« さいたま市西区移動 | トップページ | FT8 »

2020年3月18日 (水)

埼玉県ふじみ野市移動

お彼岸が近くなり、良いお天気だったので早めに墓参りに行く。コロナウィルスの影響もあって、不急の場合は出勤しなくても良い日が増えている。今日もイベント仕事があったのだが集客の多いイベントだったため中止になってしまった。いつも人の少ない日に墓参りに行くことが多いのだが、この日は墓参りに人が多かったように思う。駐車場が8割ほど埋まっていた。水桶が足りない? でもお彼岸当日はさらに混雑するのかもしれない。

墓参りの後は恒例となっている移動運用。帰宅途中に立ち寄れるところを思い浮かべ、久しぶりにふじみ野市に行ってみることにした。土手の上にうまく車を停められた。車が通ることもないし横を自転車が通れるくらい空けられたので、とくに苦情も来ないだろう。

Fujimino

HFのダイポールを上げた後、1200MHzのアンテナのチェックを行う。Homeに設置しようと思って作ったものだが、どこか不具合があるような気がしていた。SWRはバンド内で1.22.2ぐらいだったものの、測定範囲を思い切り広くしてもその波が続いているような感じ。一度分解して原因を探そうと思う。

運用は7MHz-CWからスタートした。午後3時近くなっていたので、国内はスキップ気味だろうと思っていたが、思った通りあまりログが進まない。遠方の局はそれなりに強いが、平日ということもありあまり運用されている局は少ないのかもしれない。FT8に移って運用してみる。CWよりは交信が進むものの、こちらの信号が弱いようで、RR73を送った後もレポートを送ってくる局も少なくない。受信しきれないのだろうなぁ。7MHz-FT85Wで運用しているが、FT8でさえぎりぎりのコンディションという感じなのかもしれない。CWでログが進まないわけだなぁと思ってしまう。

17時少し前に3.5MHzQSY。やっと火が付いたようにログが進み始める。やっぱりCWの交信ができると楽しく感じたりする。1交信ごとに自分のコールサインを送出する運用をしています。ほんの少しだけ時間がかかるかもしれませんが、応答の送信を開始するタイミングを明確にしているので、このスタイルが良いと思っています。交信が終わると呼ばれるのを待つ人もいますが、運用のコントロールができなくなり周波数がカオス状態になるのをなんども聞いていると、運用の仕方の反面教師だなと思ってしまいます。交信が終わったとたんに送信を開始する局も少なくありませんが、こちらの送信にかぶっているので、一文字もコピーできていません。おのずと後回しにしてしまいます。ぜひ、こちらの送信を聞いて理解して応答してほしいと思います。パイルも落ち着いたころ、JA2に応答していた時に弱い局がこちらにレポートを送っているように思えました。その後、その信号強度の局は呼んでこなかったように思います。ログインできなくて残念でした。

1.9MHzに移る前に少しFT8の様子を聞いてみます。DXのほうはあまり受信できず、国内向けの周波数で少し交信。その後1.9MHzにアンテナを合わせます。1.9MHzは強力な信号でいっぱい。FT8DXを呼んでいる局が3KHzいっぱいに広がっています。HC2PYが聞こえているらしいですが、1908をワッチして絵も1840をワッチしてもDXの信号が受信できません。みなさん良い耳をしていますね。とりあえず混信とならない1912が空いていたのでCWを開始します。このバンドは近いエリアが多くログインできましたが、6エリアとも1局交信できました。JA4OMとは設備紹介からちょっとしたチャットになりました。トップバンドはレポート交換だけのことが多いですが、こういう交信ができるとなんとなく気分が良い感じがします。でもQSBを感じたりすると受信に気を使ってしまいます。コロナウィルスの話が出てきました。普段英語に変換しない単語を思い浮かべようと頭の中がフル回転。でも、思い出せなかったりします。年かな? ウイルスって、昔はビールスって言ってたな。たしかVir・・・思い出せない・・・useだったかuceだったか? 使わなくて良い言い回しは無いか?なんて。焦りながらも楽しんでいるような感じがします。チャットは、本来ならばお互いに受信に不安の無い信号強度を送出しあって交信をするものなのかもしれませんね。チャットをする局との交信は、受け取ったレポートが悪いときは可能な場合リグのパワーボリュームに手がかかることが多いのですが、今回もQRPのまま交信終了まで進んでしまいました。

フーと息をついたと思ったら、交信終了直後のコールがありました。もしかしたらだいぶ待っていてくれたのかな?申し訳ない。

3.5MHzに戻って少し運用したら終わろうかな?なんて思っていたところ、7MHz-FT8で珍しい局が出ているらしい。だいぶコンディションが開いていたのか? J6は遅かったようでまったく信号を見つけられなかった。/VY0という局がプリントされたので呼んでみたものの、ダウンしたみたい。プリントされたときも-18dBだった。でも呼んでいる局はいるようです。耳が良い! KP4CQを出したりしていたのですがこちらの信号は届かなかったようです。DXは無理かな? もともと国内をターゲットにするつもりだったので、国内交信のしやすいバンドを選択していたし・・・。3.5MHzにアンテナを合わせなおしました。

CW再開一発目が記憶にあるコールサインでした。ずいぶん前に上野で飲んだ人。昨年、QRPの里にもドネーションしていただいた。QRP仲間としては記憶にある局。でもログインすると1stと出ている。そうかいままで交信したことはなかったんだなぁ。ちょっと弱く感じた信号。こちらから送信した後に受信に移る。相手が送信し始めると強力なQRMDXが出てきてスプリットの渦に巻き込まれたのかと思った。でもその局はこちらのコールサインを打っている。ちょっと待ってよ。交信中だよ。と「QRX NW QSO WITH JP2・・・」と打つものの、レポートを打ってくる。JP2は送信を中断してしまった。「QRX」一度は韓国のQRM局の信号が止まるものの、JP2が送信を始めるとまた送信してくる。もう邪魔で仕方ない。そのうち「7K1CPT/1
NIL
」とか打ってくる。はなからお前と交信を開始していない! そんなやり取りの間も辛抱強く待っていてくれたJP2局と最後まで交信を終えることができた。よかった。もしかしたらQRPだったのかな?聞けばよかったかもしれない。

QRP KITを作っては運用を楽しんでいたころからぽつぽつ交信してくれているJE9/0の局からコール。レポート交換の後「QRPか?」と聞いてきた。信号が強すぎると思ったのか?5Wと返事をするとFBと返ってくる。たくさん交信しているといろいろなことが思い浮かべられる。今日も充分楽しめた気がする。

予定よりちょっとオーバーしたかもしれないが、けっこう楽しめたなぁと思い出しながら撤収を行った。

3/19 記

 

 

|

« さいたま市西区移動 | トップページ | FT8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいたま市西区移動 | トップページ | FT8 »