« 緊急事態宣言 | トップページ | 6m VK/ZL交信 FT8  C4FM »

2021年1月 9日 (土)

ZL7DX on 6m FT8

ブログの書き込みが停滞してしまいました。後追い記録です。

本来なら、翌日の多々良沼ミーティングに参加するため前日に栃木の山に登っている予定であった。緊急事態宣言のため外出を自粛することにして、Stayhomeの時間を使って、来週の仕事の予習を行っていた。近くに置いていたスマホから、何か知らせる音がして、開いてみると、ZL7DX6mで聞こえるらしい。どんな感じに入感しているのか?気になって、リモート設備にアクセスして、周波数を合わせてみた。

ZL7DXを呼ぶ信号が見える。まだQRVしているのだろうか?アンテナを合わせてみているが、なかなか信号をキャッチできない。すでに遅かったか? 6mのコンディションなので、急激な変化をすることもあるし、ピンポイントで交信が可能な狭いエリアが出現することもある。そのままワッチしていると、突然強い信号で入感した。すぐに反応しコールする。一度、別の局に反応があったが、2度目で返信があり、交信に成功することができた。最初のコールと返事が返ってきたときの受信信号の差が大きく、QSBを伴いながらもなんとか交信できたような感じだったかもしれない。もちろんZL76mは初交信となった。

その後、コンディションさらに一段下がったようで、受信信号は-18dBの前後を表示していた。交信できた時の、自分の受信レベルと相手から送られたレポートを比較すると、ほんとうによいタイミングで交信できたんだなぁという感じがした。その後、呼ぶ局も増えてきたが、厳しい状態もあり、交信に成功した局はそれほど多くなかったかもしれない。もっとも、自分が受信を開始した時間より前はもう少し良かったのだろうか?いずれにしても、情報を送ってくれた某局には感謝である。

しばらくワッチしていて、6mでは厳しそうな感じだが、他はどうだろう?と28MHz24MHzあたりで強く聞こえていた局と交信したりした。

新年はハイバンドのコンディションが良くなる傾向にある様だ。

 

1/15 記

|

« 緊急事態宣言 | トップページ | 6m VK/ZL交信 FT8  C4FM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急事態宣言 | トップページ | 6m VK/ZL交信 FT8  C4FM »