« フィールドディコンテスト | トップページ | 事故渋滞 »

2019年8月 6日 (火)

CY9C追っかけ さいたま市桜区移動

 週末が仕事になり、月曜が休みとなった。前日までのSNS情報でCY9CがJAに向けて多くの交信を成功させているようだった。ATNOであるセントポールと1交信でもできればありがたいという気持ちが大きくなってきた。留守中の荷物の引き取りなど雑用を片づけた後にさいたま市西区に行ってみる。目的の場所には車が止まっていて、動くのを待つのも時間の無駄と思い、桜区のほうに行ってみた。信号が聞こえた時には交信の可能性を高めたいと思い、久しぶりに3ele-Yagiを上げることにした。

Sakuraku_20190806150001  ステー代わりにギボシダイポールを設営。おそらくは日没後の入感だろうと考え、あちこちのんびり聞いて回り、交信できそうな信号が聞こえると呼んでみたりする。FT8では自分と相手のリポートの違いを見てコンディションの予想・検討したりしていた。

 平日なので、夕方に会社に連絡。翌日も休めるという話を聞いて、22時ぐらいまで粘ろうという気持ちが24時ぐらいまで粘っても良いかなという感じになってきた。ゆっくりできると安心したものの、目的の信号が聞こえてこない。クラスター情報もJAの方にはあまり上がってこずWWの情報を見ていて当該周波数をワッチしてみるものの、呼べる強さどころか全く聞こえない状態。FT8も無感状態でモチベーションも下がり気味。突然、かつんという音が聞こえる。ステーに張っておいたダイポールがちょっと緩んでいる。伸縮ポールが一段下がってしまったようだ。真夜中の真っ暗ななかで伸縮ポールをいったん下げ、落ちたところを確認。なんと上から2段目が縮んでしまっていて、ほぼ上げなおしのような感じになってしまった。

 予定していた24時が近くなってもまだ信号を聞けていない。うとうとしてしまい、少し眠ってしまったようだ。気がつくと25時近くなっている。もう撤収して帰るのも面倒になってしまい、明るくなるまで粘ってみようと決める。朝方のコンディションで思わぬ広いものがあるかもしれない。5時から9時ぐらいまでにもCY9Cのレポートがあったと思う。

 どうもCWやSSBの運用が多いようだ。頼みのFT8はあまりレポートが上がらず、上がってもEUやNAばかり。JAからのレポートはなかなか出てこない。結局9時ごろまで信号をキャッチすることができなかった。今日の夜まで粘る気力もなく撤収を決めた。残念ながらCY9Cは縁がなかったようだ。移動運用だと毎日チャレンジすることもできない。入感状況をチェックしながら後半で一気にWKDするパターンが多いのだが、失敗すると成果が残らない可能性もある。今回は悪いほうの典型的な形になってしまった。

 合間に交信した局は40交信弱。珍しいところはVK9APXぐらいだったろうか。それでもロードハウ島は交信済みのバンド/モードだった。入感する信号強度や交信の段取り。呼び負ける状況など、一つ一つは参考になる部分もあったと思う。

 

|

« フィールドディコンテスト | トップページ | 事故渋滞 »

コメント

お疲れ様でした。
残念でしたね。
こちらにアンテナを向けてくれれば出来たと思いますが、こればかりはね。。。
またチャンスがあると思います。

投稿: jk1tcv/kazu | 2019年8月 6日 (火) 22時59分

Kazuさん こんにちは

残念でした。でも、どんな状況だったのか記録するために記事を残した感じです。交信が成功していれば、さらに良かったんですけどね。

F/Hモードの原因、これかなと思えるところを見つけたので、交信チャレンジしてみたかったのですが、信号が入感せず、残念でした。

DXCCへのチャレンジは、交信できた喜びよりも交信までの不安感のほうが大きくなってきました。チャレンジするチャンスが少ないとプレッシャーのほうが大きくなるようです。先日の1A0Cのときも、「私の慌てぶりを初めて見た」とオーナーに言われてしまった。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2019年8月 7日 (水) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィールドディコンテスト | トップページ | 事故渋滞 »