« A1クラブ 20周年記念アワード | トップページ | さいたま市西区 再び »

2018年8月18日 (土)

さいたま市西区移動

 このところ、DX交信がめっきり減っています。前回のDXレポートでは2交信のレポートしか書けませんでした。ターゲットとなるIOTAの運用もあることだし、久しぶりにのんびり運用してみようと思い、午後になってさいたま市西区に行きました。
 
 アンテナが上がっていないようで土手の上に上がってみると、車にアンテナを付けた方が無線機を操作しています。近づいて声をかけてみるとCBerのようで、北海道が入感していてコンディションが良いとのこと。ちょっとお話をしたうえで、少し離れたところにアマチュアのバンドで運用することをokしていただきました。
 
Nishiku 主軸を14MHzループとして、他はダイポールというスタイルです。14MHz-CWではロシアのコンテストが開かれているようです。信号はたくさん聞こえますが呼べない。そんな中でIOTAの移動で沢山のNEWを提供しているVK5MAVが自宅からCQを連発していました。コールすると早速応答があり、設備紹介なども含めてFBな交信ができました。SSBではFK8QXが強力に入感していて交信できました。名前も教えてくれました。フォネティックコードで8文字も言われるとちょっと焦ります hi
 
 7MHz-CWではTX5Tが聞こえていて交信できました。日が高いうちに交信できたのはちょっと意外でした。
 
 日が落ち始めて、やっとYB3MM/8を発見し交信できました。OC-213はNEWとなりました。
もう1局交信したかったRT65KIは島への上陸が遅れているようで、今日の交信は無理かなという感じでした。
 
 オストラルはDXCC的には80m~10mはCFM済ですできれば160mが欲しいなぁと思い、長くワッチしていました。早い時間はカスカスで呼ぶに呼べません。1.831で送信して、NAの応答を待つときはUPと打ち、JAを拾うときはDOWNと打っています。JAも好意的に拾おうとする姿勢も見え好感が持てます。なんとか交信したいなぁ。DXクラスターには24時JSTを過ぎたレポートもあるので、長期戦になるかなぁと思っていましたが、22時過ぎに突然QRTと聞こえました。送信が停止される間際にtomorrowと聞こえたような気がしました。明日もチャレンジしてみるか・・・。TX5TがQRT宣言をして信号が聞こえなくなった後も、JAの送信可能周波数で送信を続ける信号が続いています。「QRT」が聞こえなかったのか?あきらめたくない気持ちが強かったのか? こちらは早々にギブアップして手集を開始しました。
 長く聞いていた割にはログインできた数はJAも含めて7交信のみでした。
8/21 記

|

« A1クラブ 20周年記念アワード | トップページ | さいたま市西区 再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/67079770

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市西区移動:

« A1クラブ 20周年記念アワード | トップページ | さいたま市西区 再び »