« 広島WASコンテスト | トップページ | A1クラブSTRAIGHT KEYコンテスト 記念品 »

2020年3月 3日 (火)

VP8PJ and 雛コンテスト

VP8PJを狙っての3回目のチャレンジとなる。あちらの運用も残り2日。前日はコンディションが上がったようでなんとか交信したい。最初は10MHz2回目は14MHzを主軸にしたがあてが外れる。この日は7MHzを主軸にするつもりで前日にループアンテナを持っていこうと思って探したがアンテナが見つからない。仕方なくビニール被覆線を準備して現地で調整することにした。狙いの場所は朝霞水門。10MHz以下のループアンテナは釣り竿だけではエレメントを広げられないので電波の到来方向に面を向けられるよう設置する場所を選ばなければならない。一番良いのはさいたま市西区の土手工事中の場所なんだが今は使えない。190度方向が正面になる朝霞水門がちょっとずれるが今のところ一番良い場所と判断した。

Asaka_20200304092201

お昼ごろ、運用場所はうまく確保できて、伸縮ポールを上げてエレメントを展開。用意したエレメントはちょっと短かったようで、1mほど追加して中心周波数を7.050MHzまで追い込んだ。ちょうど行われているJLRS雛コンテストでアンテナの具合をチェックする。時間帯的には7MHzは国内スキップ気味の感じがあるかもしれない。SSBで呼び回りする方が、予想外に飛んでいない気がすることがある。つくば市移動の局(8J1ITUQRPの里でお付き合いいただいているアクティブなYLさん)とはストレスなく会話ができるぐらいの交信だったが、お隣のような板橋区の局にはコールサインをコピーしてもらうのがやっとという感じもあった。板橋区はアンテナのサイドになるのでループアンテナのヌル点方向なのかな? 北海道の局も信号がたいへん強力だったのでコールしたものの、/1しかわからないらしく交信成立しなかった。北海道はアンテナの一番良い方向のような気がしたのだが、5Wで届かないとは思わなかった。もしかしたらパワーの差が大きいのかな? 少し後でCWで見つけた時は一発で返事が届いて交信できた。過去に10回交信していたものの、No QSLの方だと思っていた。SSBの時に、毎回QSL発行しますと言っていたので、今回は送ってみようと思う。設備などはQSLで紹介してくれているだろうか?

雛コンテストは36局交信。YLさんは5局交信できた。

16時頃から目的のVP8PJに向けてワッチをする。7MHzループと14MHzダイポール。7MHz-CWで予定周波数のupで呼ぶJAの信号は聞こえるもののご本尊は確認できない。FT87.056でも呼ぶJAの信号は見えるもののご本尊は見えず。可能性の高いのはFT8かなと思い、重点的に受信する。呼び局を見てから1時間ぐらいして、VP8PJが出ているであろう周波数に引っ張られるJA局の信号が確認できる。コンディションが上がってきたのだろうか? 引っ張られた局の信号でF/HモードでVP8PJが運用している周波数が4つぐらい確認できた。あちらでは効率よく交信できているのだろうか?こちらで見えているのは1局に対する返事だけしか見えていない。一度だけ2局を同時に引っ張った形跡がある。F/Hモードは相手の送信が100Wと仮定して、5波同時に運用されると1局に対して送られる信号は1/520Wになってしまう。DXペディション側の信号が受信できなければ交信はできない。1波運用で送信信号を強くしてくれれば受信できるのだろうか? 情報ではCQを出したタイミングもあったようだが、JAから常時4局ぐらいはコールしていると思う。それらの信号はVP8PJ側に届いていないのだろうか? 呼んでいる局は当然聞こえているのだろうと思っていた。でも、よく見ていると、VP8JPとかコールサインが違っている局を呼んでいる局がいる。相手の信号を捕まえてクリックすれば、そんな間違いは起きないはずなんだが・・・。もしかしたら手打ちで送信する行を作っている? なんでそんなことをするのだろうか? 受信できていない? Facebook等で過去に手打ちしている局はDXペディション側と同じシーケンスで送信したりして、絶対に交信できない送信をしている局が話題になったりしていた。受信できない局を呼んでも交信することはできないと思うんだけどなぁ。そういえば、FOX側の周波数に引っ張られた局がその後また呼び始めたりしていた。交信成立できなかったのだろうか? 自分がDXペディション側の信号を受信できていないので、その辺の答えが出せない。

長時間受信していてもVP8PJ側の信号が確認できなかった。10.105-CWでかすかに聞こえる信号を聞いたがコールサインをフルに聞こえたという感じではなかった。移動して運用する局としては設備の増強は限界かなぁ。ハイバンドで1バンド選択して八木を上げ、賭けに出ることはできてもローバンドはかなり厳しい。

呼ぶ側の信号さえも見えなくなってきて、することが無くなってハムログの情報修正などの雑務を始めてしまった。そのうち、車の窓をたたく音に驚いてドアを開ける。久しぶりに職質かな?と思ったが、外を見ると自転車で仕事帰りの電信女子がいる。久しぶりのアイボール hi 最近は自転車の話題ばかりで無線の話は出てこなくなった。ダイエットに成功しているようだが、あたりは暗くてよくわからない。でもちょっとスリムになったかもしれない hi アンテナの説明をしても、暗いので見えないためわかりにくかったと思う。汗が引いてくると途端に寒くなるので、短い時間でアイボール終了となる。良いタイミングだったかもしれない。こちらも撤収を決めた。

VP8PJは縁が無かったかな。コンディションの良い日もあったようだが、これだけ努力してできないのだから仕方ない。クラスターを見ていても、NAEUにはハイバンドまでチャンスが広がっていたようだ。「EU 50% NA 30% WHY?」なんて書いているNA局もあったが、ちゃんとアンテナ向けてくれているんじゃないの?と思ってしまう。北米中心のチームだからあちらを主軸にするのは当然かもしれないが、ある程度はこちらを満足させてくれるオペレーションをしなければ、スモールドネーションも積み重ならないだろう。ということで、今回もドネーションは無しだなぁ。

3/4 記

 

 

|

« 広島WASコンテスト | トップページ | A1クラブSTRAIGHT KEYコンテスト 記念品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島WASコンテスト | トップページ | A1クラブSTRAIGHT KEYコンテスト 記念品 »