« FT4 初交信 | トップページ | 早朝の運用 »

2021年1月28日 (木)

CQ誌アワード申請

CQ誌の2020年アワードの申請を行いました。

チャレンジ賞はQSO数というカテゴリーで交信リストを作成しました。昨年10000交信に達成できませんでしたので、ちょっと残念な形ではありました。交信リストを作成する際、コールサインでソートし、同一日に2交信している部分を削除。結果的に8500程度の交信数となりました。電子メールで申請書とログを送り、明日出勤のついでに応募券を同封して発送する予定です。

合わせてエキスパート賞ですが、DXCCはもとより全市全郡全区も達成できずでしたが、追加になった市郡区エキスパート賞というものができました。1000市郡区を少し超えたぐらいの成果では上位10局には全く届く気配がありませんが、せっかく目標にしたこともあり、応募だけはしておこうかなという感じでした。たぶん、11位以下には何も出ない気がします。

どちらも、新型コロナウィルスによる影響が自分の無線運用にとっても大きな影響を与えたという記憶のために取得しておこうという感じです。

 

2021年はCWの交信を増やし活性化を狙うアワードが発表されています。とりあえず、1月の交信でなんとか77交信を達成していたので、交信リストを作り、送っておきました。追加ステッカーもあるので、達成したら申し込みをしたいと思います。追加申請についてはSASEを送るよう記述がありましたが、本アワードは無料発行なのかな?返信用の切手などを送る内容など記入がなかったので、メール添付による申請だけしかしていません。まあ、必要であれば連絡をくださいと記述しておいたので、何らかの連絡があるかもしれません。

無線の楽しみは交信数だけではないと思っています。でも数を重ねることはいろんな意味でスキルアップにつながると思っています。いろいろと企画をしてくれる担当の方には感謝いたします。

 

|

« FT4 初交信 | トップページ | 早朝の運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FT4 初交信 | トップページ | 早朝の運用 »