« NYP 3日目 さいたま市西区移動 | トップページ | 埼玉県朝霞市移動 »

2021年1月 5日 (火)

オール兵庫コンテスト

西区移動の際に聞こえている局を呼び回りしましたが、本日ログを提出いたしました。

Hgtest-rate Hgtest-point

わずかな交信数でしたが頑張っていらっしゃる方を応援するつもりでのコールなので、コンテストに対しては全力投球という形ではありませんでした。タイミングが悪く交信できなかった方には失礼いたしました。

NYPと重なることとなったコンテストですが、ナンバーと同時にNYPのためにnameを付加してくる局が1局いらっしゃいました。規約に新しい項目ができたのかと思い、聞き返してしまいました。効率よく交信を行っているつもりかもしれませんが、こういうことはあまり好きではありません。CQ TESTに対してコールしているのだから不要な送信で相手を惑わすのはどうかなぁと思ってしまいます。失礼して当該コンテストのナンバーだけを送りました。CQ NYPが聞こえたらまたお呼びするかもしれません。

CQに自分のQTH番号を付加している局が2局もいました。一発でコピーできない方への配慮でしょうか? 呼び負けて待たされる側にとっては時間のかかる相手になり、さらに送られるナンバーを聞き取る楽しみを奪われるような気がして好感が持てませんでした。少ない交信数でしたがその中に2局もこんなことをしている局がいるとは・・・。最近の流行なのかな? 以前にも聞いたことがあったような気はしましたがごく少数だったようにも思います。県対全国のコンテストですから待つことは待つのですが、メジャーコンテストだったら呼ばない候補、VFOを回して素通りする候補になってしまいます。

いろいろとやりたいことを考えて出かける移動運用ですが、コンテスト好きとしては、お互いが呼ばれあう立場に立った時に交信いただける可能性を願って呼び回りっもするようにしています。でも呼ばれるとき以外は出てこない人もいますね。残念ではあります。呼び回りで効率よくログを伸ばすことも楽しいとは思うのですが・・・。まあ、いろんな考えの人がいるんだろうなぁとは思います。

当日は160mの運用も行ったことで、80mの呼び回りとかが少なくなってしまいました。コンテストに時間を使っていれば距離的に考えてももっと多くの局と交信できたかもしれない。まあ、ほとんど(今回は全て)が交信済みの局と地域でもありましたし、地域差のハンディキャップが大きすぎると感じる県外局部門での入賞にあまり価値観を持っていないところもあるので、力の入れ具合もこんなもんかもしれません。でも県外局が積極的にCQ HG TESTを出されるのには頭が下がります。県外局同士の交信が有効だったらバンドがにぎやかになるので良いですけどね。VFOを回しても交信できない局ばかりというのは熱が入らない原因になってしまいます。

 

|

« NYP 3日目 さいたま市西区移動 | トップページ | 埼玉県朝霞市移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NYP 3日目 さいたま市西区移動 | トップページ | 埼玉県朝霞市移動 »