« さいたま市西区移動 | トップページ | 副賞 »

2016年11月 4日 (金)

QSLカードの受け取り

 10/31に手にしていたはずのJARLからのQSLを練馬郵便局まで行って受け取ってきました。夜間に受け取れないのは、私にとっては大きなサービス低下となってしまうのですが、豊島区ではまだ24時間受け取れるようです。地域によって差があるのはちょっと困ります。たまたまですが、明日から4日ほどまた仕事で自由な時間が取れなくなると、保管期間が過ぎてしまいます。どうしても今日受け取っておかなければ・・・という感じでした。世間では長時間労働が話題になったりサービス残業・ブラック企業などという言葉が広がっていますが、郵便局の夜間受け取りサービスの廃止はこれとはちょっと違うと思えます。いつ受け取りに行ってもお客さんとすれ違います。それだけ郵便物を昼間に受け取れない人が多いのですから、考えてほしいものです。
 さて、受け取った箱はいつもより軽く感じました。
Img_00582 蓋を開けてみると高さはいつもと変わりないようです。
Img_00592  クッションの紙を取ってみるとなんと2列でした。軽いわけです。
Img_00602  横にして入れてみると半分ぐらいかな。なぜゆうパックを使わないのかなぁと考えてしまいますが、もしかしたら、過去に紛失事故があったので、直接受け取れる小包にしてくれているのかもしれません。JARLの配慮なのかなぁと思いました。もっとも、郵便事故があったのは受け取る以前の配送中の問題だったようですから、あまり意味がないのかもしれません。
 中身についてはまだチェックに時間がかかると思いますが、DXCCのバンドNEWが2枚ほど、IOTAのNEWが1枚ありました。W1AWのQSLも、どさっと入っていました。話題の「疑惑のSWLカード」もありました。その部分のログを見てみたのですが、時刻の前後1時間以上EUとの交信が記録されていませんでした。当該バンドでEUの奥まで電波が届くような時間帯ではなかったと思えます。 ましてや、8バンドの短縮GPアンテナで私のQRP信号をキャッチした?のは神業の持ち主かなぁと・・・。もっとも、電波の届く可能性はゼロパーセントではないと思います。3B8MUには届いていますからね。でも、このFからのSWLカードの信ぴょう性は限りなくゼロパーセントに近いような気がします。
備忘録
 発電機を修理に出しました。もう一度くらい自分で各部の再確認をしたいと思ったのですが、復活が遅くなると困るかもしれないことと、WEBで調べたら意外と近いところに修理してくれるところがみつかりました。

|

« さいたま市西区移動 | トップページ | 副賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/64443660

この記事へのトラックバック一覧です: QSLカードの受け取り:

« さいたま市西区移動 | トップページ | 副賞 »