« さいたま市浦和区移動 | トップページ | QSL送付 »

2016年12月17日 (土)

さいたま市西区移動

 午後から呼びまわりを中心に考えていて、アンテナの設営方向がが比較的自由なさいたま市西区に行ってみた。運用場所は空いていて早速設営を開始。EU/OC向けのつもりでダイポールを展開したものの、ハイバンドのコンディションはあまりよくなく、アンテナ的には横方向のHSやXWがなんとか交信できたぐらいで、パッとしない感じだった。
 国内は7MHzで3局、10MHzで1局。ですが7MHzも落ち込みというかスキップなのかな?閑散としている時間が長かったような気がします。友人からJR3ELR/6が出ている情報をもらい聞きに行く。QRP仲間で長年刺激をいただいている人なので交信したい気持ちはあったもののコールサインが取り切れないような信号ではさすがに呼べない。でも時間とともになんとか聞こえるような信号になってきた。同じQRPの出力で電波を出しているだろうという思いと相手のほうが受信環境が良いはずだという考えでコールする。ほどなく拾ってもらうことができた。ハムフェアの「QRPの里」にも参加していただいている。今年お会いしたときは、指先のしびれでキーイングがミスタッチしてしまうと言っていたが、良くなってきているのではないかと思わせてくれた。来年も元気な姿を見せてほしいと思った。
 日没前にローバンドのアンテナを追加する。遠くに見える富士山が今日は大きく感じる。夕焼けが雪面に当たりピンクがかった朱色の幻想的な光を放っていた。望遠のついた一眼レフを持ってくればよかった。時間とともに、影の部分が多くなっていって、朱色の部分とのコントラストが印象的だった。快晴で夕焼けが見え、冷えていないとみられない景色は無線の手を休めさせてくれる。
 80mでは国内3局交信できた。南米の信号もとらえたがパイルがすさまじくあきらめてしまった。中国地方のハイパワー局が拾われて、その時相手が送ったレポートが559だった。50W程度では気がついてもらえなさそう。さらにエンドレスのコールでご本尊がかき消されてしまう。交信できるチャンスはなさそうな気がした。
 160mに打って聞こえている局を呼び、その後CQも出してみる。呼ばれ始めるとまあまあ良いペースでログが進んだ。その後80mに戻りCQ。さらに160mのリクエストをもらい再度160mへ移る。翌日の仕事が早いので20時頃に運用を終了した。それでも100交信することができた。呼びまわり中心だったこともあって。入力時にバンドNEWと確認できた交信も8つぐらいはあったと思う。たくさんの交信をありがとうございました。
12/19 記

|

« さいたま市浦和区移動 | トップページ | QSL送付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/64643622

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市西区移動:

« さいたま市浦和区移動 | トップページ | QSL送付 »