« 土曜日 | トップページ | フィールドディコンテスト »

2018年8月 4日 (土)

フィールドディコンテスト 設営編

 JARLコンテストの規約で「コンテスト参加を目的として常置場所以外に移動する局」は運用場所の変更が可能であることをつい最近知った。規約の書き方自体に問題があるように思うことはおいておいて、その利点を利用しようと考えてみた。(結果的には2点からの運用はしなかったのだが・・・)

 目的地に選んだ場所は埼玉県児玉郡神河町・石間峠。スタートからHFの運用を重視し、日曜は城峯山の山頂からV/UHFの運用を行い局数を延ばす。峠からのV/UHFの飛びがいまいちなのをカバーする形を考えていた。

 まあ、バッティングすることはないだろうと思っていたが、お昼前に出発し、13時頃から設営を開始。3.5/7MHzのダイポールを上に置き、下にハイバンド用の3バンドダイポールを準備するつもりだった。設営終了後に何をするか考えていたときにWARCバンドの運用を思いついてしい、3バンドダイポールをギボシダイポールに変更してしまった。

 設営の途中で、3.5/7MHzのダイポールがコイル部分で切れてしまい、コイルが落下。嫌な予感である。とりあえず、応急処置をして設営を行う。ワイヤーが切れるのはよくあることで、カッターで被覆を剥いてねじ止めする。コイルをカバーするタッパウェアが割れてしまったのは予想外だった。100円ショップで3個セット。安いものではあるが、加工するのが手間かな。まあ、時間のある時に修理することにして、天候の変化でも不具合が起きないようにビニールテープで保護。Img_1587coil1 (破損状況)

Img_1585_coil2

 

 10m伸縮ポールのトップには6mのデルタループ。別に5mの伸縮ポールを立てて、2m用にAWX430MHzは比較するためにAWXの下に4eleの八木を取りつけた。これでコンテストバンドはすべて網羅している。別に山頂移動用に6m2m430MHz3本のヘンテナがある。

Img_1553_kamikawa

 設営が完了してから18MHzの運用を行ったが、まあまあ良いコンディションで交信を楽しめた。17時を過ぎて、スタートを21MHzにしようか14MHzにしようか考えていたときにアンテナ付きの車が一台止まった。コンテスト参加が目的で個々に来たようだった。申し訳ない。オールバンドのアンテナを設営してしまいました。しばらくお話していた。別に候補もあるようでそれほどショックではなかったようだ。話しているうちにコンテスト開始時間になった。

8/6 記

|

« 土曜日 | トップページ | フィールドディコンテスト »

コメント

神川町はHFがなかったのでやりたかったです。hi

投稿: JM1EKM | 2018年8月 6日 (月) 21時48分

JM1EKMさん こんにちは

そうでしたか。サービスできればよかった。
残念。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2018年8月 6日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/67028425

この記事へのトラックバック一覧です: フィールドディコンテスト 設営編:

« 土曜日 | トップページ | フィールドディコンテスト »