« アンテナ作り | トップページ | 埼玉県羽生市移動 »

2017年1月15日 (日)

邑楽郡邑楽町 多々良沼移動

 毎年恒例(昨年は悪天候が予想され中止となった)の多々良沼フィールドミーティング。真冬にわざわざ屋外で集まる元気な人たちの集まりです。いつも元気をもらっています。今年は朝のニュースで前橋が1cmの雪とのことで、悪天候の可能性も覚悟したんですが、空気は冷たいもののお天気は晴れとなりました。
 
 いつもは夜明けと同時に出発して、別の場所で運用してから会場に行っていましたが、今年はちょっと元気がなかったか?直接行ってしまいました。先についていた方が「7MHzの飛びがいまいちなのでアンテナ張ってよ」という声がかかり、早速昨日準備したアンテナを設営しました。
Tataranuma 右の車から10mの釣り竿で上にあげ、横に向かって引っ張ります。エレメントの半分を垂直、残りの半分を水平に展開した逆Lアンテナです。同調部分の写真を取り忘れました。3.5MHzでも合わせられるように大きめに作ったコイルは大きすぎたようで半分ぐらいショートさせたところでSWR-1.2ぐらいとなり、同軸ケーブルを延長してテーブルに持っていきました。5mほどの延長コイルバーチカルと比較してみるとSの振れも強くなりました。ちょっと安心した感じです。
 
 その後、2mのヘンテナも組み立てました。
Tataranuma2  FT-817のSWRメーターで同調点を探り、最低点に調整することができました。交信には使っていませんが、周波数の近い航空無線をワッチしてもらい、所沢の信号がSメーターを振らして聞こえているので、期待できそうと教えてもらいました。
2m_hentenna 同軸ケーブルは75Ωの廃材を使用しています。家にあった材料だけで作ったもので、新規の予算は0円でした。
 
 ミーティングはいろいろなお話しを聞いて元気をいただきました。アメリカに6年ほど赴任していたVQVさんは久しぶりにお会いできました。お話のほかにもお土産までいただいてしまいました。Miyage 左側のガラスは電柱の上部に差し込んで使う碍子だそうです。本来の使い方をすることはないと思いますが、なにかアイデアが浮かんでこないかなぁなんて考えています。
 
 この後はいつものように弁天様に初詣。アンテナは撤収せず、解散の後はすこし運用して飛び具合を確認してみます。
Inv_l  そろそろ開けてくれるかと思っていましたが、近いところはスキップ気味のようです。4・5・6・8エリアから呼んでいただけたものの、14交信ぐらいで運用を終了しました。このようなコンディションの時には、自分がCQを出していてもスキップゾーンから新たにCQが出てきたりします。こちらの信号が聞こえないのかもしれません。QRP/5Wの運用ですから、これも仕方ないのかもしれません。
 
 もう少し交信したいなぁ。でもこの場所で80mのアンテナを展開するにはちょっと厳しいかなと思い、日没までに設営を完了できそうな場所へ移動することにしました。
1/16 記

|

« アンテナ作り | トップページ | 埼玉県羽生市移動 »

コメント

どうもお世話様でした。
遠くからわざわざ来ていただいて、感謝です。
また機会があればよろしくお願いします。

投稿: tcv/kazu | 2017年1月16日 (月) 23時34分

Kazuさん こんにちは

いつも、企画をありがとうございます。
出かけるきっかけを作ってくれている感じなので、ありがたいです。
寒い季節は移動のモチベーションが下がり気味ですが、良い機会をもらっています。
またやりましょう。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2017年1月17日 (火) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/64771975

この記事へのトラックバック一覧です: 邑楽郡邑楽町 多々良沼移動:

« アンテナ作り | トップページ | 埼玉県羽生市移動 »