« ALL JA | トップページ | 8J1ITU 参加 »

2016年4月30日 (土)

アンテナ修復

 アンテナ修復といっても自分の設備ではありませんでした。友人のhomeにあげてあるHEX-BEAMが傾いている。修復の手伝いを求められ、4/30・5/1が休みとなったことで、行ってみることにしました。
 お手伝いというつもりだったのですが、結果的に自分が屋根に上り、修復することになりました。上がってみてわかったことは、支柱とアンテナを止めているボルト・ナットが4本のうち2本が外れていて、残りの2本も緩み、その緩んだ状態でアンテナ自体が傾いている感じでした。アンテナの重みでかろうじて残った2本のボルトが曲がっていなかったことで、締め直しとナットがなくなったところは新たに取り付けて、修復は思ったよりも早く終わりました。
 屋根の上はなだらかに見えたのですが、予想外に滑りやすくちょっと怖い感じでした。安全帯もつけていたのですが、支えに取り付けるまでは不安です。登山用の靴を持って行ったことは正解だったかもしれません。
 
 翌日から始まる記念局・8J1ITUの運用のためにかすみがうらに移動。そしてそこで待っていたのは、先日遊びに行ったときにモグラにかじられてずたずたになった160mバンドのエレメント交換。今度はクランクアップタワーに上がることになりました。作業場所は地上高5mぐらいですが、やはり怖い感じですね。でも無事修復も終わり、ひと安心となりました。
 日が落ちてからは、バンドコンディションを把握するためにあちこちのバンドをワッチ。どうしても交信したいというところは聞こえてきませんでしたが、飛んでるチェックもかねて呼び出ししてみたりしました。160mのダイポールは1.86MHz程度が中心周波数となりましたがATUで1.8と1.9の両方で整合しやすく、良い状態になったような気がします。
 
5/2 記

|

« ALL JA | トップページ | 8J1ITU 参加 »

コメント

修復作業、お疲れ様です。160mでのITUとの交信が楽しみになりました。

屋根の作業には地下足袋(生ゴム底)が良いですよ。

投稿: UBL/Ken | 2016年5月 3日 (火) 11時14分

Kenさん こんにちは

頻繁に屋根に上がるようなら地下足袋も準備しておいたほうがよいアイテムですね。ちょっと固いですが滑りにくい登山靴は持って行ってよかったと思いました。逆に硬かったおかげでかすみがうらのタワーに登ったときは良かったのかもしれません。

ITUの160mは私も交信したいです hi

投稿: 7K1CPT/Yama | 2016年5月 3日 (火) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ修復:

« ALL JA | トップページ | 8J1ITU 参加 »