« 入賞バッジ | トップページ | Homeでの運用 »

2019年2月15日 (金)

さいたま市西区移動

2-15 さいたま市西区移動

 

週末が仕事の予定なので、金曜日にお休みとなった。近場に移動を考えて朝霞市に行ったものの駐車スペースがなく、結局さいたま市西区に来てしまった。設営しようとした場所はWHIPのついた車が止まっており、運用中に見えたので声をかけずに場所を変えようとしたら、車の中にいた人が手を振ってくれた。以前ここでお会いした人だった。外部アンテナも無いので場所を譲るといって車をどけてくれた。お言葉に甘えて設営を行う。夜にトップバンドのチャレンジを考えていて、方向を考え7MHzまでのギボシダイポールを設営する。14MHzを中心としてFT8のモードで聞こえているDXを呼び回ってみる。最初はQRPでコールしていたが、届かないときは50WQROして交信。そのうち常時50Wでコールするようになってしまった。

 

 よく飛ぶモードといわれるが、飛んでいるというよりは解読力が良いという印象がある。そして、はっきりといえることは、「アンテナが良くすることが交信の可能性を広げる」FT8モードでなくとも、アマチュア無線全体に言えることがそのまま通用する。逆に言えば、それなりのアンテナではそれなりにしか飛ばないということだと思う。バンド全体を復調する左側のウインドウは、こちらでは復調できない局と交信しているたくさんの信号が見える。よく見えるけどこちらでは受信できないということは、けっこうフラストレーションがたまるということにつながるかもしれない。呼び負けるときは、拾われた局に送られた信号強度を見たりして自分の交信の可能性を考えてみる。競合しているだけなら待てばチャンスはあるかもしれない。現実的に自分の信号が弱すぎると思えるときはパイルが無くなっても交信できないかもしれない。見慣れてくると画面の中に様々な情報があるということがわかってくる。瞬時に判断しどれだけ活用できるかも交信成立につながる要素なのかもしれない。

 

 V84SAAWEBの情報では、ノーマルモードでも1KHz-upで呼べと書いてある。パイルになってきたらDXペディションモードに切り替えるようだが、どちらのモードなのかわかりにくい。低い周波数で同一の周波数でやり取りしているところを見るとDXペディションモードでコールしてピックアップされた信号が自動的に低い周波数に引っ張られてきたのか、最初からノーマルモードでしかもオンフレで呼んで交信しているのかが判断付きにくいと思えた。DXペディションモードで確実に交信できたと思えたのは、夜になって80mFT8でできたV84SAA。自分にとってのバンドNEWとなった。

 

 V84SAA160mで交信できたという情報があった。自分も交信したいと思いターゲットとしていたが、1.855MHzで送信し3KHz-upを受信している。当然ながらJAはオフバンドになる。NA指定の聞こえなかった時にup-5でコールしてみるが、聞いてくれようとしない。前日は聞いてくれた時間もあったようだが今日はチャンスがない。NAから呼ばれているかといえばそれほど呼ばれていない様子。NAとの交信にチャレンジしているときは余計な電波を出さず交信が成功するようクリアにしているんだから、NAが聞こえてこない時ぐらいはJAを拾ってほしいものだが、NAが聞こえないと停波してしまう。こんなオペレーションの局にはサポートしたいという気持ちがわいてこない。今回もドネーションは送らないような気がする。それとは逆にXX9D80mでも160mでも積極的にコールする局を拾ってくれたようだ。160mはさすがに厳しい状況ではあったがなんとか交信できた。呼んでいる間時間がかかるのでおのずとワッチする時間も多くなるのだが、自分が3文字ぐらいコピーした局を大事にして、指定無視には絶対反応しない態度が好感が持てる。指定した文字が入っていないのにコールしているOMさんの恥ずかしいこと。相手の言っていることを聞こうとしない局は交信とは言えないと思える。DXCCのカウントだけを目標に電波を出しているのだろうか?他人事ながらむなしさを感じてしまった。

 

自分なりに成果の大きい移動となった。

 

2/20 記

|

« 入賞バッジ | トップページ | Homeでの運用 »

コメント

XX9、160mおめでとうございます。
FBですね。
月曜日に再びスローパーを上げましたが、まったくだめです。
呼んでもCQを出されてしまいます。
どうも現地はQRNが酷く160mは厳しいらしいです。

投稿: jk1tcv/kazu | 2019年2月20日 (水) 22時06分

Kazuさん こんにちは

160mのXX9DはゆるいQSBがあり、こちらの受信が589のときは反応がなく、599のときに2文字拾ってもらったことが交信に繋がりました。
なかなか厳しいです。

V84SAAの周波数は1855ではなく1805でした。後で書き直します。

投稿: 7K1CPT/yama | 2019年2月21日 (木) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま市西区移動:

« 入賞バッジ | トップページ | Homeでの運用 »