« 雑用 | トップページ | 東京都北区移動 »

2020年11月19日 (木)

K20 DX PADDLE

K20-1 JL1KRA中島さんのところで提供されているミニパドル。小さいわりに足元についている強力磁石がFT-817にしっかりくっついて、力強く操作しても不安が無い。けっこういいかも? 3Dプリンターで部品が作れるようになると、こんなものもできてしまうんだなぁ。

K20-2

磁石でくっつかない場合のために接着面のある金属プレートまでついていた。ミニプラグのケーブルも付属。手に入れてすぐに使える親切パッケージという印象。

K20-3

個人的なことなんだが、パドル操作が左手なので、長短点の割り付けが逆だった。リバースケーブルを作っても良いかなと思ったのだが、本体でひっくり返した方がなにかと便利かなと考えた。でも強力磁石にハンダコテが吸い寄せられうまく作業できない。思い切って底面のビニール線の真ん中を切ってリバースさせようとした。被覆を剥く段階で、1本被覆が全部取れてしまった。仕方ないのでそのケーブルだけ全部付け替える。ハンダ部分が磁石に近いほうでなくてよかった。

K20-5

作業したその日に移動してフィーリングを確かめようとした。(東京都北区移動の内容)その日2局目の交信でミスキーイングを連発。お恥ずかしい電波を聞かせてしまった。平文バリバリの方の交信だったが、自分の思い通りに符号が出ない。交信の後にグランドに接続されている支柱のゆるみを発見し、あわてて指で締める。ハンダ作業の時に緩んでしまったのか?よく確認しなかった自分が悪いのだが。

ベンチャーをメインパドルとして使っている自分としては、この3Dプリンターで作られたアームのわずかなしなりが、慣れてくると良い感じになってくるんじゃないかと思える。

お値段も安いし、ヒット作になるかもしれない気がする。

K20-4

11/20 記

|

« 雑用 | トップページ | 東京都北区移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑用 | トップページ | 東京都北区移動 »