« NYPステッカー QSL | トップページ | オール埼玉コンテスト »

2019年1月13日 (日)

さいたま市桜区移動

Sakura2  午前中にちょっと7MHzを聞いていて、5局ほど交信してもらうことができた。コンディションが良いのかな?と思い、移動してみることにした。
 先日の館林市に続き、アメダスのポイントになるさいたま市桜区を候補にして車を走らせる。いつもの土手の上には車が一台。外人さんがドローンを飛ばして遊んでいる。どれくらい飛ぶの?と声をかけてみた。この場所はWIFIの状態があまりよくないので1.5kmぐらい。1kmならばっちりという答えが返ってきた。あと15分ぐらいでバッテリーが終わるそう。それならとアンテナの設営準備を開始した。ドローンが帰還するので伸縮ポールは上げず、できる準備をしていたら「もう終わる」と声をかけていただいたので、いっきにアンテナを上げた。HFのコンディションが落ちた時のために6mのデルタループも上げておいた。
 7MHzはまあまあ良い感じ。アメダスのポイントとは言っても、CQにAMoooのナンバーは付けない。該当する市区町村全体がポイントになるのだから、JCCがわかれば充分なはず。それに、やたら長いナンバーだらけのCQはかっこ悪いと思う。それよりも毎回コールサインを送出するほうが大事だと思う。もっともLAとかPKなど、市郡区のなかでも限られた範囲しか該当しない場合はアナウンスしたほうが親切かもしれない。
 7MHzの運用が一段落したときに6mにQSY。のんびり話していると車の外に来訪者。もしかしたら・・・とは思ったものの本当に出会うとは・・・。JL1oooさんがオール埼玉コンテストの場所取りにやってきた。「土手で会いましょう」がこんなに早く実現するとは! hi 少し話をして、今日は帰宅するつもりなので、準備していいよと伝える。300mほど離れた土手の先のほうで準備を始めると、こちらは6mのCQを再開。のんびり話しながらしばらく楽しむ。
 せっかく来たのだから・・・と頃合いをみてローバンドのエレメントを追加する。夕方のコンディションで沢山の交信をログインできた。3.5MHzは近場のほうがちょっとスキップ気味。2エリアから出ている友人がカスカスで聞こえる。新年のあいさつもまだだし・・・とコールするもののほぼ無反応。それならば・・・と出力を50Wに上げてコールするもコールサインをコピーしきれない様子。相手もあきらめないので、コールを打ち続ける。やっとの思いで好感したレポートは359-229.こちらから359を送りながらも相手がコピーしてくれるまでに信号が消えてなくなるほどのQSBダウン。まいった。なんとかレポート交換しファイナルを送ると、なんと急激なQSB-UP。相手から送られたTUを聞いた時には599+10dBぐらいまで上がってきた。まいったなぁ。今呼べばQRPでもできたんじゃないの?という感じだった。
 1.9MHzまで進み、満足して撤収した後、設営を終えているJL1さんのところに行ってみる。車のヒーターで気持ちよくなっていたところを外に出てきて小一時間ほど話してしまった。もう体が冷え切ってきたということで、健闘を祈って帰路についた。
 休日とはいえ、150局ほどをログインして、運用も満足となった。
1/14 記
1/15 写真を追加しました。

|

« NYPステッカー QSL | トップページ | オール埼玉コンテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市桜区移動:

« NYPステッカー QSL | トップページ | オール埼玉コンテスト »