« アンテナチェック | トップページ | 6m & down 賞状到着 »

2018年2月 3日 (土)

コソボ、交信できず。

 このところ、立て続けにさいたま市西区に来ています。DXCCのニューエンテティとなったコソボの運用となんとか交信しておきたいという気持ちがありました。先日、14MHz・ダイポールで聞いた信号ならば少しゲインのあるループにすれば交信できるかもしれない。タイトルに書いてしまったので結果は出ているんですが、結果的には交信できませんでした。14-CWには出てこなかった。ロシアのコンテストのようで、そろそろ聞こえてくるかと思った頃にはロシアの信号で、14.040ぐらいまでいっぱいになっていました。嫌な予感がしたのですが・・・。代わりに10MHzに出てきたようですが、信号が強くならずに呼べる雰囲気もなく・・・。コンディションの上昇を待っていましたが信号が消えてからは一向に上がってきませんでした。時折スプリットの周波数でコールする信号が聞こえましたが、レポートを送る様子はありません。そこにZ60Aはいたんだろうか? 14MHz-SSBにもいたようですがしっかり復調できず。スーパーステーションも交信できていないようなので、コールすることもなく終わってしまいました。最終日の明日は仕事もあり、今回の運用ではあきらめました。
 
Nishi
 話が前後しますが、先日測定してほとんどのバンドの中心周波数が下側に出ていたので、とりあえず1ヶ所エレメントを縮めて再度測定することにして設営しました。ところが、今度はすべてのバンドの中心周波数がバンドの上側になっています。おかしいなぁと思い、OKだったほうにアンテナに変えてみると同じような状態。どうやら14MHzるーうが影響しているようです。次の機会にもう一度測定することにして、一応各バンドが使える範囲だったので、少し運用もしてみました。
 
 7MHzで呼び回り。CQ誌の今年のアワードもあるので、10局はCQを出している局を呼び、その後、10MHzでCQを出してみます。やっと7局交信し、14MHzでも1局呼ばれて交信できました。まだ10局に届かないので7MHzにQSY。数日前にこの場所でCQを出しているので、あまり期待はできないかなと思いましたがぽつぽつ呼んでもらえてノルマもクリアできました。
 
 夕方近くなって、コソボを待ちながらあちこちバンドをワッチしてみます。18MHzが少し良いみたいです。JT・3D2・UA(EU)などちょっと交信できました。14MHzではP29・JD1、10MHzではVK。珍エンテティではありませんがちょっとうれしい感じです。18MHzで千葉の某局が3B9と交信できています。コールしようと思ったら、別の局がやたらとRTTYをリクエストし始め、NOと返事をした後に消えてしまいました。残念でした。
 
 DXペディションを狙うとなると、ロケーションの良い場所に来てしまいますが、国内交信を意識して別の場所にも行きたくなってきました。3Yの大型DXペディションもあるし、休みになったらまたここにきてしまうかもしれません。ただ、3Yはかなり厳しそうな気もします。
 

|

« アンテナチェック | トップページ | 6m & down 賞状到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/66354158

この記事へのトラックバック一覧です: コソボ、交信できず。:

« アンテナチェック | トップページ | 6m & down 賞状到着 »