« EU方面のコンディション | トップページ | 夜中の80m »

2021年4月13日 (火)

朝のコンディションは?

なんとなく朝早く目覚めてしまった。どちらかというと午後からの運用のほうが多いのだが、たまには午前中のコンディションも把握しておきたい。

朝4時にアクセスし、アンテナを向けることができないものの、聞くだけでも・・・とローバンドをワッチしてみる。3.5MHz-CWではC92RUが聞こえる。これだけ強く聞こえるんだなぁ。もったいない感じ。一応コールしてみたものの、スプリット運用できない設備なので、マニュアルスプリット(呼ぶとき、聞くときでVFOを合わせる)で数回呼んでみて、流れとして失敗しそうなのですぐにコールするのをやめてしまった。FT8も合わせてみた。バンド未交信の局も少なくなかったのだが、東西向けのアンテナだとやはり北米方面は厳しいか?50W運用で結果的にログに残せたのはUA0の1局のみ。北米方面のハイバンドが開けるのを待ちながら受信できる局を呼び回る。北米の強い局を見つけると呼ぶのだが、交換するレポートの差から考えるに、やはりこちらの信号が弱い様だ。ASからNA方面に送信する方が、逆より弱いのかなぁ。夕方のEU狙いだと予想外に成果が出たりするのは、お互いの地域を送りあう伝搬の違いだろうか? それとも交信できる北米局は設備がかなり良いということか? CO・FG・CX・LUなど受信できていたが応答がない。唯一PJ2から応答をもらえた。Digitalと18MHzの両方でのNEWだった。

21MHzはVK・ZLや近場のASばかり。NAまで飛んでいかない。50MHzは平日でありながらJA国内と3交信できた。50MHzは出力を5Wに下げてしまったので、見えている割にログに残せたのは少なかった。3・8エリアも見えていたもののログに残せず。でも9エリアは交信することができた。レポートもよい感じだった。たまたまうまくビームが合わせられたのかもしれない。ビームが切れすぎると使い方が難しいかもしれない。記念局運用の時は50W出しますので、その時に見えていたら交信よろしくお願いします。

頻繁にリモートにアクセスするのも5月の記念局運用でリモートを活用するという目的もある。緊急事態宣言は解除になっても感染は治まる雰囲気にない。そうなると週末にかすみがうらに集まるということも可能性が低い。現状が改善されなければホスト側も受け入れを決意しない。望み薄となると、昨年同様のリモート運用によってQSOを重ねることになりそう。今年の5月は、なんだか週末の仕事が多そうで、平日のリモート運用で皆さんの「電気通信記念日」をアピールすることになりそうな気がする。

|

« EU方面のコンディション | トップページ | 夜中の80m »

コメント

PJ2おめでとうございます。
朝は北米方向、昼間はVKZL、夕方からEU方向とアンテナを回すローテーションができてしまいました。
C9は先ほどQRTのようですね。
昨日は04時に起きて80mCWを呼びましたが撃沈でした。
でも40mFT8が取れたので良かったです。
かすみがうらの集まりは今年もなさそうですかね。残念ですが、自宅から追っかけしようと思います。よろしくお願いします。

投稿: TCV/Kazu | 2021年4月14日 (水) 09時08分

Kazuさん こんにちは

40mのC9、おめでとうございます。
リモートも回せないアンテナのバンドなので、40mは注力していませんでした。でも多少使ってみて感じることは、下がっていてもF/B比やF/S比が良いアンテナなのかもしれない。想像以上によくできたアンテナなのかもしれませんね。国内交信が伸びないときにダイポールを仮設して運用を始めたらかなり呼んでもらえたことを思い出していました。

記念局の現用としては集まるのは難しいような気がします。自分としても、opの横のつながりを大切にする思いとしては残念な感じではあります。運用の合間にいろいろと話をしたりすることが重要と思うので、顔を合わせる機会が無くなるのはほんとうに残念だと思います。

投稿: 7K1CPT/Yama | 2021年4月14日 (水) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EU方面のコンディション | トップページ | 夜中の80m »