« さいたま市桜区移動 | トップページ | 転送QSL 到着 »

2020年6月21日 (日)

ALL ASIAN DX Contest CW

先日のコンテスト参加はパドルを忘れるという失態をおかしてしまった。今度は忘れ物が無いよう事前に積み込みを行う。アンテナを張りやすい場所ということで、市頭市西区に行ってみた。土手に上がる前に目的の場所に車が見える。とりあえず上がってみるかと車を進めると、その車の持ち主は、KWRさんだった。移動運用でサテライトを行うつもりで、衛星が来るのを待っていた。KWRさんなら運用が終わるとすぐに他の場所に移動していくつもの場所でサテライトサービスを行う。出発した後に使わせてもらおうと、しばし待機。そしてサテライトの交信を見ていると、久しぶりにやってみたくなってきた。

Antenna

それはさておいて、とりあえず今日はコンテスト参加のための設営。14MHzのループと3.5/7MHzのダイポールの他に、21MHzVDA28MHzVDAを上げて、コンテストバンドをすべて上げてみた。車内の設営も含めて30分ほどの遅れでコンテストに参加を開始した。ハイバンドのコンディションが開いていれば北米向けに忙しくなりそうな時間だがコンディションはいまいちな感じ。のんびり聞こえる信号を拾っていく。なかなかログは進まないもののパドルで交信するのは気分が良い感じがする。14時過ぎに14MHzでほんの少しEUが開けてきた。コンディションが良ければアフリカの入感を期待できる時間でもあるがそんなにうまくいくものでもないようだ。16時を回ってやっとイギリスの信号を拾うことができた。

EUのオープンも爆発せず、ローバンドの北米を期待して7MHzQSYするものの、こちらもいまいちな感じ。23時頃には集中力が落ちて、最近ほとんどなかったDUPE5つも作ってしまった。その後14MHzCQを出し、ほんの少しEUから重なって呼ばれる次官がやってきた。3局ぐらい同時に呼んでくるので、うまくこなしてログを進めなければ待っている局が離れてしまう。でも、コールはそれほど続かず、とぎれとぎれのコール。やっぱり爆発という感じにはならない。25時ぐらいにギブアップ。一応ローバンドを覗いてから一休みすることにする。無線の設備は忘れなかったのだが大事な物を忘れていた。虫よけスプレー。この時期には忘れてはいけないものだった。虫に襲いかかられることが一番つらいことになってしまった。

2時間ほど仮眠。目が覚めると外はもう明るくなっている。日が出るのが早い感じだ。といっても雲が厚い。とりあえず運用を開始するかというところで雨が落ちてきた。集中的な振り方。まあ、そのうち上がるだろうと発電機を片づけて車のエンジンをかけて運用を行う。朝方の7MHzで南アフリカをGETした。夜明けのタイミングでローバンドのEUを期待していたものの、アンテナの方向が良くないのか?(NA/ASねらいのダイポール)聞こえるものの届かない感じ。やっぱりアンテナを向けられないと厳しいかもしれない。十字に張ったダイポールの片方は18MHzに合わせていた。7MHzに変えるべきだったかもしれないが、雨のために変えるのを躊躇してしまった。午前中はハイバンドで北米東海岸の入感を期待していたものの、こちらも期待外れ。国内局の呼び回りやFT8なども並行して運用してしまうほどの感じだった。午後から夜にかけてのコンディションもそれほど期待できないような気がして、月曜の仕事に疲れを残さないために12時で撤収を開始。いつもより時間をかけて設備を整理しながら撤収を行った。明るいうちに片づけるのは細かいところも見えるので結構片づけられるものだなぁという気がする。

Aacw-rate Aacw-point

コンテストの交信は表のとおり。ほかに国内CW交信が30交信ほど、FT850交信ぐらい。結構楽しめたような気がする。コンテストだけを見れば、上を目指す気合が足りないかもしれない。でも、コンディションの開く方向とバンドを考えながら運用を進める。アンテナの性能を感じるなど自分なりに成果を残せたと思う。VDAはコンディションの爆発は無かったものの、方向を変えるとフロント方向の審議うが少し上がったようで、それなりの性能を感じることができた。

 

|

« さいたま市桜区移動 | トップページ | 転送QSL 到着 »

コメント

お疲れ様でした。
呼び回りを何回か聞きましたが、CONDX悪かったですね。
このところ14メガは朝の北米が聞こえず、その代わり夕方にちょっと聞こえています。
それでもビックガンしか聞こえませんね。
夕方から夜間のEUもいまいちでした。
そろそろ夏枯れのCONDXでしょうか?

投稿: tcv/kazu | 2020年6月22日 (月) 15時03分

Kazuさん こんにちは

今回は50Wでの参加でした。最初は5Wで数局交信しましたが、ストレスがたまりそうな感じがして、早々に50W送信にしてしまいました。

コンディションの開ける時間と方向を考えて運用しましたが、想定したオープンが感じられなかったですね。

多くの局がコンテストよりもFT8などのほうに移行しているのかなぁと感じました。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2020年6月23日 (火) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいたま市桜区移動 | トップページ | 転送QSL 到着 »