« 転送QSL到着 | トップページ | さいたま市桜区移動 »

2019年12月28日 (土)

1200MHz-12段コーリニア作成

27日が仕事納めとなり、冬季休業に入った。例年は年越しの仕事がありそれを前にしているとお休み感覚がわいてこないのだが、今回はそれが無くなり長い連休がスタートした。さて、なにから始めるか?という感じだが、材料をそろえてあった1200MHz-12段コーリニアを組み立てることにした。以前同じものを作って使用していたのだが、突然SWRが高くなり使用不能になったものを分解してしまった。まあまあ使えるアンテナだったので作り直すことにした。

給電部はちょっと形を変えてNからBNCにした。430MHz-3段コーリニアを作ったときと同じ感じ。グラスファイバーのパイプは壊したアンテナの流用。以前のものは長さが足りなくて先端の銅棒が出っ張っていたものをビニールテープで保護していたのだが、今回は中身のエレメントをずらして出っ張らないようにして、先端に水道管パイプの蓋をする。エレメントをずらしたことで出っ張ってきた下側の部分は水道管パイプを少し足して保護する。すべてを水道管パイプで覆ってしまうとアンテナの精度に影響が出てしまいNGだったので、輻射エレメントの部分だけグラスファイバーになるようにうまくアレンジできた。

完成したアンテナはもともと中心周波数が1285MHzで設計されたものなのだが、測定してみると1280MHzよりも下になってしまった。使用する1295MHzでも使えないほど高いSWRではなかったので、とりあえずこのまま使ってみることにした。

調整はどうすればよいだろう? 先端の銅棒部分を3mmほど長くしておいてカットしてみたのだが中心周波数は変わらずSWRが少し変わるぐらいだった。輻射エレメントをそれぞれ短くしなければ中心周波数は変わらないのかもしれない。自宅用と移動用の2本作るつもりだったので、2本目は少し短い輻射エレメントで作り、どれくらい変わるか確認してみたい。(写真はあとで撮ろうと思います)

12/30 記

 

 

|

« 転送QSL到着 | トップページ | さいたま市桜区移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転送QSL到着 | トップページ | さいたま市桜区移動 »