« ARRL 10m DX Contest 結果 | トップページ | 発電機復活 »

2017年12月18日 (月)

埼玉県富士見市移動

 このところ週末は仕事になることが多くなっています。日曜日もイベント会場の中に缶詰め状態でした。代わりに平日休みが取れたりするんですが、無線のように相手が必要な遊びでは相手をしてくれる人が少ないというのは影響が出てきます。

 
 こんな原因もあり、月曜代休です。年末で残り半月を切ったということもあり恒例の墓参り(掃除)に行ってきました。場所が所沢なので行きは高速を使いますが帰路は下道を使います途中立ち寄ってアンテナを設営してしまいます。富士見市は墓参りの後に立ち寄ることの多い場所になってしまっています。
 
 南畑のいつもの場所は駐車する車もなく停めやすかったんのですが、不法投棄の粗大ごみがたまっていました。残念なことだなぁと思いながら空いている場所に駐車してアンテナ設営。発電機を動かそうと思ったらいうことを聞いてくれません。前回は一発始動だったのですが・・・。何の兆候も感じられず動かなくなるのはちょっと困ります。そろそろオイル交換の時期かもしれません。とりあえず運用するのはいつものQRPなので、バッテリーでも大丈夫かなという感じで運用を始めました。
 
 運用を開始した直後にトラックが横付けされます。何だろう?と思ったら不法投棄の粗大ごみを回収する業者さんでした。場所を開けるよう言われるかと心配しましたが特に移動を命じられることもなく作業は終了し、あたりはきれいなスペースになりました。ありがたいです。
Fujimi  きれいになった運用場所は気持ちが良い感じです。さて運用のほうですが、7MHz~18MHzぐらいまでジーというノイズが出ています10MHzから上は無線の信号も聞こえず寂しい感じです。7MHzはかろうじて信号が聞こえます。CQを開始してもなかなか呼ばれず、やっと呼んでくれた沖縄の局の信号も弱い感じです。1局ログインした後もCQ空振りが続き、その後同じ周波数で弱いCQが出てきました。こんなに空いているのになんで同じ周波数に出てくるんだろう?という感じですが、相手にはこちらの信号が聞こえていないぐらいコンディションが悪いんだろうなぁという感じでした。周波数を変えて再度CQを出し始めます。粘ってCQを続け、なんとか10局ほどログインできました。交信できた相手は遠距離の局ばかり。3・7エリアから近い局は一局もログインできずでした。
 16時ごろ、早めに3.5MHzにQSYしますがこちらもノイズレベルが高い。レーダーとか一般人には手の出せない領域のものが原因なのだろうか?CWのバンドエッジからSSBの周波数まで広がっています。そんな中で聞こえていた局をコールし、10分ほどラグチューできました。コンディションによってはノイズレベルを超えることのできる局と交信できるかとこちらもCQを開始。ぽつりぽつり呼んでもらえます。過去に交信したことのある方がほとんどなのですが、年末のご挨拶のような気分でQSOを重ねていきました。
 
 HLからコールをもらいました。別に特記するほどの地域ではないのですが・・・。最初の局HL2SAと交信。ほどなくHL2SBがコールしてきました。そして直後にHL2SC。あれ?もしかしたらご家族かな?順番に呼んでくれている?平文を打っても反応してくれそうにないですが、みんなでワイワイやっているのかなぁ?なんて考えてしまいました。そのうちHL2S・・・。お?まだ続くのか?と思ったらサフィックスはSQに飛んでしまいました。いつまで続くかと思ったのですが残念ながらこれでおしまいになってしまったようでした。コールの近い局からの連続呼び出し。ちょっと珍しいかもしれません。
 
 アンテナを合わせ、1.9MHzにQSY。最初は1.8MHzを聞いてみました。信号が聞こえたので聞き続けましたがDX側の信号は無感状態で、確認することができませんでした。1.9MHzに戻りCQ開始。こちらも重なることも少なく1局ずつ呼んでもらえるような感じでした。後でJ-クラスターを見たのですが、どちらのバンドも情報がUPされていたようです。今回の運用ではUPされた気配を感じませんでした。できるだけ年末のご挨拶を含めて運用を重ねていました。それができるぐらいの呼ばれ方だったという感じです。
 
 ノイズの状況はどうかな?と3.5MHzに戻ってみたもののノイズは相変わらず。ノイズの弱くなるところを探して上のほうに動かしていくと、3.560付近からちょっと少なくなっているようです。3.575付近に沢山の信号が見えましたが、いまはやりのFT-8なのかもしれません。ノイズの少ない空き周波数でSSBでもCQを出しました。私のCQに対して呼び出しをしてくれる局の信号はみなさん強力です。S-9+20dBは当たり前のような感じです。輻射効率をよくするためフルサイズダイポールを張っていますが、それでもこちらの信号をしっかりととらえてくれる皆さんの耳は良いなぁと感心します。
 
 ログは99交信を記録することができました。交信いただいた皆さん、ありがとうございました。
12/19 記

|

« ARRL 10m DX Contest 結果 | トップページ | 発電機復活 »

コメント

山田さん、昨日は3.5MHzでのCWとSSBによる2モードQSO有難うございました。ここ30数年、SSBのQRPオンリーでやってきたのですが、昨年のCQ誌70周年記念アワード達成を期に他のモードもボチボチと始めました。(笑) 今後共宜しくお願いします。

投稿: JA3PZM/YASU | 2017年12月19日 (火) 13時04分

Yasuさん、こんにちは

2モードでの交信ありがとうございました。
QRPクラブに所属していた頃からコールサインは頭に焼きつけていましたが、なかなか交信の機会がなく今年になってたくさんお相手いただきました。7/SSBで呼び回りを聞いたのは20年くらい前だったかもしれません。

SSBも嫌いではないので、たまにCQも出したりするんですが、2KHz重なっても平気で出てくる環境ではなかなか持続が難しく、全国とつながるバンドでは成果も伸び悩みです。

また、いろいろなモードでよろしくお願いいたします。

投稿: 7K1CPT/yama | 2017年12月19日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/66175641

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県富士見市移動:

« ARRL 10m DX Contest 結果 | トップページ | 発電機復活 »