« 東京UHFコンテスト | トップページ | CQ WW CW »

2018年11月23日 (金)

かすみがうら

15時頃にシャックに到着。オーナーにご挨拶。クラスターを見ると、まだEP6RRCが終わっていなかった様子。早速シャックに入り信号を確認してみる。ちょうど14MHzで入感していたこともあって、かすみがうらの主砲6ele八木にFT-1000MPを接続し、空いている周波数で送信信号のチェックをしてからEP6RRCの信号に合わせる。拾われている周波数を確認するために23局やり過ごし5NNの聞こえる周波数とその動き方を確認。ここだというところで、コール一発! みごとにピックアップされた。隣でシャックのオーナーが笑っていた。さすがに6ele八木と1KWから出される信号は強力だった。頭の中に「宇宙戦艦ヤマトの波動砲」を打ったような気分が広がった。

 

WW-CWは翌日からなので、夜の時間帯のDXの入感具合を確認しながら、あちこちのバンドをチェック。少し寝て、朝方もチェックを続ける。そして、なにげなくバンドニューの局を5つぐらいGETすることができた。

 

11/27 記

|

« 東京UHFコンテスト | トップページ | CQ WW CW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102841/67426457

この記事へのトラックバック一覧です: かすみがうら:

« 東京UHFコンテスト | トップページ | CQ WW CW »