« 緊急事態宣言延長! | トップページ | ARRL その後 »

2021年3月 6日 (土)

コンディションはいまいち?

ARRL DX Contest PHONEが始まりましたが、コンディションがいまいちかな? リモートアクセスで少し交信しました。でも、クランクダウンしているアンテナで、NA方向に回せるのは21/28MHzの2eleと14MHzのダイポール。主砲の14MHz-6eleは、下がっているときはビーム方向が違っているのでダイポールよりはるかに低い入感状況。21MHzは飛びすぎて南米の局しか聞こえず呼びたくても呼べない感じです。28MHzはほぼ聞こえない。そんなわけで14MHzダイポールで呼び回りを行う。100W出力で、なんとか12交信はできた。ネット回線の遅延もありことば尻が切れないように気を使い、PTTを解除する。PTTの信号より低周波(音声)の伝わり方が遅いようで、送信し終わったかなというタイミングまで待つところがまだなじめていない。なんとかコールサインの最後まで聞かせることができたかもしれないが、ぎくしゃくしたオペレートになってしまう。コンテストの交信としては、なかなか自分からCQを出しにくい感じがする。まあ、いろいろな形で運用し、経験値を上げるしかない感じかな。

あまりログが進まないので、FT8をやってみたり、7MHzのCWで国内局を呼んだりしていたが、やることも無くなってしまい、いったん接続を切り離す。JARLのQSL転送料を振り込みに行ったり、雑用をこなし、夕方に再度リモートに接続したが、FT8や3.5MHzのCWで運用してみたりした。7MHzも3.5MHzも北米向けになっていないので、成果は見込めない、3.5MHzで1局だけCAの信号を聞いた。でも呼ばずに終ってしまった。

明日もリモートが空いていればコンテストの続きを進めたい。短時間でも良いコンディションがつかめればよいなぁと思う。

|

« 緊急事態宣言延長! | トップページ | ARRL その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急事態宣言延長! | トップページ | ARRL その後 »