« サバイバル マラソンコンテスト | トップページ | 大霧山移動 »

2020年11月14日 (土)

さいたま市桜区移動

Kazuさんが新しいアンテナの試運転をするという話を聞いて、迎撃移動しようと思っていた。群馬に開けた山からワッチしようと思っていたのだが、寝坊してしまった。どの交通手段を使っても登山口までの時間がそれなりにかかるのはきついなぁ。結局近場のさいたま市桜区に行きアンテナの設営を行った。(ここでも1時間ぐらいはかかるのだが・・・)

Sakuraku_20201116095901

144MHzのアンテナはVDA。ある程度使ってみて有用性を確かめてみたいところではある。登山時に使用する目的で作ったので軽量ではある。山での運用なら手元で回せるつもりなのだが、このような設置だとなかなか回しに行けない。ほぼ固定での使用となった。

他にHFダイポールも張ってある。大きさを考えると、こちらの方が手間がかかっているように見える。7MHzを受信してみるとけっこうにぎやか。午前中は国内に良いみたいだ。でもバンドスコープを見ただけで、呼び回りはせず144MHzのワッチに進む。

Kazuさんの変調を見つけ交信後に呼んでみると、交信相手さんが運用している周波数だったようだ。失礼してしまった。1x1で呼んだので相手もどうしたものかと躊躇してしまったようだが、Kazuさんが反応しなかったので、相手が応答してくれてそのまま交信に入った。がちがちの2mマンではなく、移動運用でマルチバンドでお相手いただいている方だったのが良かったのかもしれない。

その後、またVFOを回して探し回る。また変調を発見したものの、今度も呼び回りで交信していたようだ。仕方ないので、空き周波数を見つけCQを出し始めると一発でKazuさんがコールしてきた。あまり出ていないバンドなので、様子を見るためにワッチしながら呼び回っていたとのこと。信号も強力に入感しており、アンテナの具合も良いみたいだ。

その後は144MHzの運用を続ける。Homeからは毎日3交信以内しかできていなかったが移動するとどんどんログが進む。55局も交信してしまった。後半のマルチが心配な気がする。思った以上に初交信の方が多かったように思う。このバンドに関する自分のアクティビティが低かったのかもしれない。グランドウェーブの伸びも良く回析などで思わぬところに飛ぶこともある。波長の関係でアンテナも作りやすく、巨大アンテナで国内DX交信している人もいて、相手の設備に助けられて遠距離交信できることもある。もっと運用の比率を上げたいところだが・・・。業務使用の目的外通信をする(もしかしたら無免許もいる簡素しれない)局がいまだに存在することも影響しているかもしれない。もっと活性化してほしいものではある。

HFのほうは、せっかくアンテナを上げたので、ハムログの裏側にFT8を立ち上げておいて、未交信局を呼んで5局ほどDXをログインした。

11/16 記

|

« サバイバル マラソンコンテスト | トップページ | 大霧山移動 »

コメント

QSOありがとうございました。
良く届いていました。
今度アイボールの機会があればVDAを見せてください。
作ってみたいです。

投稿: tcv/kazu | 2020年11月18日 (水) 15時25分

Kazuさん こんにちは

新しいアンテナの初運用にお会いできて良かったです。
そちらのロケーションも良いと思いますが、よく飛んでいましたね。

1月にお会いできれば、そこで組み立ててみます。上下の留め具愛のアイデアが浮かばないので、2か所だけビニールテープを使ってますが、けっこう設営も簡単で、しまうときにはリュックに入ります。
製作も真ん中のプラスチックレール以外はビニール線とシュペルトップバランという感じで、手の込んだものは使ってないので、簡単にできると思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2020年11月18日 (水) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サバイバル マラソンコンテスト | トップページ | 大霧山移動 »