« 6m and down contest | トップページ | IARU HF Championship Contest »

2017年7月 8日 (土)

茨城県行方市移動

Namegata 霞ヶ浦の周辺で移動ということは、かすみがうらのシャックに行く前後の時間調整ということが多いです。この日もそんな感じの運用です。ハイバンドの国内コンディションを期待してワッチしますがやはり18MHzぐらいしか開いていないようでした。それでもCWで6交信で呼び出しもなくなり、空振りCQになってしまいます。バンドスコープではPHONEのほうがにぎやかなので、声を出すほうにしてみます。CQを出している局を見つけて呼び出すと競合局に呼び負けてしまいます。CQを出す側になると、パラパラとよんでもらえることもあり、8局ほど交信できました。交信している最中に1KHzほどかぶりが出てきます。相手にはこちらの信号が聞こえないのか? 出ている気配も感じられないのか? こちらではかなり聞きにくくなるのですが・・・。 周波数を合わせてみると、S-9の強力な信号でした。でもこちらの信号は存在を感じさせないぐらい弱いのかな? 7MHzのような周波数を少し重ねて運用を始めるのはあまりなじまないと思うのですが・・・。コンディションが急変したと思いたいところですが実際はどうなんだろうなぁ・・・。
周波数を14MHzにしてみますが、こちらはかろうじて3エリアから1局呼んでいただけました。信号は強力でした。 聞いている人がいなかった感じかな。
10MHzに下りてみるとまあまあ呼んでいただけました。そして7MHzで呼び回りを始め、1局交信できたところで携帯電話が鳴ります。近くまで来ているとのことでこちらも撤収を開始します。合計で30交信ほどログに残すことができました。交信いただいた皆さん、ありがとうございました。
7/11 記
 

|

« 6m and down contest | トップページ | IARU HF Championship Contest »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/65519254

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県行方市移動:

« 6m and down contest | トップページ | IARU HF Championship Contest »