« 藤岡市 東御荷鉾山 移動 | トップページ | 群馬県前橋市移動 »

2017年6月10日 (土)

多野郡神流町 西御荷鉾山 移動

01 西御荷鉾山に向かう登山口はわかりやすい看板があります。車を停めた場所からの登りは直登というイメージで、こちらからのぼると緩やかに尾根道を進むようなイメージでいましたが、登り始めてみるとそれが間違いであることに気がつきました。投げ石峠でゆっくり休憩をとりましたが休みすぎてしまったかもしれません。
 
 登り始めるとすぐに長い階段。階段が終わっても上り坂は急坂に感じます。足が前に進まず、少し歩いては休憩、少し歩いては休憩。途中でおなかがすいてきて、森の中で昼食をとってしまいました。登山口の看板には山頂まで50分と書いてありましたが、結果的に1時間20分もかかってしまいました。余計にかかった30分は休んでいる時間がそれだけ多かったようです。
03_2 石像の向こうに景色が開けているようです。山頂かな? そこまで進むとやっと記憶にある景色が広がりました。04_2 広い山頂の向こう側に山頂標識があります。
05_2 山頂の標識は新しくなっていました。以前来た時からだいぶ時間が経ってしまったようです。以前の標識は神流町になってからもしばらく旧町名が書いてある看板でした。
06_2  独り占めの山頂でベンチもお借りして設営を行いました。藤岡市側から吹き付けてくる風が強く、6mのヘンテナでは倒れそうな気がして、2mのヘンテナにしました。13時15分からSSBで運用開始です。
 
 平地では夏日で暑いという話になりますが、こちらは風があたって鳥肌が立つぐらいです。ウインドブレーカーを着ましたがそれでも寒く感じました。
 
 運用の最初のほうでクラスターにupしても良いかと聞いていただいた方がいらっしゃいました。クラスターにあげていただいたおかげで、以前8J1VLPの運用で一緒にこの山に登った友人が気がついてコールしてくれました。なんだかうれしい交信になりました。ただお互いQRPでやっと聞こえるぐらいの信号強度で、アンテナを手で回して上下の角度も調整しながらの交信。たいへんではありましたが楽しい交信でした。
 
 長話になるとその後はCQが空振りします。ちょうど良いタイミングと撤収を決めました。思った以上に寒く体が冷え込みました。交信数は17。でも充分満足できました。
 
07_2 下山途中で見下ろせる駐車場。25分ぐらいの下山路でした。15時に駐車場に到着。撤収と休憩。 お休みはあと一日あります。さて、これからどうしようか? 西上州の山をもう一つとも考えたのですが、下調べをしていませんでした。2つほど気になっている山はあったのですが、はやく下山したので、ちょっと移動距離はありますが赤城山の荒山に行くことにして、登山口の森林公園にいくことにしました。スマホのナビゲートだと温泉に立ち寄っても日没前にアンテナの設営ができるかな?なんて考えていました。
6/13 記

|

« 藤岡市 東御荷鉾山 移動 | トップページ | 群馬県前橋市移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/65404934

この記事へのトラックバック一覧です: 多野郡神流町 西御荷鉾山 移動:

« 藤岡市 東御荷鉾山 移動 | トップページ | 群馬県前橋市移動 »