« 東京コンテスト | トップページ | 移動している局 移動したい自分 »

2020年5月 4日 (月)

8J1ITU

今年も8J1ITUが始まっています。今日は・・・というわけではなく、毎日少しずつ運用に参加しています。かすみがうらでの運用はコロナウィルスため外出自粛となった影響で人を集めてシャックにこもる運用は行われなくあんりました。でも、世界電気通信日が他の日程に動くわけでもなく記念局の運用は変更なし。シャックにはオーナー一人が滞在し運用を行っています。私は設備共用の免許をいただいている関係で、リモートコントロールでオペレーションに参加しています。

アンテナ切り替えはシャックにオーナーがいないとできないので、滞在している間にいろいろと切り替えてもらっています。伝搬などを経験したいと思い6mのアンテナにリモート設備を接続してもらいました。ビームはエレメント数も多くフロントゲインはありますが、サイドが切れすぎることもあり、結構難しいアンテナではあります。活気を帯びているFT8で各局にお相手いただけるようアンテナを少しずつ回しながら運用してみました。

たくさんの方に呼んでいただき、オートシーケンスの自動返信がどの信号を優先して応答するかなどを注視します。また、自宅に仮設した6mアンテナでかすみがうらのアンテナ方向でどれくらいこちらまで届くかも見ていました。なかなか興味深いところもありました。ちなみに設備的には500Wも可能ですが、応答しきれない局が多数出るであろうと考え40Wで電波を出しました。

自宅の設備には8J1ITUの信号がプリントされますが、それ以外に、8J1ITUのほうで受信できない局が8J1ITUを呼んでいる信号も見えてしまいます。一局一局にアンテナを向けられないし方角もグリッドロケーター以外にわからないので対処できない場合も多々ありました。Facebookで情報交換に対応してくれた方の書き込みも大変参考になっています。3エリアから呼んでくれた信号を受信したのも筑波山方向にアンテナを向けていた時で相手局のいる正面方向ではなかった。時間がかかりながらも沖縄と交信できた。9エリア、0エリアの局はグランドウェーブだろうか? 8エリアを狙って北に向けている間に、バックからのコールがたくさんあったようで、申し訳ないと思いアンテナを戻してしまいました。

3エリアから呼んでるよ。とか、Eスポオープンしてるよなどの情報もありましたが、こちらの設備では受信できていない。やはり難しいアンテナです。Eスポ反射が近いところで起きていると、ビームがきつすぎて輻射角度が低いアンテナでは信号を受けきれないのだろうか? 以前、大岳山から運用したときに、コールが無くなったなぁとVFOを回したら、沖縄を呼ぶ信号がパニック状態になっていた。自分も呼ぼうとしたが肝心の沖縄局が全く聞こえない。信号のかけらも無い。標高の高い場所に上がったことがEスポ反射の落下点から外れてしまったのか・・・というようなことを思い出しました。

いったん休憩というか、東京コンテスト中にSWRが急に高くなったアンテナのチェックをしようと下げていろいろやってみましたが、原因がつかめない。広いところでチェックしたいが外出自粛。仕方ないのでとりあえず外してしまった。

夕方になって再度リモートを接続する。アンテナは6mのままなので、またFT8で少し運用。その後CWに移る。誰も呼んでこない。これほど聞いている人が少ないのか?と思っていたら、当該周波数で符号にならない符号が出ているとの情報が入る。自分の聞いているサイドトーンはおかしくなかったので、言われるまで気がつかなかった。制御されている設備がこちらから送っている情報をうまく処理できていないのだろうか? それまでの運用では交信できていたのだが・・・。6mの受信アンテナをそのままにしておけばよかった。

バンドを変更して14MHzQRV。しばらくFT8の交信を行いEUとの交信をログに残すことができた。

手探りながらも、5月いっぱい引き続き運用を行います。また、移動する局もクラブメンバーの手により運用されています。聞こえましたら交信をお願いいたします。

5/5 記

 

|

« 東京コンテスト | トップページ | 移動している局 移動したい自分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京コンテスト | トップページ | 移動している局 移動したい自分 »