呼ばれなかった感じがします。QRP運用ですから、電波の強さもいまいちかもしれませんが、残念でした。

 アンテナを車に放り込んで次の移動場所に向かいました。つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

さいたま市西区移動

 ブログをさかのぼると、35日ぶりの移動のようです。移動運用がメインの私としては、一ヶ月以上移動していなかったんだなぁという感じでした。遠出したい気持もありましたが出発が遅くなったこともあり、さいたま市西区に行ってみました。

Nishiku 自分的な思惑としては、日中は国内交信、日没近くからDX向けという気持がありました。前日に18MHzがクラスターでにぎやかだったかなぁという気がしてそんなことを考えていました。現地に着くとちょっと風があるようなので、八木を上げるのはやめにしてダイポールのみの設営としました。安全第一です。

 お昼過ぎからの運用となりましたが、7MHz-CWではまあまあ呼んでいただけます。よく出ている場所ではありますが、JARLの90周年QSOパーティ(だったかな?)のお陰かもしれません。ただ、他のバンドはほぼ使い物にならない感じがしました。10MHzもあまりにも聞こえないのでワッチする人もいないという感じかな? ハイバンドはコンディション次第なので、開けていなくても仕方ない感じもします。7MHzで一段落すると他のバンドを回って見ますが、成果も無くまた7MHzに戻るという感じです。でも、交信できた相手はhomeで聞く信号よりもかなり強力に感じ、それなりにログが進むことが嬉しい感じがしています。やはりフルサイズのダイポールを張っていると、homeのLWと比べて3倍強い気がします。CQを発見して呼ぶときも反応は格段に違っています。

 季節と時間帯的には近距離に対してスキップ気味のコンディションとなる場所もあります。かなり厳しい信号で呼んでくれる局もあったようです。でもこちらのQRP信号を捕まえてコールしてくれるのですから、送受信のバランスが逆転している?と思えるようなこともあり、不思議な感じもします。(相手もQRPだったのか?)ハイバンドでしかつながったことの無い6エリアの局が7MHzで交信できたことなども考えると、ハイバンドで国内向けに有利な6エリアあたりでもハイバンドの成果があがらず降りてきたのかな?と想像させてくれたりします。ログを進めることでいろいろなことを考えさせてくれたりしますね。

 ハイバンドを回るのは国内向けというだけではなく、DXの入感があるかどうかのチェックにもなります。IOTAのNEWを2つほどGETできました。もっともQRPでチャレンジできるほど強くなかったりしますので、50WにQROしてコールしたりしました。発電機をエコモードのままでQROすると、キーイングに合わせて発電機があおります hi しかし日没になっても期待したほどDXの信号が聞こえてこない感じです。18MHzでは50WでCQDXも打ってみましたが、コピーの厳しいUA3が2局と9Aだと思われる信号がひとつ。どうもログを進められるほどのコンディションにはならない感じで、CQもあきらめました。

 一ヶ月と少しの間、homeから呼びまわりの交信はありましたが、移動でログが進むのはやはり違った楽しみがありました。なによりも呼んでいただけることが嬉しい感じです。100交信をすこし超える交信を記録できました。交信いただいたみなさん、ありがとうございました。

9/15記

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

買い物

Book 仕事に行く途中で秋葉原に立ち寄り、購入してきました。

 ハムフェアで見たのですが、荷物になりそうなので本は後回しでも良いかなという感じでした。アンテナを作る本は、だいぶ古い記事を集めているようです。HAMに夢中になりながらもまだ試行錯誤の積み重ねの時期にかかれたものが多いようです。参考にしてみたいと思います。

 まとめて買うといい値段になってしまいますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

88888

88888 だからどうした?という感じかもしれませんが、縁起が良いかも?ということで・・・。仕事前でしたが、homeから呼べる信号を片っ端から呼んでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月10日 (木)

常総市

 台風の被害は、予想をはるかに超えるものでした。何度か移動に行ったこともある場所の付近でもあり、一日も早い復旧とみなさんの無事を祈りたい気持です。近い場所に住んでいるハム仲間は無事なのだろうかと心配になったりします。

 長い仕事が一息ついて、9日・10日と2日間お休みになっていました。移動に出かけたいと思いながらも天候不良であきらめましたが、テレビをつけるとそれどころではない状態になっています。天気予報の雨雲の動きを見ると東京練馬区も不安なところはありましたが、こちらは雨が強いだけで済みました。でも2日間のお休みもまったく家から出なかったという状態でした。リグのスイッチを入れてもあまり聞こえてこない感じです。コンディションもあまり良くないと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 9日 (水)

QRPスプリント 賞状到着

Qrp_sprint 実際には2日ほど前に到着していたようです。運営ご苦労様でした。宿泊仕事などで、なかなか時間もとれず、ポストも確認できない感じでした。

 ハムフェア「QRPの里」で結果速報を発表していました。でもちょっと奥のほうだったので、発見しにくかったかもしれません。それでも、中まで入ってきて自分の順位を確認している方もいらっしゃいました。来年も速報があるようなら、もうすこし見やすいところに張っておいたほうが良いかもしれません。今年は展示資料を沢山送っていただいたので、壁面は一杯の状態でした。ありがたいことです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QSLチェック完了

 やっと終わりました。ハムフェアは終わってから、仕事も続いていて、寝る前とかの隙間時間を使ってチェックを行い、SWLに返信するQSLも準備できました。発送は運用を行なったQSLと一緒になりますので、次回1ヵ月後ぐらいの発送になると思います。

 けっこう拘束時間の長い仕事が続いていました。途中休みがあっても雷雨の予報や台風の影響などで移動する元気も出ず、ハムフェア終了後はまだ3交信しかログに残せていません hi 天候が良くなってくるといいのですが、タイミングが悪いことも多いようです。ちょっと遠出して無線に没頭したい気分ではありますが、今週末も仕事があるし、あまり遠くにはいけそうに無い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

QSLの受け取り

 JARLからのQSLを受け取ることが出来ました。実際には8月の29日に届いていたようですが、朝早くて夜遅い仕事が続いていて、受け取ることが出来ませんでした。隣家に預かっていただいたのですが、やっと会えました。

Qsl1 いつものダンボール箱に「信書」というシールが貼ってあります。

Qsl2 転送された量はいつもと変らない感じです。今日は予備日でしたが召集されなかったので、久しぶりのお休みとなりました。(朝早く夜遅い仕事が続いているので久しぶりと感じているだけかもしれませんが・・・) あと1週間ぐらい頑張らないとQSLのチェックに手が出せないと思います。でも、ちらっと見ただけですがSWLカードも入っていたので、なるべく早くチェックは済ませるようにしたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »